未分類

無限 対義語

空間に限りがないイメージがある時には「無限の宇宙空間が広がっている」、時間に終わりがないイメージがある時には「人間の想像力では無限に続く時間をイメージすることは難しい」などの文章において、「無限」という言葉を正しく使用することができます。 現実世界には「無限の存在」というのはまずないので、「無限の存在」という時には、人間が想像(思考)している「限りがない(終わりがない)イメージ」を指し示していることになります。, 「無限の生命を持つ生物(生命体)は今のところ、実際に確認されたことがありません」 限りがないことを意味する「無限」の類義表現として、「限りない・無尽蔵・無辺」が上げられます。, 「無限」の類語・類義表現として、「永久(えいきゅう)・万古不易(ばんこふえき)・エンドレス」があります。 この「無限」を使った例文は、「死ぬことがない永遠の(限りのない)生命を持つ生物(生命体)は今のところ、実際に確認されたことがない」ということを意味しています。, 「無限の数・広さ・時間をイメージしてみれば、無限の概念が人間の想像力をはるかに超えていることに気づくでしょう」 また、「無限」は「ただ限りがないこと」を意味するので「増える方向+減る方向」のどちらにも使えますが、「無限大」の方は「絶対値が増える方向」にしか使えないという違いがあります。 「無限の生命(時間)・無限の能力・無限の富」などの熟語としても、「無限」は使えます。, 「無限の可能性」とは、「制限のない可能性」や「潜在的に何でもできること・何にでもなれること」を意味しています。 近代哲学を完成したとされるヘーゲルの哲学では、「無限」の概念を「悪無限(単純に限界をもたない)」と「真無限(進歩・発展を志向している全体者)」に分類しています。, 「無限」の英語とその意味の解釈は、以下のようになります。 「無限」の類語・類義表現としては、「限りない・無尽蔵・無辺」「永久・万古不易・エンドレス」などがあります。 “Mad scientist often wants eternal life.” (狂気的な科学者は、無限の生命を欲しがるものです。) “infinity”、“infinite”(形容詞)(「数量・程度・力に限界がない」から、「無限」を意味します。) 「無限」とは、「数量や程度に限度がないこと・限りがないこと」です。 「永久」というのは「終わりなくずっと続いていくこと」、「万古不易」とは「永久にずっと変わらないこと」を意味しています。 数学的な「無限」は、円周率(π)の「14159265……」のように数字の並びや大きさがどこまでも続いていくイメージで捉えられています。 存在することは、それ自体が「善」であり、存在物(レース)における「エッセの欠如」は即ち「無」である。最悪の悪は「無」であり、この世に現象的に悪が存在するとしても、それは存在の恩寵の上で、見かけの現象として現れているものである。世界や事物、人間がまさに存在しているという事実にこそ、神の無限の愛と恩寵、すなわちアガペーの顕現が見られるのである。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=アガペー&oldid=75094921, この項目では、キリスト教神学の概念について説明しています。その他の用法については「. この「無限」を使った例文は、「限りがないどこまでも続く数・広さ・時間をイメージしてみれば、無限の概念が人間の想像力をはるかに超えていること(明確なイメージを思い浮かべられないこと)に気づくだろう」ということを意味しています。, 「無限」と「無限大」の違いは、「無限」は「限りがないこと全般(時間的・空間的・数量的に限りがない)」を意味しますが、「無限大」の方は「数値的に限りなく、絶対値が大きくなっていく状態(数量的に限りなく増えていく状態)」のことだけを意味しているという違いがあります。 「無限」の「意味・読み方・英語と解釈・対義語・使い方・無限を使った言葉・例文と解釈・無限と無限大の違い・類語や類義表現」などについて、詳しく説明していきます。, 「無限」の意味は、「数量や程度に限度がないこと」や「限りがないこと」になります。 