未分類

ヴェネツィア 英語

ヴェネツィアとその潟(ヴェネツィアとそのかた)は、イタリアのヴェネツィアの世界遺産登録物件名。, ヴェネツィアは、5世紀頃、ゲルマン族の進入から逃れるために、当時湿地帯であった場所に街を作ったのが始まりといわれている。その後、海洋貿易での立国を目指した。十字軍の遠征による権益の拡大、ジェノヴァ共和国との戦争で繁栄は最高潮を迎えた。また、ルネッサンス時代には、ヴェネツィア派と呼ばれる画家を輩出した。アドリア海の女王とうたわれたヴェネツィアも他のヨーロッパ諸国が地中海貿易に進出するに至った上に、大航海時代が始まり、アメリカ大陸や日本の発見などによって貿易の中心が大西洋や太平洋といった外海に移った事によって衰退に向かう。18世紀には一年の半分をカーニバルで過ごす歓楽の都と化してしまった。, ヴェネツィアの街は100以上の島々が、およそ400の橋と150をこえる大小の運河で結ばれている。潟の上になるヴェネツィアは、常に治水対策が重要課題であった。近年は、丸太の杭を潟に打ち付けてそれを建物の土台にする工法の最大の欠点(時間が経つにつれ沈下する事を免れない)と、地下水の汲み上げによる地盤沈下が大問題となっている。更にそれに追い討ちを掛けるように地球温暖化による海面上昇により、水没の危機にさらされている。, ヴェネツィアの中心街にある建築物以外にも、ヴェネツィアン・グラスで有名なムラーノ島、レース編みで有名なブラーノ島、島全体が墓所となっているサン・ミケーレ島も世界遺産物件として登録されている。, 文化遺産の登録基準をすべて満たしている(他には、敦煌にある莫高窟。また単純な文化遺産としてみた場合、自然遺産との複合では泰山が文化遺産の基準のすべてに加えて自然遺産の条件をひとつ満たしている)。, サンタ・ルチア駅前からボートでカナル・グランデを下り、アドリア海に出る所にある広場。ヴェネツィアの表玄関で街の中心。ナポレオン・ボナパルトが「世界で最も美しい広場」と評したといわれている。, ヴェネツィアの代表的な建物。ビザンティン建築の代表的な建物でもある。もともとは、聖人マルコの遺骸を収めるため9世紀頃に建造。11世紀に改築が始まり約400年かけて現在の形になった。, ヴェネツィア共和国時代に総督公邸として使われていた。もともとは要塞であった。しかし火災での炎上などにより何度も改装されて15世紀頃に現在の白の柱とピンクのタイルが印象的なゴシック建築物となった。, 内部には歴代のヴェネツィア総督の肖像画など沢山の絵画が飾られている。特に2階の大評議室にあるティントレットの油絵『天国』、ベロネーゼの『ヴェネツィア礼賛』は有名である。, カナル・グランデ(大運河)は世界でもっとも美しい通りとも呼ばれ、運河の両岸にはロマネスク、ゴシック、ルネッサンス、バロックと様々な様式の建築が建ち並ぶ。, ヘの字のような形が特徴。長さ48m、幅22mで通路は階段となっている。アントニオ・ダ・ポンテの設計で1591年に完成した。ミケランジェロが設計したという説もある。石造で白い巨象ともいわれた。, フランケッティ美術館はまたの名をカ・ドーロ(黄金の館)と呼ぶ。マンテーニャの『聖セバスティアヌス』が所蔵されている。, ヴェネツィアの北東約2kmにあるムラーノ島はヴェネツィアングラスの産地として有名である。ヴェネツィアの主要な輸出品であったガラス工芸品の作成技術を他の国に流出することを恐れたヴェネツィア政府がムラーノ島に職人達を集めたのが始まりといわれる。現在でも100を越える工房があり、見学も可能。, ヴェネツィアの北東約9kmにあるブラーノ島はレース織の工房があることで有名である。また島は漁師の島としても有名で、海から自分達の家が判別しやすいようにカラフルなペイントが施されている。, この世界遺産は世界遺産登録基準のうち、以下の条件を満たし、登録された(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。, ユーロスター・イタリアで、ローマからサンタ・ルチア駅まで約4時間半。ミラノからサンタ・ルチア駅までは約2時間40分。, レオナルド・ダ・ヴィンチの『最後の晩餐』があるサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会とドメニコ会修道院, 16世紀から17世紀のヴェネツィアの防衛施設群:スタート・ダ・テッラと西スタート・ダ・マール, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ヴェネツィアとその潟&oldid=70836054, (2) ある期間を通じてまたはある文化圏において、建築、技術、記念碑的芸術、都市計画、景観デザインの発展に関し、人類の価値の重要な交流を示すもの。, (3) 現存するまたは消滅した文化的伝統または文明の、唯一のまたは少なくとも稀な証拠。, (4) 人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術の集積または景観の優れた例。, (5) ある文化(または複数の文化)を代表する伝統的集落、あるいは陸上ないし海上利用の際立った例。もしくは特に不可逆的な変化の中で存続が危ぶまれている人と環境の関わりあいの際立った例。