未分類

ホビット 解説

プライバシーポリシー│ All Rights Reserved. 映画「ホビット 思いがけない冒険」のあらすじと結末をネタバレ解説。動画やキャスト紹介、レビューや感想も掲載。ストーリーのラストまで簡単解説します。 2018/04/25更新 2015/09/01掲載 トロルの猛攻は続くが、先ほどのトロルを操縦するボフールが現れ、これを撃破。しかし今度は、オークとワーグに追われることになり、弩砲(バリスタ)で応戦するも、山羊が1頭ずつワーグに襲われ、残りが3頭になってしまう。このままでは追いつかれてしまうと判断したバーリンが、グローインたちに引き綱を切り、山羊に乗って進むように指示し、老齢の彼は戦車に残る決断をする。 解説 † 岩波書店版『ホビット冒険』について 岩波書店から出版されているのは瀬田貞二訳の『ホビットの冒険』。 これは原著第二版(the second edition)を底本とし、1965年に出版された。 この記事で紹介した未公開シーンは一部でしかなく、まだまだ楽しいアイデアに満ちた登場人物たちのかけ合いやアクションシーンがエクステンデッド版には収録されている。劇場公開版を観た時とは印象も変わってくるはずなので、まだ観たことがない人はぜひチェックしてみてほしい。 肥満体系にもかかわらず、身軽な動きを見せるボンブール(スティーブン・ハンター)。ジャンプをしてドロップキックをしたり、敵にのしかかったり、モーニングスターを振り回すといった無双ぶりを発揮している。彼の兄弟ボフールの活躍も目立ち、オークの剣を受け止め身動きができないノーリを助けるため、斧を敵の眉間に向けて遠投。お次はノーリの異父弟にあたるオーリ(アダム・ブラウン)がピンチで、同じ斧を今度はノーリが投げて弟を救出し、最後にその斧をオーリがボフールに投げ返す形で最初の位置に戻ってくるのだが、オークではなくボフールめがけて飛んでいき、間一髪のところで彼がキャッチするという遊び心あふれるシーンになっている。 ■『ホビット 竜に奪われた王国』 ■『ホビット 竜に奪われた王国』 Copyright (C) 2020 GYAO Corporation. J・R・R・トールキン原作のファンタジー小説を鬼才ピーター・ジャクソンが映画化した「ホビット」三部作。「ロード・オブ・ザ・リング」三部作の前日譚にあたり、ホビット族の青年が13人のドワーフと共に壮大な冒険へ旅立つ物語だ。これらのシリーズ6作には、劇場公開版に未公開シーンを加えて再編集した“エクステンデッド版”が存在し、WOWOWとWOWOWオンデマンドで放送&配信する特集が展開中。この記事では「ホビット」にフォーカスし、作品をより楽しむことができる未公開シーンを紹介しながら見どころを解説してきたい。, 「ロード・オブ・ザ・リング」の60年前が舞台となる「ホビット」。主人公はフロド・バギンズ(イライジャ・ウッド)の伯父、ビルボ・バギンズ(マーティン・フリーマン)で、ホビット庄の袋小路屋敷で平和に暮らしていた彼のもとに、魔法使いの灰色のガンダルフ(イアン・マッケラン)がやって来るところから物語は始まる。ガンダルフの計画でビルボは、トーリン・オーケンシールド(リチャード・アーミティッジ)率いる13人のドワーフの一団に、“忍びの者”として雇われることに。眠っていた冒険心を呼び覚まされた彼は、邪悪な竜のスマウグ(ベネディクト・カンバーバッチ)に奪われたトーリンたちの故郷、はなれ山のエレボールと財宝を取り戻すため、様々な危険が待ち受ける冒険へと旅立つのだった。, エレボールの没落、ドワーフとエルフの確執 Copyright © MOVIE WALKER Co., Ltd. All Rights Reserved. Copyright (C) 2020 Yahoo Japan Corporation. これこそが『ロード・オブ・ザ・リング』の完成形!“エクステンデッド版”より合計120分(!)超えの未公開シーンを解説, 「ロード・オブ・ザ・リング」キャストの“いま”を追う!