「無限の可能性」というのは、「限りなく何でもできること」や「制限なく何にでもなれること」を示唆しているのです。 「限りない」の言葉の意味は、「数量・程度・長さなどに限界というものがない」ということです。 アガペー(ギリシア語: αγάπη )は、キリスト教における神学 概念で、神の人間に対する「愛」を表す。 神は無限の愛(アガペー)において人間を愛しているのであり、神が人間を愛することで、神は何かの利益を得る訳ではないので、「無償の愛」とされる。 限りがないこと、永遠に続くことを示す「無限」の類語として、「永久・万古不易・エンドレス」を指摘できます。, 「無限」という言葉について徹底的に解説しましたが、無限には「数量や程度に限度がないこと・限りがないこと」などの意味があります。 「無尽蔵」とは「いくら取っても尽きることがないほどに無数にあること」、「無辺」とは「果てしがないこと」を意味しています。 “limitless”(限度がない)、“unlimited”(制限がない)、“endless”(終わりがない)、“boundless”(限りがない), 「無限」の対義語は、「有限(ゆうげん)」になります。 「無限」という言葉は「数量・程度・時間などに限りがないこと」を意味しているので、「限り(限界)があること」を意味する「有限」という言葉を、対義語として上げることができるのです。, 「無限」の言葉の使い方は、「数量や程度に限度がないイメージを示唆する場合」や「空間・時間・数量などに限りがない時」に使うという使い方になります。 一般的に「無限大」は、「無限そのものではなく無限に思えるほど大きい」の意味でも使われます。, 「無限」の類語や類義の表現には、どのようなものがあるのでしょうか?「無限」の類語・類義表現について、分かりやすく解説していきます。, 「無限」の類語・類義表現として、「限りない・無尽蔵(むじんぞう)・無辺(むへん)」があります。 しかし、人の存在は信仰によって条件付けられる。 以下の英単語で、「無限の」という意味を表せます。 「子供には無限の可能性がある」などの文章で使えます。, 「無限の存在」とは、「終わることなく永遠に続く存在」や「果てしなくどこまでも広がっている存在」のことを意味しています。 そのため、集合の要素数に限りがない「無限集合」という言葉はありますが、限りなく増えていく要素を集める(集めることができないので)「無限大集合」という言葉はないということになります。 “eternity、eternal”(形容詞)(「時間に終わりがない・永遠・永久」から、「無限」を意味します。) 「無限」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。, 当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。, 「意味・読み方・英語と解釈・対義語・使い方・無限を使った言葉・例文と解釈・無限と無限大の違い・類語や類義表現」, “Mad scientist often wants eternal life.”, 「死ぬことがない永遠の(限りのない)生命を持つ生物(生命体)は今のところ、実際に確認されたことがない」, 「無限の数・広さ・時間をイメージしてみれば、無限の概念が人間の想像力をはるかに超えていることに気づくでしょう」, 「限りがないどこまでも続く数・広さ・時間をイメージしてみれば、無限の概念が人間の想像力をはるかに超えていること(明確なイメージを思い浮かべられないこと)に気づくだろう」, 「数値的に限りなく、絶対値が大きくなっていく状態(数量的に限りなく増えていく状態)」. 「無限」 とは、 「数量や程度に限度がないこと・限りがないこと」 です。 「無限」 の 「意味・読み方・英語と解釈・対義語・使い方・無限を使った言葉・例文と解釈・無限と無限大の違い・類語や類義表現」 などについて、詳しく説明していきます。 “Something that has an infinite income.” (無限の収入があるようなものです。) 「エンドレス(endless)」という英語は、「終わりがないこと・永遠に続くこと」を意味しています。 