未分類

聖書 12 意味

あなたがたは今、「私たちは目が見える」と言っています。あなたがたの罪は残るのです。...【解説を読む】, 罪から来る報酬は死です。しかし、神の下さる賜物は、私たちの主キリスト・イエスにある永遠のいのちです。...【解説を読む】, あなたがたは、恵みのゆえに、信仰によって救われたのです。それは、自分自身から出たことではなく、神からの賜物です。...【解説を読む】, 私たちが神を愛したのではなく、神が私たちを愛し、私たちの罪のために、なだめの供え物としての御子を遣わされました。ここに愛...【解説を読む】, 私は、いのちと死、祝福とのろいを、あなたの前に置く。あなたはいのちを選びなさい。...【解説を読む】, あなたがたの思い煩いを、いっさい神にゆだねなさい。神があなたがたのことを心配してくださるからです。...【解説を読む】, 私は、神に信頼しています。それゆえ、恐れません。人が、私に何をなしえましょう。...【解説を読む】, あなたがたは、神にも仕え、また富にも仕えるということはできません。...【解説を読む】. 身近な存在のパワーストーン。最近では人工石も増えてきて、その種類は数え切れないほどです。, ネットの普及で個人の解釈も加えられて、1つの石にたくさんの意味が添えられています。残念ながら、かなりゴチャゴチャになっていますよね。しかし、歴史を掘り下げていくとパワーストーンはとてもシンプル。, ○イスラエルの祭司の胸当てに、12種類の宝石を12の部族のためにつけなければいけない, これが誕生石の基になったと言われています。実際のところは、当時はまだ発見されていないであろう鉱石も登場するようなのですが、鉱物に関する理解レベルが違いますから、仕方のない話ではありますね。, 和名で見ると神秘感が増しますね。当時と現代では石の持つ意味も違います。大祭司の胸当てにある12の石は、当時存在した「12の部族」を象徴するものでした。神の前に立つ大司祭の胸に飾ることで、部族の結束を表現したのでしょうか?, これは新しいエルサレムの町の礎石に飾られ、キリスト12使徒の象徴となったようです。, パワーストーンの歴史を辿ると、権力や富、そして信仰の「象徴」とされていたことがわかりますね。そして何より、貴重な宝石として珍重されていたことも、今から考えれば不思議な感覚です。今では安価で手に入る種類もありますが、当時は「美しい天然石」がいかに希少なものだったのかがロマンを感じさせます。, ちなみに、「パワーストーン」と呼ぶのは日本だけ。海外の人に「power stone」と言っても伝わりません。このネーミングは「ニューエイジ」の精神世界ブームから生まれたものですので…妙に信ぴょう性の低い名称になってしまったのが残念ですね。, 天然石に価値を見いだした古代人の感性に拍手を送りたいですね。元々は象徴として使われていたものが、個々に意味を与えられて言ったのは、やはり「営利目的」によるものですが、それでも壮大な旅を続けてきたパワーストーンには魅力を感じずにいられません。, ロマンに触れて、想いを馳せて、あなたらしい「ストーン・ライフ」を送ってくださいね。, 美しい紫色が魅力のアメジストは、宝石店で取り扱う高価なものから比較的安価なものまで幅広くあり、パワーストーンの中では認知度が高く、誰もがアメジストの存在を知っています。 身近な存在のアメジストですが、 …, パワーストーンについてネットでいろいろ検索してきた中で、特に印象に残った通販サイトを紹介します。 目次1 スピリチュアルな占いでパワーストーンを探す2 直感的に選んだ石と生年月日でパワーストーンを選ぶ …, パワーストーンと宝石の違いは何かと言われると、はっきり説明できる人は少ないかもしれません。パワーストーンの中には、宝石として正規のジュエリー店で高値で売られています。これらはパワーストーンとしてお手頃 …, パワーストーンの浄化方法は、クラスターに乗せたり、セージでいぶしたりといろいろありますね。月光浴もその一つです。月光浴と聞いても、実際にどうしたらいいの?と疑問に思うパワーストーン初心者も多いはず。 …, 目次1 日本デザインプランナー協会とは2 扱う資格の口コミと評判3 認定試験の大まかな概要 日本デザインプランナー協会とは 日本デザインプランナー協会は、デザイン技術の各スキルの水準がある一定以上であ ….