映画会社設立、80歳を超えても現役…監督に挑戦も!, 『ロード・オブ・ザ・リング』のピーター・ジャクソン監督、英国の名優サー・イアン・ホルムを追悼【全文】, 元バドミントン ダブルス高橋礼華選手に聞く「逆境を乗り越える “心の絆” 」と引退決断の本音 by SK-II, 秋メイク、保湿ケアなど今知りたい美容の全てがつまった!資生堂の「ワタシプラス」もう使ってる?, シチズン クロスシー 話題の新CM「新しい時間」を始める女性に、北川景子がエールを送る, 【売り切れ予報!】ユニクロプレスさんも本気買い!新作ニットワンピがめっちゃ可愛い♡, 即2リピ【ファミマ】で「自分史上最高」に出会った!「ついで買い系」が意外な"どストライク", 『ホビット』“エクステンデッド版”より未公開シーンを解説…トーリンとスラインの親子愛、PJのセンスが光る五軍の合戦など, アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。, Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。. また、当サイトで提供する用語解説の著作権は、(株)朝日新聞社及び(株)朝日新聞出版等の権利者に帰属します。 利用規約│ ホビットのビルボ・バギンズが13人のドワーフと竜退治の冒険へ出る「ホビット」三部作のエクステンデッド版を解説(『ホビット 思いがけない冒険』) [c] 2012 Warner Bros. Ent. 『ホビット』( The Hobbit )は、2012年から2014年にかけて公開されたニュージーランド・アメリカ合作のファンタジー映画。 J・R・R・トールキン による児童小説『 ホビットの冒険 』を原作とし、3部作として公開された。 お問い合わせ. 価格:Blu-ray 2,381円+税、DVD 1,429円+税 ■『ホビット 決戦のゆくえ』 DVD 発売中 映画「ホビット 思いがけない冒険」ネタバレあらすじ結末と感想. スマウグから逃げるトーリンらが、闇の森のエルフの王、スランドゥイル(リー・ペイス)に助けを求めるも、彼に見捨てられてしまう。ビルボの言葉で、スランドゥイルは仲間を失うことを恐れたと説明されているが、エクステンデッド版ではその理由がより明確に。エレボールが最盛期を迎えていた時に、スランドゥイルは“ラスガレンの白い宝石”という一族伝来の宝石を受け取るため、スロールに謁見。宝石の入った箱を差し出されるが、目の前で蓋を閉じられてしまう。以来、エレボールのドワーフと闇の森のエルフの交流は途絶えてしまったのだ。, 第三部『ホビット 決戦のゆくえ』(14)のメイキング映像によると、この宝石はスランドゥイルが妻のために、ドワーフに外注して制作したものと言われている。しかし、宝石の見事な出来栄えに、スロールは手放すのが惜しくなってしまったようだ。ちなみに、スランドゥイルに宝石箱を差し出すドワーフは、13人のドワーフの一人で、「ロード・オブ・ザ・リング」に登場するギムリの父、グローイン(ピーター・ハンブルトン)であることが確認できる。, やりたい放題のドワーフ、仲間になれないビルボ TM Saul Zaentz Co. 『ホビット』“エクステンデッド版”より未公開シーンを解説…トーリンとスラインの親子愛、PJのセンスが光る五軍の合戦など. No reproduction or republication without written permission. この訳の底本になった『注釈版ホビット』はアメリカで2002年(イギリスでは2003年)に増補改訂版が出版されたが、そのなかの各国語版の解説のところで「Makoto Takahashiという日本人の意見」として原書房版の日本語訳は"a poor translation"であると書かれている 。 トーリンが山羊に跨って先陣を切るのは同じだが、後ろに続くのは6頭の山羊が引く戦車とそれに乗り込んだキーリとフィーリ、グローインと彼の兄で参謀役のバーリン(ケン・ストット)の4人。敵軍に突撃し、次々と敵兵を屠っていくが、集団を抜けたところで、トロルの攻撃に遭い、戦車はトーリンからはぐれて凍った川を進むことに。 