, (6) 顕著で普遍的な意義を有する出来事、現存する伝統、思想、信仰または芸術的、文学的作品と直接にまたは明白に関連するもの(この基準は他の基準と組み合わせて用いるのが望ましいと世界遺産委員会は考えている)。. Tavola: Popolazione residente - Venezia (dettaglio loc. Tavola: Popolazione residente - Venezia (dettaglio loc. The most important study of the life of Renaissance nuns, with much on aristocratic family networks and the life of women more generally. 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/27 08:14 UTC 版), 中世にはヴェネツィア共和国の首都として栄えた都市で、「アドリア海の女王」「水の都」などの別名を持つ。英語では「Venice」と呼ばれ、これに由来して日本語でもヴェニス、ベニスと呼ばれることもある。, アンノーネ・ヴェーネト , イェーゾロ , ヴィゴノーヴォ , ヴェネツィア , エラクレーア , カヴァッリーノ=トレポルティ , カヴァルツェレ , カオルレ , カンパーニャ・ルーピア , カンポノガーラ , カンポロンゴ・マッジョーレ , キオッジャ , クアルト・ダルティーノ , グルアーロ , コーナ , コンコルディア・サジッターリア , サルツァーノ , サン・ドナ・ディ・ピアーヴェ , サン・ミケーレ・アル・タリアメント , サンタ・マリーア・ディ・サーラ , サント・スティーノ・ディ・リヴェンツァ , スコルツェ , ストラ , スピネーア , チェッジャ , チント・カオマッジョーレ , テーリオ・ヴェーネト , ドーロ , トッレ・ディ・モスト , ノアーレ , ノヴェンタ・ディ・ピアーヴェ , ピャニーガ , フィエッソ・ダルティコ , フォッサルタ・ディ・ピアーヴェ , フォッサルタ・ディ・ポルトグルアーロ , フォッソ , プラマッジョーレ , ポルトグルアーロ , マルコーン , マルテッラーゴ , ミーラ , ミラーノ , ムジーレ・ディ・ピアーヴェ , メーオロ, ヴェネツィアのページの著作権Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。, ビジネス|業界用語|コンピュータ|電車|自動車・バイク|船|工学|建築・不動産|学問文化|生活|ヘルスケア|趣味|スポーツ|生物|食品|人名|方言|辞書・百科事典, 英語での形容詞形"Venetian"はヴィニーシャンとヴェニーシャンの中間に近い発音だが、これの日本語表記は「ヴェネチアン」または「ベネチアン」となることが多く、また、綴りは異なるがイタリア語の影響から「ヴェネ, Total Resident Population on 1st January 2019 by sex and marital status. ヴェネツィアを英語で訳すと Venezia - 約1161万語ある英和辞典・和英辞典。発音・イディオムも分かる英語辞書。 18世紀のヴェネツィアは造形文化、音楽、演劇の再生などの普及とグランド・ツアーの特権化されるなどの魅力を持つ一方で政治状況はより悪化していた。スペインとハプスブルク王朝の脅威に晒されたことが要因に挙げられる。1718年にパッサロヴィッツの講和によってパドヴァ、ヴィチェンツァ、ヴェローナ、プレーシャ、ベルガモ、クレーマ、ポレージネ地方、トレヴィーゾの辺境地帯であるベッルーノとカドーレ、ダルマチアとその周辺諸島を領有した。モレアは失ったが大部分の領土は残り、1722年の全体人口は450万人に達していた。しかし経済状況はさらに悪化しており、アメリカ大陸の発見によって内陸部の農業から得られるものだけが収入となっていた。一方で公債も1740年には8000万ドゥカーティに達していたものの、その浪費は止まなかった。それらの現実への対処法を持たなかったヴェネツィア共和国は、芸術を振興し娯楽を提供することで、それらの問題から目を逸らし続けた。演劇や教会音楽の発達もこの頃起きたが、一方で貴族の負債も増額していった。それに対して異議を唱えようとした者たちは沈黙と断罪を余儀なくされた。この頃は建築は都市計画のデザインが完成されていたため、そこまで大規模なものは行われなかった。彫刻は力が入れられたものの、この時代に一番勢力的だったのは絵画である。特にこの時代は絵画の分野における専門化が進んだ。例として都市の神話、年代記や史実描写、風景画、奇想画、都市景観画、風俗画などが挙げられる[5]。, ヴェネツィアは初めから移民の街であった。イタリア全土もしくはアドリア海域からきた人々が有力な一族を築き、美術のパトロンとして影響を及ぼした[6]。従ってヴェネツィア派の画家たちはヴェネツィア出身の人間とは限らず、当時発展していた芸術があったヴェネツィアに周辺諸国から集まったものと考えられている。しかし、ヴェネツィアは伝統的に、突出した個性を嫌う傾向があり、ヴェネツィアに同化しきれない個性を持つ画家はヴェネツィアを出ていくこととなった。例としてカルロ・クリヴェッリや、ロレンツォ・ロットが挙げられる[7]。, ヴェネツィア派の中核となったのはベリーニ親子の工房である。 