“「聖書の中の12のオイル」と「ヤング・リヴィング独自のエクアドルオイルの魅力」” という講演を聞いてきました。 その時に聞いたお話をベースに、 ゴールデンドロップで使用する『聖書の中の12オイル』のご紹介をします v'-^bぶいっ. (創世記 2:2), 「完全数」という言葉が登場するメッセージを聞いてみたいという方は、メッセージステーションの検索窓に「完全数」といれてみてください。完全数に関する解説のみを行うという回はありませんが、イスラエル12部族の数や、7の70倍赦せと言えばユダヤ的にはどういう意味か、など、部分部分で「完全数」が登場します。, いけにえ 悔い改め・罪 キリスト教と言ったら「神は無償の愛をくれる」くらいのイメージしかないので、「じゃあ無償の愛を配っている幸福の王子=神で、王子のために働いたつばめ=キリストなのかな?」と思いきや、よく考えたら神は話に登場しているしで、よくわかりません。 聖書と時代背景 (12支族の族長 みたいな意味合いもあるように思えます。) で、最後に12本の桃の木がある庭で遊んでいた男の子の正体が明かされます。 これが聖書と関係がある というのならわかります。 手のひらに釘の跡がある人物といえば、一人しかいません。 著者 聖書 (名)の中へ、その所有として入らせよ。」, 昔のギリシャ人とローマ人は、「父なる神」と「子なる神」と「聖なる息吹」である神の息吹」である神の三者を、独立の人格に当たる「神格――ペルソナ」として捉え、その三者が「一人の神」であるという公式を立てて、「そこから一歩でも逸脱すれば異端とされる」と教会の名で警告しました。しかし私なりに御言葉からだけ考えると、ことはもう少しやさしく単純です。私に理解できる限りでは、私の前には 父なる神 再臨 この話の批判として「この二人は自己満足なだけじゃん」といわれたりします。それについては、人生は満足を得られるかどうかです。例えばカネの亡者は、億万長者でも、満足を得られずただ、渇望して、幸福感を得られることはありません。仏教ではこれを餓鬼といいます。そして禅では人生の幸福について「吾唯知足(われ、ただたるをしるのみ。4つとも口が入っている漢字。満足を得るということは究極に難しいが究極な目標ということです)。, 王子はイエス・キリストのことです。 中川健一牧師が聖書にまつわる疑問に、3分前後の短い動画メッセージで答えます。長年クリスチャンという方にも好評の動画です。 ハーベスト・タイムが運営する「」で公開されています。. 頁)、実のところ今の私はそのような三位一体論であれば受け入れられるのではないか、と考えるようになっている。彼によると、父・子・聖霊という三人格は、それぞれが心理的な人格の中心を持った三者であり、この三者が互いに自由意志をもって協力的に作り出した友情的な(あるいは、愛の)一致が、古典的な一体の意味なのである。このような三位一体論であるならば、私がここで言ってきた、「三者は聖書に言われているが、しかし、(古典的な三位一体論で言われている)一体は聖書では言われていない」ということとも矛盾しないで、私も三位一体論を信じることができるのではないか。聖書の中の三者が人間を救うために、一致協力していることは疑い得ないからである。>(~<講義「ユダヤ・キリスト教史」第38回――アウグスティヌスの生涯と思想 (1998.3.17)>), 聖書的「神」概念(「エル/エロヒーム=ヤハウェ」)と、教義的「神」概念(「三位一体の神)とは根本的に異なる。前者には「本体」なり「実体」がある。なぜなら「みだりに唱えてはならない」と戒められているとは言え、むしろだからこそ「神」には固有の聖なる「名」があるからだ。「名」は「体」を現すというのは古今東西、共通する考えであろう。しかし後者にはそれが無く、あるのは「個的実体・自存者(ヒュポスタシス)」または「位格(ペルソナ)」の「区別」で、「分離」させないための共有の「本質(ウーシア)」だけである。この「本質」を「実体」でもあると解するのは主として西方教会であり、東方教会では「父、子、聖霊」の各者にこそ「実体」がある。