DVD 発売中 [c]2014 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. AND WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. 『ホビット』“エクステンデッド版”より未公開シーンを解説…トーリンとスラインの親子愛、PJのセンスが光る五軍の合戦など. ガンダルフを残し、裂け谷を旅立ったビルボとトーリンたち。霧ふり山脈を越える道中、洞窟で休憩していた一行は罠にはまり、ビルボを除く全員がゴブリンに捕まってしまう。巨大な地下洞窟にあるゴブリン町では、巨体の大ゴブリン(バリー・ハンフリーズ)が楽しそうに拷問の歌を歌い、配下のゴブリンを踏み台にするなど、傍若無人さが増している。一方で、ドワーフたちから押収した武器や持ち物の中に、手クセの悪いノーリが裂け谷から盗んできたと思われる食器などの家財道具を発見。部下から燭台を受け取った大ゴブリンが「第二紀か。なんの価値もない!」と言うなど、意外に博識な一面も描かれている。, ■『ホビット 思いがけない冒険』 価格:Blu-ray 2,381円+税、DVD 1,429円+税 ホビット庄を出発したビルボたちは、トロルと戦い、オークとワーグの襲撃も回避しながら、ガンダルフの導きでエルフが暮らす裂け谷へとたどり着く。ドワーフたちはエルフへの敵対心を示すが、領主のエルロンド卿(ヒューゴ・ウィービング)は彼らを歓迎する。, 裂け谷では、ドワーフたちの自由奔放さ、彼らと打ち解けられないビルボの心情などが未公開シーンで描かれている。宴会の席で、トーリンの甥キーリ(エイダン・ターナー)がハープを奏でるエルフの女性にウインク。それを見た屈強な戦士のドワーリン(グレアム・マクタビッシュ)が顔をしかめると、キーリは慌てて、「エルフ女なんて好みじゃない。顔に髭もないし」と弁明。続けて、「でも、あの子は悪くない」と別のエルフを指すが、グローインに「あれは男だ。バカ」とたしなめられてしまう。 発売中 ラダガストとビヨルン、鷲たちの援軍もあり、オーク軍を撃破し、戦いには勝利した。しかし、キーリとフィーリは討ち死にし、アゾグを倒したトーリンも深手を負い、ビルボに見守られながら絶命する。トーリンたち3人の葬儀も未公開シーンで確認できる。アーケン石を手に横たわるトーリンと、その両脇で眠るキーリとフィーリ。3人の間をゆっくりと歩くビルボやドワーフたちの姿が映しだされ、悲しみと悔しさが入り混じった表情からも、悲痛さが伝わってくる。その後、エレボールの領主としてダインが選ばれ、王となった彼がドワーフたちに称えられる場面も追加されている。 広告掲載│ 解説 『ロード・オブ・ザ・リング』3部作のピーター・ジャクソン監督が、同シリーズの60年前を舞台にした小説「ホビットの冒険」の実写化に挑んだアドベンチャー大作。 JAPANのサービスであり、ヤフー株式会社が株式会社GYAOと協力して運営しています。. Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。. これらの戦車が疾走するシーンは、車輪に設置された刃物がオークやトロルの首や手足を切断し、ワーグの体もズタズタにするなど、血しぶきが舞うスプラッターな内容になっている。デビュー当初は、スプラッター・ホラーの映画で注目されてきたジャクソン監督だけに、そのころの映像センスを感じさせる。, トーリンたちの死… 利用規約│ ①111歳の誕生日を迎えたホビット族のビルボは、60年前に体験した冒険譚を書いていた。それは竜に奪われたドワーフ族の故郷・エレボール(はなれ山)奪還の話。②魔法使いのガンダルフに誘われたビルボは、冒険への興味から旅に加わることに。足手まといと言われていたが、旅を続けるうちにビルボも勇気を持つようになり、仲間と認められた。 …1936年から書きすすめられ,《旅の仲間》《二つの塔》(ともに1954),《王の帰還》(1955)の3部からなる。恐るべき闇の力を秘めた黄金の指輪を手に入れた小人族ホビットの一人フロドとその仲間たちが,魔法使いや妖精,巨木の精などに助けられながら,冥王サウロンが率いる悪鬼や怪鳥やその他の暗き力の軍勢と戦いながら,この指輪を消滅させるための旅をする話。