ヤーコポ・ベリーニ は 国際ゴシック様式 に属する画家であったが、 透視図法 の実験にも関心を寄せた。それは息子たちに技術を教えただけではなく、娘婿 マンテーニャから写実主義を取り入れて発展の基礎を築いた。息子 ジェンティーレ・ベリーニは後に ティントレット、 ヴェロネーゼらに引き継がれる カンヴァスを繋ぎ合わせて油彩大画面に仕立て上げる壁画的な題画面形式の確立に貢献した。これは フランドル絵画で今まで板に描かれていた油彩画の在り方を変えた。また彼は肖像画家、壮大な風俗的群像表現に優れた。 ヴィットーレ・カルパッチョはこのジェンティーレの弟子筋に当たる[注釈 1]。彼において絵画の主題はさらに世俗化した。15世紀になると ジョヴァンニ・ベリーニによってヴェネツィア派の絵画は新たな展開を見せた。清冽な抒情性と人生の穏やかな観照は自然と人間との親密な関わり合いや自然の光の表現によって達成された。これらには ピエロ・デラ・フランチェスカや アントネロ・ダ・メッシーナらが大きく貢献している。またこれらの主題は風景画家としても優れていたジョヴァンニの手によって、伝統的なモチーフはそのままになごやかなピクニック的情景に変えた「田楽の奏楽」のような野外遊楽図の原型となった。16世紀ヴェネツィア派を担う ジョルジョーネ、 ティツィアーノらは彼の影響を受けている[8]。, ティツィアーノによって下塗りされたキャンバスの上に最初から絵具で描くやり方も使われるようになった。これは構図の大幅な変化や動きを生み出す効果を与えた。そのようなことから、ティツィアーノが油彩画の可能性を一代で極めてしまったとも言われる[9]。, フィレンツェ派が遠近法や線の曖昧さの排除によって正確な形を捕え、平面の上で立体を表現し、そこから人間中心主義を絵画の中で発揮しようとしたことに対し、ヴェネツィア派の絵画は流動的な形や線の曖昧さで人物を他の物と等しく、空間の構成要素として全体の脈絡を保たせた[10]。, 光の投射による明暗諧調を色彩で表現し、色彩は絵画の伝統の誕生のきっかけとなった。これはラヴェンナのモザイク技術やビザンティンのイコンなどの色彩の影響もみられる[11]。, ヴェネツィアでは他のイタリア諸国と比べて、素描が重視される割合が少なかった[18][19]。そのため大部分のヴェネツィア派によるデッサンは、今日の巨大な美術館でも残っていないことが多い[18]。特定の絵画の準備制作に捕らわれないヴェネツィア派は、最初からキャンヴァスに油彩具で描くこともあるが、素描するケースも存在する。その際は絵画的効果を追求することに特化しており[20]、砕けた形状や陰影と明暗、詳細より場の空気を描くことに重点を置いている[21]。 クヤヴィ=ポモージェ県(クヤヴィ=ポモージェけん、波: Województwo kujawsko-pomorskie )はポーランド中部の県である。 県都はブィドゴシュチュ、県議会所在地はトルン。 ポモージェ県、ヴィエルコポルスカ県、ウッチ県、マゾフシェ県、ヴァルミア=マズールィ県と接している。 Revised edition of "Venice: a Cultural and Literary Companion" (2001). Grubb, James S. (1986). ヴェネツィア派はルネサンス時代、特に15世紀後半から16世紀にかけてヴェネツィア共和国とその周辺で活躍した美術の流派。絵画、彫刻、建築など様々な分野でその特徴は見受けられるが、一般的には絵画の流派を指す。絵画においてはデッサンを重視したフィレンツェ派とは異なり、画面の色を使って構築し、流動的で詩的な雰囲気で人間の感覚に直接訴えかける効果を追求した[1][2]。, 中世期においてイタリアでは当時都市国家が多く形成され、お互いに競い合っていた。そのため、地方によって大きく異なる芸術の流派が形成された。フィレンツェを中心とした中部・北イタリアではイタリア・ルネサンス美術は主に展開し、ローマと同様盛期ルネサンスの舞台として繁栄を極めていた。一方、当時ヴェネツィアは東方貿易によって富を得ており、それをきっかけにトスカーナとは異なる新たな芸術の形が形成された。15世紀に入ってから内陸へ進出し、トスカーナ美術と合流した。初めは国際ゴシック美術が入り、後にフィレンツェ派の新様式がもたらされた。それに伴い、ヴェネツィアではフィレンツェの芸術に対する反論が生まれ、ティツィアーノを筆頭とした芸術理論が持ち上がったといわれる。ヴァザーリは『美術家列伝』第二版でヴェネツィア派は自発的に生まれたものでなく、レオナルド・ダ・ヴィンチの影響下で生まれた者であるとし、実際1500年初頭に短期間でレオナルドがヴェネツィアを訪問したことが明らかとなっている[3]。他方、ヴェネツィアの領土には当時パドヴァ、ヴィチェニツァ、ヴェローナ、プレジア、ベルガモといった都市が含まれ、ヴェネツィア派とは異なる独自の伝統にのっとった絵画様式が形成された[4]。 abitate) - Censimento 2001. 中世にはヴェネツィア共和国の首都として栄えた都市で、「アドリア海の女王」「水の都」などの別名を持つ。 英語では「Venice」と呼ばれ、これに由来して日本語でもヴェニス、ベニスと呼ばれることも … ヴェネツィア共和国の領土は、大きく分けて ドガード (イタリア語版、英語版) 、スタート・ダ・マール、 ドミニ・ディ・テッラフェールマ (イタリア語版、英語版) の3つに分かれる。 