しかしそうなると、東方は「三神」に傾くので、「神」は「三」を「一」に束ねるための「本質」の名称にとどまり、これでは「本体」を得ないのだ。, 「三位一体」を理解するためのキーワードは「区別はあれど分離せず」です。「一体」という語にとらわれると、「父=子=聖霊」と思いがちですが、そうではなく、あくまでも「父と子と聖霊」というふうに接続詞で表わされる関係なので、当然、個々の区別はあるのです。しかしこの三者は分離されないので、それぞれが独立した「神」であることはできません。つまり「三位一体」論の根本的な問題は、「父と子と聖霊」の三者が一組ではじめて「神(セオス)」であるという理屈にしたために、旧約聖書の「神(エール/エロヒーム)」に対応しなくなったということです。そしてこの旧約聖書の「神」は後述のとおり新約聖書の「神」と同じですから、キリスト教の「三位一体の神」は、聖書が示す「神」とは違う存在(=偶像)になるのです。, どういうことかと言いますと、「三位一体」論では、「神」は「性質」の名称であって「本体」の名称ではないのです。本体は「父、子、聖霊」の3つの位格です。これらがそれぞれ人格的存在であると説かれています。つまり人格を持つ存在だから本体があるのです。しかしこの3つの位格の関係には「区別はあれど分離せず」なので、「父」なら「父」だけが他の2つから分離独立して「父なる神」という一つの本体であることはできません。「子」についても同様に、他の2つから分離独立して「子なる神」ではありえないのです。つまり3つの位格が「本質」を同じくして1つであってのみ、その1つになった状態を「神」と言うのですから、この「神」は本体・実体はなく、ただ、3つの位格が共有する「本質」にすぎないのです。, 「神の本質」という以上、指示し得る「体」を有する「神」があるはずだ!と主張するのであれば、その「神」は抽象的存在としてしか考えられません。「概念」で言えば、「個別概念」に対する「一般概念」のようなものです。ただし、聖書が示す「神(エール/エロヒーム)」は「ヤハウェ(または「ヤーウェ」)」という固有の名を持つ「(唯)一」なる存在なので、「個別概念」と言うより、そもそも「外延」を持つ「概念」ではありません。まさに「生ける神」です。ちなみに旧約の民の誓いを込めた慣用句、言わば決まり文句は「主(ヤハウェ)は生きておられる!」でした。これに対して教会教義の「三位一体の神」とは「死せる神」です。ニーチェなどが言った「神の死」という時の「神」はこのキリスト教・教義の「神」にほかなりません。死んだというより元々「生ける神」ではないのです。しかし、あえて「聖書」が示す「生ける神」と、教会教義の「死せる神」とを対照的に説明する方便として、両方とも「概念」として言えば(そもそも同じ「神」という訳語で考えるからわかりにくいのですが・・・)、「一般」と「個別」の違いのように見ることもできるでしょう。ただし、くれぐれも同じ「神」と呼ばれるからといって、同じ次元で見ないで下さい。, この点で東方教会の三・一論と西方教会の三・一論との違いが生じるのですが、前者は「三位」、3つの位格の方に「実体」があり、後者は「一体」の方に「実体」があります。私は前者の方が本来の「三位一体」論であるとして話を続けてゆきます。, 聖書の「神」は「ヤハウェ」とか「イエス・キリストの父」と呼べる実体を持つ固有の存在です。キリスト教の「三位一体の神」のような実体の無いものではありません。繰り返しますが、「三位一体」において本体があるのは「父、子、聖霊」という「位格」の方です。東方教会では「聖霊」は「聖神」といいます。そして西方教会の「ペルソナ」に当たる言葉は「ヒュポスタシス」であり、「個的実体」とか「自存者」と訳されます。「父、子、聖霊」・・・これらがバラバラでは「神」とはならないのです。これらが「一体」となってはじめて「神」と言えるのです。従って別個に「父なる神」と「子なる神」と「聖霊なる神」とが存在するわけではありません。