北欧の古歌謡集エッダ,ジークフリート伝説などの素材を生かしたこの長編は,英米のみならず日本でも若者の間に非常な人気を呼んでいる。…. ホビット3部決戦のゆくえ 種族や登場人物簡単解説; ホビット第3部 決戦のゆくえ 動画や情報を集めてみた!その1; 本日 ホビット3部「決戦のゆくえ」ワールドプレミア・ネット中継!! ホビット第3部 最後のトレーラー本日深夜(明日早朝)公開予定! 中つ国(なかつこく)で暮らす、人間の約半分の身長を持つ小人族ホビット。111歳の誕生日を迎えるホビット族の老人、ビルボ・バギンズ(イアン・ホルム)は養子フロド(イライジャ・ウッド)のために、60年前に若き日の自分が経験した冒険を物語として書き残そうとしていました。60年前、ビルボ(マーティン・フリーマン)は平穏無事な暮らしを送っていました。そこへ旧友の魔法使いガンダルフ(イアン・マッケラン)が訪れ、ビルボを冒険の旅へ連れ出そうとします。平凡な日常を愛するビルボ … ドワーフの悪ふざけはまだまだ続き、劇場公開版でも観られる焚火のほか、裸になって噴水で水浴びまでする始末。そのような光景を見て、エルフのリンディア(ブレット・マッケンジー)がエルロンドに「(ドワーフたちは)いつまでここにいるのですか?」と不満をこぼしている。, 「ホビット」は「ロード・オブ・ザ・リング」とのつながりを強くするため、第二部『ホビット 竜に奪われた王国』(13)から登場するレゴラス(オーランド・ブルーム)など原作に出てこないキャラクターや設定が組み込まれている。ドワーフたちの騒ぎには参加せず、一人で裂け谷の「最後の憩」館を探索するビルボ。折れたナルシルの剣やイシルドゥアがサウロンから“一つの指輪”を奪った史実を描いた壁画を眺める場面など、エクステンデッド版でもそれらを確認することができる。 価格:Blu-ray 2,381円+税、DVD 1,429円+税 発売中 All Rights Reserved. はじめに この記事は トールキン Advent Calendar 2017 15日目の記事です。 テーマは「ホビット」で、映画「ホビット」シリーズに登場するオーク語の解説をしようと思います。ちょっとこじつけっぽい。今まで クズドゥル や アドゥーナイク などの記事を書いてきましたが、また言語ネ … 発売・販売元は、すべてワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント, これこそが『ロード・オブ・ザ・リング』の完成形!“エクステンデッド版”より合計120分(!)超えの未公開シーンを解説, J・R・R・トールキン原作の世界的ベストセラーを鬼才ピーター・ジャクソン監督が映画化した「ロード・オブ・ザ・リング」三部作。各作品の上映時間が約3時間…, 「ロード・オブ・ザ・リング」キャストの“いま”を追う!映画会社設立、80歳を超えても現役…監督に挑戦も!, 大好きな作品や大ヒット作の出演者たちは、ほかにどんな活躍をしているのか?そんな疑問に答えるこの企画。今回は、J・R・R・トールキンによる歴史的ベストセ…, 凛々しき演技派女優は“代表作”だらけ!批評家が選ぶ、ケイト・ブランシェットの“フレッシュ”10選, ウェス・アンダーソン監督やジム・ジャームッシュ監督といった通好みの監督から、スティーヴン・スピルバーグ監督やデヴィッド・フィンチャー監督などのヒットメ…, RPGの基礎を築いたのも彼!『LOTR』『ホビット』の原作者“トールキン”の魅力を知る, 『ロード・オブ・ザ・リング』や『ホビット』三部作として映画化された、小説「指輪物語」と「ホビットの冒険」の作者、J.R.R・トールキン。いまのファンタ…, “モフモフ”ネコに詐欺師、美しき貴族まで!名優イアン・マッケランの演技に酔いしれたい<写真20点>, 近年では、「X-MEN」シリーズのマグニートー役や「ロード・オブ・ザ・リング」「ホビット」シリーズの魔法使いガンダルフ役などで人気を博す英国の名優、イ…, “初代バチェロレッテ”福田萌子が番組参加を決めたワケ「プライベートをさらけだすのは勇気がいること」, ハイレベルな美人コスプレイヤー20選!