Drechsler, Wolfgang (2002). 内部には歴代のヴェネツィア総督の肖像画など沢山の絵画が飾られている。 ヴェネツィア派はルネサンス時代、特に15世紀後半から16世紀にかけてヴェネツィア共和国とその周辺で活躍した美術の流派。 絵画、彫刻、建築など様々な分野でその特徴は見受けられるが、一般的には絵画の流派を指す。 1/8, 1/4, 1/2,および1ドゥカート、1/8, 1/4, 1/2,および1 tallero。金貨として1/4, 1/2,および1ドゥカート、1 doppia,そして 晴朗きわまる共和国ヴェネツィア(せいろうきわまるきょうわこく ヴェネツィア、ヴェネト語: Serenìsima Repùblica de Venexia(Venessia)、イタリア語: Serenissima Repubblica di Venezia)、通称ヴェネツィア共和国(ヴェネツィアきょうわこく、Repùblica de Venessia、Repubblica di Venezia)は、現在の東北イタリアのヴェネツィアを本拠とした歴史上の国家である。7世紀末期から1797年まで1000年以上の間に亘り、歴史上最も長く続いた共和国である。「晴朗きわまる所[1]」や「アドリア海の女王」とも呼ばれる。東地中海貿易によって栄えた海洋国家であった。また、信教の自由や法の支配が徹底されており、元首の息子であっても法を犯せば平等に処罰された。, 初期のヴェネツィア共和国では、ドージェが独裁的な権限を持っていた。しかし後にドージェは就任の際に宣誓を求められるようになり、結果として権力は大評議会と共有されることになった。大評議会の定足数は480であり、ドージェも大評議会も互いに相手を無視して決定を行うことはできなかった。, 1175年にリアルト(英語版)の有力貴族が小評議会を設立した。これは6人から成るドージェの顧問である。また、1179年には3人から成る最高裁判所Quarantiaが設けられた。これらは1223年にシニョリーア(Signoria)として統合された。これはドージェを含めて10人で構成され、政府の中枢であった。ドージェが死亡した際には、その葬儀で「ドージェは死んだ。しかしシニョリーアは健在である」と述べられた。また、2人から成るサピエンテス(sapientes)も設立され、後に6人に拡張された。これは他の集団と合わせてコッレージョ(collegio)を構成し、政府の実行部門となった。1229年に設立されたコンシリオ・デイ・プレガディ(Consiglio dei Pregadi)は貴族院のようなものであり、大評議会により選出された60名の議員が構成した[2]。これらの機関のために、ドージェの実権は限定的なものとなり、実際の職権は主として大評議会に委ねられた。1335年に十人委員会が設立され、政府の中枢として、非公開の活動を行った。1600年頃には、十人委員会の影響力が大評議会を凌ぐようになり、その権限は縮小された。, トマス・アクィナスは、ヴェネツィア共和国の政体は共和制とドージェによる君主制、そして貴族院による貴族政治と大評議会による民主政治の複合政体であると考えた[3]。また、ニッコロ・マキャヴェッリは、『君主論』でヴェネツィアを共和制国家に分類した[4]。, 1454年に3人の調査官からなる情報機関が設立され、諜報、防諜、および国内監視のための情報網を充実させた。これは非合法な政体変革の企て等を阻止することが目的であった。調査官の一人は赤い外套を着用することからイル・ロッソ(赤い男)と呼ばれ、ドージェの顧問により任命された。他の2名はイ・ネグリ(黒い男)と呼ばれる黒い外套の人物であり、十人委員会に任命される。この情報機関は、徐々に十人委員会の影響下に置かれるようになった[2]。, 1556年にprovveditori ai beni incultiが設立され、農業技術や、農業技術開発への個人投資が促進された。これは、16世紀の穀物価格上昇を受けてのことである。, ヴェネツィア共和国の元首はドージェ(ヴェネト語: Doxe, イタリア語: Doge)と呼ばれ、その語源はラテン語: Duxであり、軍の指揮官または公爵を表す。ドージェは貴族による選挙で決定され、終身制である。年配者が選ばれることが多い。日本語で統領、総督と訳されることもある。, 初期のヴェネツィア共和国では、ドージェの選任方法は明確には定められておらず、有力な家門から選出するという慣例があるのみであった。それ故に、初期のヴェネツィアではドージェが自身の血縁者に後を継がせようとする傾向が強かった。そこで、ドージェが世襲制となることで共和制が崩壊することへの危機感から、ドージェが後継者を指名することを禁じる法律が制定された。1172年には、ドージェは40人の委員による選挙により決められることとなった。この委員は大評議会から選ばれた4人により選任され、この大評議会は12人の委員会が毎年任命する。1229年に支持が20対20となり決着しなかったため、これ以後、委員の数は41とされた。, 1268年に制定された選挙方法では、まず30人の委員が籤により大評議会から選ばれる。この30人はさらに籤で9人に絞られ、この9人が40人を選び、そしてその40人は籤で12人に減らされ、その12人が25人の委員を選ぶ。その25人は籤で9人となり、この9人が45人を定める。45人は11人に絞られ、この11人が、実際にドージェを決める41人を選任するのである[5]。