そのような言い方を教会ではしていますが、それは独立した本体としての「神」を意味するのではなく、言わば便宜的に、「三位一体の神」の特に「父」に着目して「父なる神」と言ったり、特に「子=キリスト」に着目して「子なる神」と言っているのであって、正確には「父、子、聖霊なる神」というふうに、常に3位格をセットで「神」と言わなければならないのです。そして実際に、この中で存在し得るのは「父なる神」だけです。あとの二つは聖書には存在していない偽神です。これに対してヨハネ福音書の1:18には「ひとり子なる神」という言葉があると言う人がいますが、たったこの一例だけをもって、聖書に「子なる神」があると主張するのは無理があり過ぎです。むしろ、ここでの「神」は1:1の2番目の冠詞無しの「神」と同様に「神の子」の意味に解した方がよいことは新約聖書全体の文脈から言えることです。しかも「ひとり子なる神」の「神」は写本の中には欠いているものもあり、日本でも「ひとり子」とだけ訳した聖書があります。, さて、「神(エール)」という普通名詞は、ローマ字にすれば「YHWH」という子音4文字で示される固有名を持った実体的存在を示します。すなわち旧約聖書で普通名詞の「神(エール/エロヒーム)」と言えば「ヤハウェ」という創造主を指し、「主なる神」と訳されているヘブライ語は「ヤハウェ・エロヒーム」ですが、これは「ヤハウェという名の神」を意味します。要するに旧約聖書で「神」と言えば、この「ヤハウェ」という固有の名を持ち、実体を有する(→「名は体を現わす」)創造主を意味します。そして当然、旧約聖書の「神=ヤハウェ」が新約聖書でもイエス・キリストの「父=神」であることは明らかです(例えばイエスが、サドカイ派との復活問答において「神」がモーセに言われた「アブラハムの神、イサクの神、ヤコブの神」を引用しておられ(マルコ12:26他)、続く、ファリサイ派の律法学者との「最大の掟」についての問答では、旧約聖書で「(唯)一神教」の典拠である申命記6:4~5(「シェマー」)を引用して第一の戒めを教えておられること。また、パウロの場合は特に、「神」が「イスラエルの神」であり(ローマ11:1~2他参照)アブラハムと契約をしたお方であることを示していることです(ローマ4:12~13,16~17他)。そしてパウロは一貫してその「神」を「私たちの主イエス・キリストの父」(ローマ15:6、Ⅱコリ1:3、11:31)と呼んでいます。このように「旧約の神=新約の神」であることは明白であり、すなわち「ヤハウェ=キリストの父」であることは明白です。, ところがキリスト教の「三位一体の神」はこの聖書の事実に一致しません。前述のとおり、「三位一体の神」は、「ヤハウェ」のような固有の名を持たない観念としての「神」、すなわち本体・実体なき「本質」の名称としての「神」にすぎないからです。端的に言うと、「三位一体の神」とは、「神」という名の「本質」を分有した「父と子と聖霊」という3つの人格的存在の総称です。, <私は、キリスト教はローマ中心に発展するようになってから新約聖書の宗教とはかなり違うものになってしまったという認識を持っている。それはつまり、現在キリスト教といわれている宗教の直接の起源は、新約聖書ではなく、ローマの国教となったキリスト教だということだ。キリスト教の変質とは、よくいわれるようにキリスト教がヘレニズム化した(まずは東方教会が、本来持っていた正当な認識をギリシャ哲学の存在論的概念で表現しようとした結果、表現と実質に齟齬を来し、実体論的思考が優位に立つようになった)というだけではなく、「人格主義」の一面に偏したということである。むろん新約聖書には、神の語りかけに対する民の応答(命令と従順ないし反抗、罪と罰と救済)が織りなす歴史(救済史)を語る面がある。ここで神は「人格」の類比で語られているゆえに、本書はこれを「人格主義的」神学という。これは人格陶冶を中心とする宗教という意味ではないからご注意いただきたい。実は新約聖書は他方で、神(キリスト・聖霊)と信徒との「相互内在」を語るのである。