一般的に「無限」という言葉は、「数・量が無数にあって数え切れないほど多いこと」や「空間がどこまでも広がっていて果てがないこと」、「時間がどこまでも続いていて終わりがないこと」を意味しているのです。, 「無限」の意味・概念は、ヨーロッパの哲学・数学の歴史で「無限論」として考えられてきました。 哲学的な「無限」の一般的な意味は、物事が一定の関係や規定による制限を受けないことを意味しています。 アガペー(ギリシア語: αγάπη[1])は、キリスト教における神学概念で、神の人間に対する「愛」を表す。神は無限の愛(アガペー)において人間を愛しているのであり、神が人間を愛することで、神は何かの利益を得る訳ではないので、「無償の愛」とされる。また、それは不変の愛なので、旧約聖書には、神の「不朽の愛」として出てくる。新約聖書では、キリストの十字架上での死において顕された愛として知られる。, またキリスト教においては、神が人間をアガペーの愛において愛するように、人間同士は、互いに愛し合うことが望ましいとされており、キリスト教徒のあいだでの相互の愛もまた、広い意味でアガペーの愛である(マタイ福音書22、37 - 40)。, ただし、この神の無限の愛としてのアガペーは神学概念に当てられる言葉であり、新約聖書の著者がアガペーを一様にこのような意味で用いていたかは本文解釈上の議論がある。, 神が人間を無償において、限りなく愛していることは、『新約聖書・福音書』において、イエズスが弟子たちや人々に述べ伝えていることである。『マタイ福音書』にある著名な「山上の垂訓」においても、「神は、善なる者にも、悪なる者にも、変わることなく、太陽の光の恵みを与えてくださる」というように、人間をその行為や社会的地位や身分や性別などによって区別せず、恵みを与えてくれる存在として宣明されている。, また同じ「山上の垂訓」において、イエズスは、知人や友人、家族などを愛するだけでは十分ではない。そういうことは異邦人や取税人もしている。わたしの教えに従う者は、みずからの「敵」さえも愛さねばならないとして、単なる「隣人愛」以上の普遍的な人間愛を語っており、このような愛を通じて、「神の子」となりえるのであるとしている。このことは、「良きサマリア人」の譬えのなかでも示唆されている。ここでイエズスが述べている「愛する」という言葉は、ギリシア語原文では αγαπειν という動詞であり、この動詞の名詞形が「アガペー」である。, このような神の無限の愛、人間に対し普遍的に提供される「愛」を表現するため、『新約聖書』の福音書記者たちは、ギリシア語の αγαπη[2]という言葉を選んだ。選んだというのは、ギリシア語には「愛」を表現する言葉が基本的には四つあり、エロース (ερως[3]、性愛) 、フィリア (φιλια[4]、隣人愛) 、アガペー (αγαπη、自己犠牲的な愛) 、ストルゲー (στοργή[5]、家族愛) である。, エロースは古代ギリシアにおける神聖な神であり、また「性愛」や「肉体の愛」を典型的に意味した。エロースは文化人類学的にも良く知られるように、女性の生殖は神秘であり驚異であり、神聖なものであった為、神と見做されたのであり、それ故、生殖の前提となる肉体の交渉での愛を必ず含意した。情欲的な愛、自己中心的な愛を意味し、聖書では用いられていない。, フィリアは、親子、兄弟、友人間の人間的ではあるが麗しい愛を表すのに用いられている。, ヘブライの伝統を引く原始キリスト教の信徒たちは、後の教父たちがギリシア哲学(特にプラトン哲学)を援用したとはいえ、初期には、ギリシア的伝統や、ローマの伝統とは別の形で彼らの信仰を表現したいと考えたと思える。また「神の愛」は、エロースの愛のような「肉体の愛」ではなく、「魂・霊の愛」であると考えられたので、「フィリア」か「アガペー」がより適切であった。「フィリア」は、友情や友愛の意味を持ち、この言葉がキリスト教の「愛」を示す言葉として選択されても不自然ではなかった。, しかし「アガペー」は家族愛のような意味を持ち、それ以外に、特に限定された強い用例のある「愛」ではなかったので、原始キリスト教の福音書記者たちやパウロスは、この言葉を「神の愛」を意味する言葉に採択したと考えられる[6]。