この複雑な制度のために、有力家門といえどもドージェの位を自由にすることは難しくなった。この制度は1797年の共和国滅亡まで維持された。, 新しく選ばれたドージェは、就任の宣誓を行う前に、ヴェネツィア市民からの承認を受けなければならなかった。実際には上述の選挙によりドージェの位は確定するのだが、それでも形式的にはヴェネツィア市民がドージェを決めていたのである。, 共和国初期にはドージェは独裁的な権力を持っていたが、1268年にその権限を厳しく監視する法律が制定された。外国からの公文書を開封する際には他の官吏の立合いが求められ、国外に私有財産を保有することは禁じられた。, ドージェの任期は、一部には中途で解任された例もあったが、通常は終身であった。ドージェが死亡した後は、その生前の職務について厳しい調査が行われた。この際には、不正の証拠がないかどうか、私有地も調べられた。ドージェに与えられる報酬は決して高額ではなく、在任中も交易などで収入を得る必要があった。こうした収入も、調査の対象となった。, 1268年7月7日から、ドージェが空位の間は、参事官がドージェの職務を代行することになった。, ドージェには様々な式典を執り行う義務があったが、その中で最も重要なものは「海との結婚」であった。これは指輪をドージェの公式座乗船ブチェンタウロからアドリア海に落とすものであった。この祭礼の始まりは、ダルマチア征服を記念してピエトロ・オルセオロ2世(英語版)が1000年の昇天祭で行ったものであった。教皇アレクサンデル3世と神聖ローマ皇帝フリードリヒ1世が1177年にヴェネツィアを訪問した後、この祭典は、より盛大に行われるようになった。, ドージェは、他にもサン・マルコ広場から始まる大行進を行った。この行進は下級の公務員が先頭に立ち、順に上級の公務員が続き、ドージェが中央を占め、そして上級の貴族から下級の貴族へ続いた。フランチェスコ・サンソヴィーノ(英語版)は、1581年にこの行列の詳細を記述し、チェーザレ・ヴェッチェッリオ(英語版)は1586年にこの大行進の絵を描いた。, 14世紀以降、ドージェが式典の際に被った冠はCorno Ducaleと呼ばれるものである。これは宝石細工の施された錦のボンネットであり、先が角のように尖っていた。これは軟らかな麻のカマウロ(英語版)の上に被られた。復活祭の翌日にドージェはサン・マルコ広場からサン・ザッカリア修道院まで行進し、そこで女子修道院長から、修道女が織った新しいカマウロを贈られた。, 大評議会(英語版)(ヴェネト語: Mazor Consegio, イタリア語: Maggior Consiglio)はヴェネツィア共和国の最高決定機関であり、1300年前後に制定されたセッラータと呼ばれる一連の法的措置によって、大評議会議員は貴族階級の世襲制とされていた[6]。国家元首であるドージェも含め重要な国家官職はすべて大評議会議員の中から選ばれた[6]。, 大評議会には、十人委員会、四十人委員会、シニョリーアおよびサン・マルコ財務官や司法長官が属していた。, サン・マルコ財務官(英語版)(イタリア語: Procuratori di San Marco)当初はサン・マルコ寺院の施設及び財産を管理する責任者として創設された官職。のちに、サン・マルコ寺院に寄進される莫大な資産や財宝、国内で徴収される教会税、政府の税収や戦利品を管理・運営する職責も与えられたことから、国家官職の中でもドージェに次ぐ大きな権力を持つようになった[7]。, 十人委員会(ヴェネト語: Consejo de i Diexe、イタリア語: Consiglio dei Dieci)は1310年に設立され、1797年の共和国滅亡まで存続した政府の中枢機関である。その活動はしばしば秘密にされたが、市民からは効率的かつ公正な機関であると認識されていた。十人委員会は、1310年7月10日にバイヤモンテ・ティエポロ(イタリア語版)が共和国に対して起こした反乱を鎮圧するために、臨時職として設けられた。当初は2ヶ月間の暫定機関であったが、期限の更新が繰り返され、1335年に常設化された。, 十人委員会の公式な任務は、共和国の治安維持ならびに政府転覆および汚職の防止である。しかし、組織が小さく迅速な決定が可能なため、その職務範囲は徐々に拡大し、1457年の時点では政府の業務全般を取り扱うようになった。特に、十人委員会は共和国の外交および諜報活動を監督し、軍を管理し、そして奢侈禁止令を始めとする様々な法律の執行を司った。また、十人委員会は不道徳な行い、特に賭博の取り締まりを試みたが、これはうまくいかなかった。, 四十人委員会(英語版)(ヴェネト語: Cuarantia、イタリア語: Quarantia)は大評議会議員から選ばれ司法権限を有していた。, シニョリーア(英語版)(イタリア語: Serenissima Signoria)は、ドージェ、6名の評議員(Minor Consiglio)、四十人委員会の3名の代表から構成される合計10名の執政機関。日本語で政庁[8]と表記されることもある。, ヴェネツィア共和国は、イタリア最大の水系であるポー川を含む河川と、アドリア海の制水権を獲得しつつ商業を拡大させた。のちにはイオニア海、東地中海へと領地を拡大して支配力を高めた。, 食料を自給できないヴェネツィアにとって、初期の交易では食料の調達が特に重要とされた。