大ヒット作と2017年の「TGS」を振り返る, 美人コスプレイヤー20連発!魅力あふれるヒロインと2016年の「TGS」をプレイバック, 会社概要│ 発売中 トーリンたちはエレボールでスマウグと対決するが、彼の怒りを買い、エスガロスが襲われる原因を作ってしまう衝撃的な結末を迎えた第二部。第三部では、人間とエルフ、ドワーフの同盟軍がオークの大軍と壮絶な戦争を繰り広げる“五軍の合戦”が中心に。また、アーケン石を発見したビルボは、トーリンが財宝に目がくらみ、執着するのを見て、彼に石を渡すべきではないと判断するが…。 Copyright © MOVIE WALKER Co., Ltd. All Rights Reserved. プライバシーポリシー│ エルフとドワーフがついに激突!? 【ホンシェルジュ】 世界的にヒットした映画「ロード・オブ・ザ・リング」の前日譚となる『ホビットの冒険』。児童文学という枠を超えて、多くの読者を魅了してきました。この記事では登場人物やあらすじを紹介しつつ、作品の魅力を解説していきます。 世界的にヒットした映画「ロード・オブ・ザ・リング」の前日譚となる『ホビットの冒険』。児童文学という枠を超えて、多くの読者を魅了してきました。この記事では登場人物やあらすじを紹介しつつ、作品の魅力を解説していきます。, 1937年に刊行された児童文学『ホビットの冒険』。イギリスの作家J・R・R・トールキンの作品です。トールキンは大ヒット映画「ロード・オブ・ザ・リング」の原作『指輪物語』の作者として知られていますが、『ホビットの冒険』は『指輪物語』の前日譚にあたります。, 物語の舞台は、「中つ国(Middle-earth)」と呼ばれる世界。古代ギリシャの哲学者プラトンが著書のなかに記した、伝説の島「アトランティス」が崩壊した後にあたる時代だとされています。トールキンは物語の世界観を細部まで練ることで有名で、「中つ国」においても登場人物の系図や言語、文字、暦、歴史などを含む完璧な神話体系を作りあげました。, 続編である『指輪物語』が刊行されることが決まると、整合性をとるために『ホビットの冒険』はたびたび改訂。日本では、1965年以降に翻訳本が刊行されています。また2012年から2014年にかけて、3回に分けて映画化がされました。, 『ホビットの冒険』の主人公。「一つの指輪」を発見し、指輪の所持者となる人物です。ホビット村で平穏な独身生活を送っていましたが、ガンダルフの計画によって、「忍びの者」としてトーリン率いる13人のドワーフに雇われることになります。そして竜のスマウグに奪われた「はなれ山」の財宝を奪回するため、ドワーフたちの遠征に参加するのです。, ちなみに「ホビット」とは、身長1メートルたらずの小人族のこと。よく耕された土地と穏やかな暮らしを好み、何よりも食べることを愛しています。丘や斜面に居心地のよい横穴式の住居を作って暮らしていて、水と高いところが苦手です。, 「灰色のガンダルフ」として知られる老人の魔法使いです。長くて先のとんがった青い帽子をかぶり、灰色の長いマント、銀色のスカーフを巻いています。「中つ国」では自分の家を持たず放浪を続け、困窮する人たちに手を差し伸べて多くの人々を苦境から救っていました。市井の者からは信頼を集める一方で、統治者などからはしばしば反感を買っています。, ビルボを連れて、竜のスマウグから「はなれ山」の財宝を奪回するための冒険に旅立つドワーフたちの首長です。銀の房のついた青色の頭巾をかぶり、首には金の鎖をかけています。ドワーフ七氏族の最長老一族の王で、非常に誇り高い性格。頑固で、時には高慢な態度をとることもあります。, 「ドワーフ」は、山や岩を好み、炭坑技術に優れている種族です。ホビットよりは大きく、人間より小さい体格。金銀宝石が大好きで、細工や鉄工も得意。戦いでは主に斧や剣を使います。, エルフと人間の間に生まれた半エルフ。「はなれ山」へ遠征する途上のトーリンたちを館に迎え、休息と助言を与えてくれました。トーリンたちのスマウグへの復讐や、山の下にある王国の奪回については不本意に思っていましたが、竜を強く憎んでいること、そして谷間の国の荒廃を問題視していたことから、彼らに協力することを決めたのです。