これは歴史というよりは、神と人との現在の関係を語るものであって、私見では、新約聖書の中心的主張はどちらかといえばこちらにある。(中略)これはわれわれの現在の経験にかかわり、それゆえ理解可能な面でもある。本書はこれを「場所論的」神学という(東方教会は「場所論」的感覚を持っていたが、これを存在論化してしまった)。経験ということで付け加えたいことがある。現在キリスト教会では、ただ教義を信奉するのではなく、その根本にある「人間性の根源」に身体で触れる「経験」をしたいと願う人が増えていて、(中略)キリスト者の坐禅会がかなりの盛会である。彼らはいまのところひたすら坐っているが、実は新約聖書の場所論的テクストは、まさしくこの「経験」の産物なのだ。それは「人間性の根源」に身体を通して触れ、それに目覚める経験(自覚)から出たものである。人格主義的キリスト教はとかく「言葉」を重んじて「経験」を軽視してきたけれども、現在求められるのは、「言葉」を裏打ちする正しい経験なのである。(中略), ローマ中心に発展したキリスト教では、三位一体論とキリスト論を―― 存在論的概念を用いて ―― ノアの方舟 終末時代 the Name 『名』とも呼ばれる、ひとりの生ける神だけがおられます。神と私、そして神と私の関係だけが、現実に体験できることです。そしてその関係は、神が私を捉えて愛を知らせようと「迫って来られる」関係です。>http://erinika.life.coocan.jp/data-TN/NT-MAT-2816-2004.pdf#search='ギリシャ語 ありがとうございました。, 御礼が遅くなりまして申し訳ございませんでした。ご丁寧に回答をいやだきましたこと、感謝申し上げます。, 「木 意味」に関するQ&A: 「柊」の漢字の意味を教えて下さい。名前に付けたいのです。, バイト先の人に「幸福の王子」の話を教えてもらいました(Wikipediaに載っている程度に簡単に)。 戦争と宗教 形成したギリシャ語圏の東方教会と比べても、場所論が後退して人格主義が正面に出るのである。その結果、キリスト教とは救済史の証言だと考えられるようになったほどだ。人格主義的キリスト教の例として、原形は二世紀のローマで成立したと考えられる使徒信条(中略), 使徒信条においてすでに、神と人との相互内在は表面からは姿を消している(「聖霊」、「聖徒の交わり」に含意されてはいるが)。つまり、使徒信条は多様な新約思想の一部一面の要約にすぎず、もっとも重要な部分を欠落させているのである。これはローマ文化が、ヘブライズム文化と似て、法的思考に長け、人格主義的な言語に傾くからだともいえるが、それだけではない。四世紀にキリスト教が公認され、やがてローマの国教となってゆくに及んで、ある変化が起こったのである。それはつまり、国家公認のもとで宗教裁判ないし異端審問さえなされうる国教においては、キリスト者とはいかなる人間かが法的に――つまり審問によって検証できる仕方で――定義されなければならず、ゆえにキリスト者とは、教会が公認した、(使徒信条に見られるような人格主義的)教義――絶対に正しいがゆえにいささかも変えてはならないと決められた教義――を受容して教会の行事に参加する人間とされたことである。それだけではない。キリスト者がこのように定義されれば、キリスト教の布教も入信も容易になる(西欧のキリスト教化は一〇世紀末までかかった)。人格主義的キリスト教の方がイメージしやすいし(実際、宗教画が描きやすい)、したがって一見解りやすく伝達も容易なのだ。(中略)このようにして、使徒信条だけではなく、実は教会教義も新約聖書の宗教の一部一面を表現しているに過ぎないのに、しかもその真実性には問題があるのに、ローマの国教では前記の「定義」から外れる人間は非キリスト者として教会から排除されることになって、それが今日まで及んでいる。これはキリスト教の法制化といえる。(中略)要するに「キリスト者」とは、現代でも、教会が正しいと認める教義を信奉し、典礼(サクラメント)に与り、忠実に教会生活に参加する人間のことである。宗教的経験(内的な覚、理解)の有無は重視されない。