ポー川をはじめとして内陸からアドリア海に流れる河川にそって交易が行われ、イタリア王国内にあるヴェネツィアの修道院や貴族の土地や、内陸の都市から食料を入手した。重要な河川には警備のための要塞や艦隊が用意された。, 海路では、東ローマ帝国の食料交易などに加えて、教皇領のあるマルケ地方、シチリア王国、ラテン帝国やアカイア公国などのギリシア諸国、クレタ島などから食料を輸入した。さらには、小麦、ワイン、オリーブ油、いちじく、チーズ、塩などの食料を海外から内陸都市へ再輸出することを独占し、対立する都市には禁輸を行うなどの政治的手段も用いた[9]。, ヴェネツィア商人は東ローマ帝国内での特権によって、帝国内の都市間や、シチリア王国、十字軍国家、エジプトなどの諸国家と交易を行った。胡椒や絹などの東方貿易の商品のほか、オリーブ油、ワイン、綿、羊毛皮、インディゴ、武具、木材、奴隷などが取引された。帝国内では大土地所有者が支配的地位にあり、商人は排除されていたため、帝国内で多大な利益をあげた。, 13世紀には、黒海東部にモンゴル人国家のキプチャク・ハン国やイル・ハン国が成立した。一方で地中海ではマムルーク朝によって十字軍国家が消滅し、教皇はキリスト教徒とマムルーク朝との交易を禁じた。このためヴェネツィアは東方貿易の商品を黒海経由で取引するようになり、黒海は香辛料、絹、奴隷などの一大供給地となった[10]。, イベリア半島でレコンキスタが進行し、ジブラルタル海峡での交通が安定すると、ヴェネツィアもロンドンやブリュージュまで商船を送るようになった。地中海と北ヨーロッパは、それまでの陸路にかわって海路が活発となる。イタリア北部では綿工業が盛んになり、ヴェネツィアは原料と製品の輸送を行った。, カナル・グランデに面したリアルト市場で取引が行われた。商船が帰港し、出航するまでの間に輸入商品の販売と輸出商品の購入がされた。地中海は冬は航海に適さず、夏と冬に取引が多かった。, 商業金融として、東ローマ帝国法の影響を受けたコレガンツァ(同輩組合)があった。コレガンツァには融資者とされる者の双方が出資する形式と、片方のみが出資する形式があった。前者はソキエタス、後者はコンメンダとも呼ばれる。双方が出資するコレガンツァは融資者が3分の2、商人が3分の1を出資し、利潤は折半した。片方のみ出資するコレガンツァは融資者が全額を出資し、利潤は融資者が4分の3、商人が4分の1を受け取った。資本の増加とともに片方のみ出資するコレガンツァが増え、資本がなくても能力がある者によって商人階層が拡大した。のちには海上貸付や為替などの金融も用いられるようになった。, ヴェネツィア共和国の通貨単位はリラ(伊: lira)であり、複数形はlireである。1807年までは独自のヴェネツィア・リラを発行していた。1リラは20ソルド(伊: soldo、複数形soldi)であり、1ソルドは12デナロ(伊: denaro、複数形denari)である。ドゥカートは124ソルドであり、「ゼッキーノ」(伊: zecchino)としても知られるtalleroは7リラである。1807年、ナポレオンのイタリア王国の下でイタリア・リラが通貨として定められた。, 18世紀後半には、以下の硬貨が鋳造された。ビロン硬貨として6デナロおよび12デナロ。銀貨として5, 10, 15,および30ソルド。 -アルテ・ポーヴェラ - アスキーアート - バッド・ペインティング - ボディアート - アーティストブック - 環境アート - フェミニスト・アート - ホログラフィ - インスタレーション・アート - - ローブローアート - メール・アート - ポスト・ミニマリズム - プロセス・アート - ロボット・アート - ファンク・アート - ワイルドスタイル abitate) - Censimento 2001. イタリアにある世界遺産(文化遺産)、ヴェネツィアとその潟(Venice and its Lagoon)の観光情報。日本からの行き方、現地都市からのアクセス、地図、歴史・文化、登録の基準などを紹介しています。 [最終更新日:2020年2月18日] 基本情報 "When Myths Lose Power: Four Decades of Venetian Historiography.". 具体例として取り上げられるものを以下に列挙する。, 10-11世紀にヴェネツィアでは、地階(一階)に商品の保管庫と商業設備、上階(必要であれば中二階と主要となる二階)に家族、使用人の居住機能を持つ建築構造が明確となった。これらは古代ローマの別荘建築やビザンティン帝国の伝統的な形式に由来する[22]。これは9世紀初頭から建造が始まった[22]サン・マルコ聖堂でも見られ、北イタリアの聖堂プランに見られるバシリカ式かラテン十字形という一般論とは異なり、ビザンティン建築の形式を直接受け継いだギリシア十字形を採用している。これはコンスタンティノープルの聖使徒聖堂をモデルとしてギリシア人建築家によって建造されたからである[23]。この形式は、長い期間根本的な構造の変化がなかった。その上家の中は木の壁と叩いた土の床から成るという、貧弱かつ不安定な土台であった[22]。13-15世紀はゴシック建築を組み替えた独特の建築が成立した。以下に特徴を記載する。, 後の時代に建築物を建てる空間が残らず、16-18世紀は既存の建物の再建、改築、改修などが行われるようになった[22]。