, 「エルフ」とは、森や星を愛する美しい種族のこと。外見は人間に似ていますが、男も女も非常に美しく、身長は人間と同じか少し高めです。肌の色は薄め、髪の毛は氏族によって異なりますが、主に黒・金・銀などの色をしています。肉体的にも精神的にも強靭かつ繊細、病気にかかることもなければ、寿命もありません。, ホビット村に住むビルボ・バギンズのもとへ、魔法使のガンダルフがやってきました。ガンダルフは、一緒に冒険に行ってくれる仲間を探していたのですが、ビルボは厄介事が嫌いなため、他の土地で探すようにと断ります。, しかし次の日、ガンダルフは13人のドワーフを連れて再びやって来るのです。ドワーフたちは高貴な血筋を引く一党で、首長のトーリンは「はなれ山」の下にある王国の王の子孫。竜によって奪われた「はなれ山」を奪還するための旅に出るという彼らの意志の強さを知り、当初は拒否していたビルボも旅をすることを決めます。, 東を目指す一行。しかし追手と戦っている最中に、ビルボだけがはぐれてしまいました。道に迷い、暗闇のなかを進んでいる途中、不思議な指輪を拾います。その指輪は、地底湖で出会ったゴクリという生き物の持ち物。ビルボはゴクリの独り言から指輪に特別な力があると知り、そのまま盗んでしまうのです。, なんとかドワーフたちと再会したビルボ。その後は、指輪の力を使って何度もピンチを切り抜けます。そしてようやく「はなれ山」に辿り着き、一行は秘密の入り口を見つけ出しました。そして宝の山に寝そべる竜スマウグを発見し、力をあわせて倒すことに成功します。, しかし、遠征によって被害が出た湖の町の人々と、同様に財宝を求めたエルフたちも「はなれ山」にやって来ます。トーリンは彼らの要求を退け、戦う構えを見せました。和解の道を探したビルボは裏切り者とみなされ、追放されてしまうのです。, さらに、財宝を奪うことに成功したトーリンたち、財宝の分け前を要求する湖の町の人々、エルフたちが対峙している隙をみて、スマウグが死んだことを聞きつけた「オーク」と「ワーク」という種族が襲来。新たな戦いが始まることになります。, 『指輪物語』は『ホビットの冒険』の続編。1937年から1949年という長い時間をかけて執筆され、1954年から全3巻が刊行されました。, 物語の舞台は『ホビットの冒険』と同じく、「中つ国」。人間、ホビット、エルフ、ドワーフ、オーク、トロルなどが住む架空の世界です。, かつて悪の冥王サウロンは、すべてを支配するという「一つの指輪」を作りました。指輪を使って「中つ国」を支配しようとしましたが失敗し、サウロンは指輪と肉体を失います。しかしその精神は滅びることはなく、完全復活を目指して世界を漂流していました。サウロンの復活を防ぐ方法はただひとつ、「一つの指輪」を完全に破壊することです。, 偶然か必然か、指輪はホビット族の青年フロドの手に渡ります。危険な任務を引き受けることになったフロドは、悩みながらも、辛く苦しい冒険の旅に出ることを決意しました。長い旅のなかで9人の仲間と出会い、心を通わせますが、彼らには多くの困難と苦しみが待ち受けているのです。, 1937年に初版が刊行された『ホビットの冒険』。この成功にともない、作者のトールキンは、出版社から続編の執筆を依頼されます。これが後の大ヒット作となる『指輪物語』です。, 『指輪物語』の執筆が始まると、物語の整合性を図るために、トールキンは何度か『ホビットの冒険』の改訂をおこなっています。, 1951年の第2版では、重要な改訂がなされました。初版では、ゴクリが魔法の指輪を自らビルボにプレゼントし、仲良く2人が別れるシーン。第2版では、「指輪の抗しがたい魔力」という新しいアイデアを反映させるため、ゴクリがビルボに対して攻撃的になり、指輪を失くすと取り乱すように描かれているのです。, トールキンは1960年にも新たな改訂作業に取り掛かりましたが、こちらは第3章までいったところで作業を放棄しています。, 書籍が大ヒットした『ホビットの冒険』ですが、2012年から2014年にかけて映画化もされています。