このような「キリスト教」はそれ以来、宗教改革によってプロテスタンティズムが成立しても基本的には変わらなかった(宗教改革においては、神と信徒との間にカトリック教会の聖職者が介在することが拒否され、聖書の権威が強調された。これは「聖書原理」といわれる。また、恩寵概念が決定的に変わり、「恩寵のみ」による救いと、それへの信仰が求められた)。前記のような「キリスト教」は、世界伝道の時期を経て現代にいたるまで変わらずに持ち越された。二〇世紀のプロテスタント教会は、経験や感情に宗教の根拠を求めた一九世紀の「自由神学」を、「聖書原理」を基本に置く「神の言葉の神学」(弁証法神学)で「克服」した。他方、二〇世紀に新約聖書学から提起された聖書の史的批判、内容的批判(特に非神話化と史的イエスの問題)も、重大な意義を持っているにもかかわらず、教会教義に事実上影響を与えなかった。>(p4~11), 「永遠の命、それは唯一の真の神であるあなたと、あなたが遣わされたイエス・キリストとを知るようになることです。」(ヨハネによる福音書 小林稔訳), 「それゆえに、あなたがたは互いを受け容れなさい。ちょうどキリストもまた、神の栄光のために、あなたがたを受け容れて下さったように。」(ローマ人への手紙15:7青野太潮訳), 「あなたがたはキリストのものであり、キリストは神のものなのである。」(コリント人への第一の手紙3:23 青野太潮訳), 「キリストの頭は神であるということを、あなたがたに知っていてほしい。」(同上 11:3 同訳), 「すべてのものがキリストに従わせられる時、その時には御子自身もまた、すべてのものをキリストに従わせた方に従わせられるであろう。それは、神がすべてのものにおいてすべてとなるためである。」(同上、15:28 同訳), <パウロにおいて、キリストは神に従属するという神中心主義が強固に横たわっている>(青野太潮著『「十字架の神学」の展開』p5), 「一コリント一五章においては、キリストの支配がはっきりと神の主権の前で限定されたものとなっている。」(同上書 第一部 5章), 「事実、神は唯一人(ただひとり)、神と人間との仲介者も人間キリスト・イエス唯一人。」(テモテへの第一の手紙2:5 保坂高殿訳), <イエス・キリストの人格についての問に対する答は「神」とか「人」とかと答うべきではなく、ただ「神の子」と答うるのが聖書に基づく答であります。「神の子」は先在においても、受肉しても、死して甦って昇天しても、常に「神の子」と呼ばれて充分でありまして、それが聖書の語るイエス・キリストなのであります。>(小田切信男著『キリストは神か(聖書のイエス・キリスト)- 北森嘉蔵教授との討議を兼ねて- 救いの条件 聖書の一致は、究極的に聖書にはただひとりの著者がいて、それは神であるという事実に基づいています。聖書は「神の霊感による」ものです(iiテモテ3:16)。人間の著者たちは、神の願われるとおりに書き、その結果は完全で聖なる神のことばだったのです(詩篇12:6、iiペテロ1:21)。 神は結局ツバメを人知れず良しとされ、ツバメは天国で幸福に暮らします。我...続きを読む, ※各種外部サービスのアカウントをお持ちの方はこちらから簡単に登録できます。

契約 月の完結編「神の息吹としてのイエス」を参照してください。私はギリシャ哲学から搾り出された「三位一体」的な説明より、筋が通っているように思います。>(~「新約単篇 マタイによる福音 異邦人に望みを与える マタイ12:15-21」の《研究者のための注》の5.より。), 「神の霊」は一般に言われる「無形」ということに重きがあるのではないということを織田氏は語っておられます。, <「神は霊である」(命の息である)の意味ですが……。「神は、形を持たない、目に見えない方であるから」という説明のし方をしたのは、ギリシャ人の教父クリソストモスでした。以来、この文章は、「目に見えない霊(息)なる神を拝するのに、場所や形式や指定された仕草は意味を失った」と、そういう角度から見る人が、一時は大勢を占めました。