, 初期フランドル派 - ルネサンス - 盛期ルネサンス - 北方ルネサンス - マニエリスム - グロテスク装飾 - フォンテーヌブロー派, 写実主義 - ビーダーマイヤー - ハドソン・リバー派 - バルビゾン派 - マッキア派 - 移動派 - トーナリズム - ラファエル前派 - 唯美主義 - ヴィクトリア朝絵画 - ジャポニスム - 印象派 - ポスト印象派 - 新印象派 - クロワゾニスム- 綜合主義(ポン=タヴァン派) - ナビ派 - 世紀末芸術 - 象徴主義(ロシア象徴主義) - アーツ・アンド・クラフツ運動 - アール・ヌーヴォー - 分離派(ウィーン・ミュンヘン・ベルリン) - 素朴派, フォーヴィスム - キュビスム - ダダイスム - 未来派 - ノヴェチェント - イマジズム - ヴォーティシズム - ブリュッケ - 表現主義 - 新即物主義 - ミュンヘン新芸術家協会 - 青騎士 - シュプレマティスム - 構成主義 - 新造形主義 - デ・ステイル - ピュリスム - バウハウス - アール・デコ - シュルレアリスム - エコール・ド・パリ - モデルニスモ, アンフォルメル - 抽象表現主義 - コブラ 803年 - パクス・ニケフォーリ (英語版) により、ヴェネツィアが東ローマ帝国領でありつつも事実上独立していることが確認される。 810年 - イタリア王ピピンの侵攻を撃退する。 828年 - 福音記者マルコの遺体をアレクサンドリアから運び、守護聖人とする。 ヴェネツィア共和国時代に総督公邸として使われていた。もともとは要塞であった。しかし火災での炎上などにより何度も改装されて15世紀頃に現在の白の柱とピンクのタイルが印象的なゴシック建築物となった。. 英和辞典を紐解くと、ベニス(Venice)は英語読み、ヴェネツィア(Venezia)はイタリア語読みであることがわかります。ところが近年、日本ではヴェネツィアと読むことが多くなり、人から聞いた話によると「ヴェネツィア」が国際的にも正式名 - シミュレーショニズム - メディアアート - YBAs -スーパーリアリズム, ギリシア美術 - ローマ美術 - ビザンティン美術 - フィレンツェ派 - ヴェネツィア派 - ウンブリア派 - シエナ派 - フェラーラ派 - ローマ派 - パルマ派 - フランドル絵画 - オランダ絵画, 建築 - 彫刻 - 絵画 - 版画 - 工芸 - 装飾写本 - ミニアチュール - 装幀 - タペストリー - デザイン - 映像, 公益 - 私益 - 美術家 - 美術商 - 資料 - コレクション - 博物館 - ギャラリー, 歴史学 と 美術史学 - 美学 と 文学 - 常識 と 趣味 - 美 と 崇高西洋美術史 と 東洋美術史 - モダニズム と ポストモダン - 近代美術と現代美術 - アカデミック美術 と 前衛美術 - 退廃芸術視野 - 視覚 - 視覚野 - 視神経 - 網膜 - 目 - 視覚障害 - 色覚異常可視光線と光 - 色素と色彩 - 素描と絵画 - 具象絵画と抽象絵画イコノクラスム, フレスコ - テンペラ - 油彩(油絵具) - 水彩 - ガッシュ - ディステンパー - アクリル絵具 - パステル - 色鉛筆, 板 - パピルス - 羊皮紙 - パネル(羽目板) - 麻布 - 綿布 - 布 - キャンバス(帆布) - 紙, 京都市美術館, 日本美術協会上野の森美術館, 産業経済新聞社, 石鍋真澄, 2006, From Line to Light: Renaissance Drawing in Florence and Venice, イタリア語版ウィキペディアCategoria:Artisti di scuola veneta, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ヴェネツィア派&oldid=79808275. ヴェネツィア共和国時代に総督公邸として使われていた。もともとは要塞であった。しかし火災での炎上などにより何度も改装されて15世紀頃に現在の白の柱とピンクのタイルが印象的なゴシック建築物となった。. Copyright © 2020 Cross Language Inc. All Right Reserved. the Venetian school of painting発音を聞く - 日本語WordNet, Venice and Its Lagoon発音を聞く - 浜島書店 Catch a Wave, ヴェネツィアは永遠であるように思われるが,ヴェネツィアの島々は沈下しつつあるようだ。例文帳に追加, Though Venice seems ageless, Venice’s islands appear to be sinking.発音を聞く - 浜島書店 Catch a Wave, Yokihi (Empress Yank Kwei Fei): Screened at the Venice Film Festival in 1955発音を聞く - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス, Akasen chitai (Street of Shame): Screened at the Venice Film Festival in 1956発音を聞く - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス, There are approximately 150 canals running through Venice.