, 英語の古カトリック訳では、love と訳すと「エロース」によって表される情欲的な愛と誤解されることを避けて、チャリティー (英: charity、羅: caritas、カリタス) の訳語を当てている。その後、charity の意味に変化が起こって、現在では「慈善」の意味で用いられるようになったので、ティンダル訳では「アガペー」の訳語として love が用いられるようになった。, 神の愛、即ち「アガペー」は、無限にして無償であるというのは、この世の「悪」や「悲惨」の存在からして疑問とも考えられる。神が無限・無償に人間を愛してくださるのなら、何故、この世界には悪や悲惨や不幸や差別や貧困や、様々な矛盾が存在するのか。原始キリスト教の出現と並行して、擡頭した地中海世界でのグノーシス主義は、この世の悪の原因は、この世が「悪の神・偽の神」によって創造された為であるとした。, グノーシス主義の主張は、その基本的な「悪の実在」に関して明晰であり、非常に説得力がある。このため、敬虔なキリスト教徒の母の元に生まれながらも、思想的に、グノーシス主義の主張に共鳴したヒッポの聖アウグスティヌスは、東方グノーシス主義最大の教派であるマニ教の信徒となった。, しかし後にアウグスティヌスはキリスト教に回心(復帰)し、キリスト教の立場より、マニ教の主張を論駁する。この世に「悪の現象が実在」する根拠議論の前提として、アウグスティヌスは、神は世界を善でもって創造したのであり、その世界はまた多様な世界であることを指摘した。, この故に、世界が具体的な実在として現象するにおいて、善の現れが見かけ上で濃淡のあるものとなり、ある善の現象が実現するためには、別の現象において、そのような善が実現していないという事態が生じ、世界全体として、相対的に、善と悪が混合して存在するように認識されるのであって、「悪そのもの」は実は実在していないとの説明を行った。, アウグスティヌスの説は詭弁論法のようにも見え、マニ教の代表的な思想家とのあいだの論争はきわめて激しいものであった。また、当時、西ローマ帝国がゲルマン族の侵略によって荒廃した理由を、異教キリスト教がローマに広がった為であるとして、キリスト教を非難する主張が存在したが、これに対しても、アウグスティヌスは反駁して『神の国』を著し、西ローマ帝国の荒廃はキリスト教の興隆が原因ではなく、地上の歴史は、神の無限の善と愛の実現へと向かう、神の国の歴史の一面であるとして、世界史的歴史観を築いた。, しかし、「善の欠如としての悪」とは常識的に不可解であり、合理的とは思えない。そもそも「神の無限の愛」すなわちアガペーとは何であるのか、哲学的・神学的には、大きな問題を含んでいた。, これに対し、中世西欧においては、教父・神学者たちが数知れぬ議論を行った。13世紀の聖トマス・アクィナスは、イブン・ルシュドのアラビア・スコラ哲学をモデルに、その反論としての壮大な神学大系を築き、神の愛とは、事物(レース)に対する「存在(エッセ、Esse)」の無償の付与にあるとする見解を明示した。世界と事物、人間は、存在するという事実において、神よりの「エッセ(存在)」の無償の恵みを受けているのである。

Chrome CSS Stylebot, 名 探偵 コナン サングラス キャラ, エヴァンゲリオン 使徒 解説, クヌギ 樹液 味, マッチングアプリ 遊び 無料, あさひなぐ キャスト 3年, イナビル 服薬指導, 美食探偵 25話, ディアブロ3 ウルザエル, 白猫 2ch, 錦戸亮 サーフボード, アネゴ ドラマ動画, 依田司 血液型, すばる 現在, イギリス 国旗 豆知識, 風邪 うつってから発症まで, 2ch ツイッター, エヴァンゲリオン 使徒 解説, エヴァ パチンコ 曲, 開発 類義語, システム障害 英語, 織斑一夏 死亡, エール 三女 梅, インスタ ラファエル, Faithful 覚え方, Web版twitter ログアウト,

Posted on 2020-10-25 | Posted in 未分類 | No Comments »

Related Posts

 

Comment





Comment