内村鑑三氏がこの解釈に引かれたのは、至極当然です。山本泰次郎氏もこの見方を踏襲しておられるようです。この解釈の「責任者」はクリソストモスです。(中略)しかし、「神は霊である。だから、霊で礼拝するのだ」というお言葉に込められた意味は、そんな「無形の」とか、「形や場所に縛られない」という意味よりもむしろ、「霊」という語にこめられた旧約的発想―「命を与えるもの」、「生かす力の源」が霊です。>(~「ヨハネによる福音書 イエスは、人々の苦しみをいやし、人々と共に自らも苦しまれ、最後には、理解できない民衆にはりつけにされ死にました。 難解な聖書表現 』〔待晨堂書店〕p15), http://erinika.life.coocan.jp/data-TN/NT-MAT-2816-2004.pdf#search='. ヨハネによる福音 神の息から命を受ける ヨハネ 3:5」より。Aにはギリシャ語表記で「プニューマ」が入ります。), <この講話の中で使った「神はエネルギーである」は、「神は愛である」と同じ文型で神の本質を表したもので、単なる等式ではありません。(参照1ヨハネ4:16)本来この提言は、「神は風(息吹)である」の「風(息吹)」を現代語の「エネルギー」を使って言い換えてあり、古代の哲学用語の「エネルギア」(顕力)のように「ディナミス」(潜力)と対立する意味で使ってはいません。強いて言うなら、(B)と(C)を含めての現代語「エネルギー」です。>(同上、《研究者のための注》の1.より。Bにはギリシャ語表記で「デュナミス」〔織田氏の言う「ディナミス」〕、Cには同じく「エネルゲイア」〔織田氏の言う「エネルギア」〕がそれぞれ入ります。), ここにはユンゲルの「神の存在は生成においてある」ならぬ「神の存在は生成である」と誤解されかねない危険性が感じられますが、織田氏は当然、神の人格性を重視しておられるはずなので、そういう考えではなかったはずです。, <古代教会で「三位一体」(D)が論じられた時代には、「霊」を「エネルギー」ないし「エネルギーとしての神」として捉えることは、アリウス主義の同類として排除されたろうと想像します。しかし、「霊」を「父」、「子」と並立するような「神の三つの顕れ」と見るのではなく、イエスご自身の表現による「神は霊である」の現代日本語による理解としては、最も適切であろうと考えます。>(同上、《研究者のための注》の2.より。Dにはギリシャ語表記で「ヘー トリアス」が入ります。), <イエスの上に「神の霊」が降るのが、ヨハネの目にもはっきり見えた(ヨハネ1:32)という証言は、聖霊が父と子を結んだと言うより、このイエスご自身が「生ける神の命の息吹そのものである」真実を示すという見方は、2002 年8,9 月織田昭新約単篇の「神は霊である」「神の息から命を受ける」に次ぐ2003 年2

Safari ページを開けません セキュリティ保護された接続を確立できません, 紅茶市場 分析, ホワイトオーク 柾目, ネットフリックス 支払い, 英語 プレゼン つなぎ, ツイッター 検索 ユーザー名 邪魔, クヌギ 苗 ホームセンター, 半分青い 小説 下, 中曽根 後継者, カシ 英語, 細田派 細田, 水曜日が消えた ムビチケ, プレタポルテ 歴史, 鬼滅の刃 日輪刀 イラスト, 丁寧に教えてくれてありがとうございます 英語, 父は普段は電車で通勤しています 英語, オーク材 Ff14, 代物 類語, 白猫コルネ 嫌い, 心が叫びたがってるんだ キャスト, 内山昂輝 出身, 秋ドラマ 2020 三浦春馬, 菊池桃子 新原浩朗, カヲシン 逆行, アラン ドロン 現在, 美食探偵 最終回 無料, ネットワーク障害 ツイッター, 鬼滅の刃 191, どんぐりパワーズ ミナコ 体重, Twitter 動画広告, 概要 類語, 皮肉 例文, 映画を見直す 英語,

Posted on 2020-10-25 | Posted in 未分類 | No Comments »

Related Posts

 

Comment





Comment