発音を聞く - 浜島書店 Catch a Wave, In 1592 he fell into the hands of the Inquisition at Venice.発音を聞く - John Tyndall『英国科学協会ベルファースト総会での演説』, Visited cities such as Venice, Verona, Milan, and others after that.発音を聞く - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス, Sansho dayu (Sansho the Bailiff): 'Silver Lion' at the Venice Film Festival in 1954発音を聞く - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス, Shin heike monogatari (The New Tale of the Heike): Screened at the Venice Film Festival in 1955発音を聞く - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス, 1954 (aged 29): A Noh play was performed for the first time at the International Theatre Festival in Venice.発音を聞く - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス, The history of the city of Venice in northeast Italy starts in the fifth and sixth centuries.発音を聞く - 浜島書店 Catch a Wave, After the 16th century, the political significance of Venice gradually faded.発音を聞く - 浜島書店 Catch a Wave, Venice stretches across about 120 islands in a lagoon.発音を聞く - 浜島書店 Catch a Wave, 1954年第一回能楽渡欧団の一員としてヴェネツィア・ビエンナーレに参加。例文帳に追加, Participated in Venice Biennale as a member of the first Noh group visiting Europe in 1954.発音を聞く - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス, ヴェネツィアのページの著作権英和・和英辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。, ピン留めアイコンをクリックすると単語とその意味を画面の右側に残しておくことができます。, JMnedictは、日本語の一般的な固有名詞の分類とそれを英語で表記した内容を中心に扱っています。, Electronic Dictionary Research and Development Group. Garrett, Martin, "Venice: a Cultural History" (2006). Italienisches Gondelständchen Op.381, All text is available under the terms of the. Laven, Mary, "Virgins of Venice: Enclosed Lives and Broken Vows in the Renaissance Convent (2002).

ごくせん3 玉森, 宮沢りえ 妊娠中, インフルエンザウイルス 変異速度, 南大分中学校 いじめ, ディアブロ3 Switch 初心者, 下野紘 梶裕貴 仲良し, 錦戸亮 好きな芸能人, ヨーロッパ人 英語 話せる, かなり 英語 Fairly, スイス チューリッヒ 気温, 鬼滅の刃 風の道しるべ, 純情きらり モデル, In 副詞 反対語, 就任 類語, エヴァ 暴走 なぜ, 諾了 意味, ゾフルーザ アビガン 違い, 炭治郎 痣, 朝ドラ エール, 深川麻衣卒業 ライブ, パストリーゼ 定価, 烏 漢字 の由来は 体が黒い, カフェデイ メニュー, 垓 名前, 鬼滅の刃 最終巻, 開 星 高校野球部 新入生, フクロウ 聴覚, 中曽根康弘 後継者, ゴーカイジャー 28話 動画, Twitter ブロックリストから消えた, レミゼラブル あらすじ 日本, 遺留捜査 2020, Songs Archive, 仮面ライダー 2021, ブタクサ ヨモギ, 鬼滅の刃 カフェ 4期,

Posted on 2020-10-25 | Posted in 未分類 | No Comments »

Related Posts

 

Comment





Comment