映画は三部作で、それぞれ第一部が「ホビット 思いがけない冒険」、第二部が「ホビット 竜に奪われた王国」、第三部が「ホビット 決戦のゆくえ」というタイトルです。, 『ホビットの冒険』や『指輪物語』には、原作には描かれておらず、映画で初めて登場するキャラクターが何人かいます。エルフ族の王子、レゴラスもそのひとりです。闇の森にあるエルフ王国の王スランドゥイルの息子で、映画ではオーランド・ブルームが演じたことで話題になりました。, 優雅で素早いレゴラスは、道に迷って蜘蛛に襲われていたトーリンの一行を捕まえます。この時、ドワーフに対して強い侮蔑を示している様子が描かれました。同じく原作には登場しないタウリエルへの恋心や、ドワーフたちへの複雑な思いなど、若さゆえの感情が繊細に表現されているのが魅力でしょう。, また第三部の名場面、五軍の合戦では、弓矢を使って数多くのオークを仕留める大活躍をしています。原作と映画、どちらもそれぞれのよさがあるので、ぜひ両方楽しんでみてください。. 『ロード・オブ・ザ・リング』3部作のピーター・ジャクソン監督が、同シリーズの60年前を舞台にした小説「ホビットの冒険」の実写化に挑んだアドベンチャー大作。凶悪なドラゴンに占拠されたドワーフの王国を奪還する旅に出たホビット族の青年ビルボや魔法使いガンダルフの一行が、さまざまな戦いを経て強大な力を秘めた指輪と対峙(たいじ)する姿を壮大なスケールで映し出す。ガンダルフにふんするイアン・マッケランやイライジャ・ウッド、ケイト・ブランシェットら、『ロード・オブ・ザ・リング』3部作のキャストとキャラクターも再登場する。, ホビット族のビルボ・バギンズ(マーティン・フリーマン)は、魔法使いのガンダルフ(イアン・マッケラン)から思わぬ旅の誘いを受ける。それは、ドラゴンに乗っ取られたドワーフの王国を奪取するというものだった。ドワーフの戦士トーリン(リチャード・アーミティッジ)が率いる13人のドワーフたちと、最初の目的地“はなれ山”を目指してワーグ、オークといった怪物や魔術師がひしめく荒野を進んでいくビルボ。そんな中、ゴブリンが巣食うトンネルに入っていった彼は、そこでゴラム(アンディ・サーキス)という醜悪な化け物と出会う。, J・R・R・トールキンが創った原作小説「ホビット」を、ピーター・ジャクソン監督が創った「ロード・オブ・ザ・リング」3部作の「様式」で描くとこうなる。まずは、これが監督のコンセプトに違いない。, なので、観客は3部作で訪れたあの世界を再訪することになるのだが、しかし世界がまったく同じわけではないところがポイント。時代は3部作よりも前。まだ“滅び”の影はこれから忍び寄ろうとしているところで、世界に差す光は、夕暮れではなく朝焼けの光。エルフはどこまでも優美端麗、ドワーフはあくまでも勇猛果敢。回想シーンも含め、世界もその住民も“滅び行くもの”ではなかった頃の姿が描かれていくのだ。, そして、監督のコンセプトはもうひとつ。当初は2部作だった本作が3部作になった真の理由もここにある。いくつかの重要なシーンで、映像の構図が「ロード・オブ・ザ・リング」3部作にそっくりなのだ。監督は、この作品を「ロード・オブ・ザ・リング」3部作と対になる形で描くのに違いない。それゆえ3部作にしなければならなかったのだ。原作には登場しない登場人物の起用もそのため。そして「ホビット」3部作が完成し、2つの3部作を並べて見たときに、初めてひとつの大きな作品が見えてくるのに違いない。そんな長旅が、また始まってしまったとは。しかし、そういうことなら付いていくしかないと靴紐を締め直す、そんな作品になっている。, 蛇足だが、ゴブリンの地下帝国の巨大空間での逃走劇を映し出すフレームの、上下左右だけではない手前や奥への自在な動きと速度は、一見の価値あり。3D空間の演出の進化と可能性を実感できる。(平沢薫), 「Yahoo!映画」はYahoo! 【ホンシェルジュ】 世界的にヒットした映画「ロード・オブ・ザ・リング」の前日譚となる『ホビットの冒険』。児童文学という枠を超えて、多くの読者を魅了してきました。この記事では登場人物やあらすじを紹介しつつ、作品の魅力を解説していきます。 オーク軍の勢いに圧倒され、じりじりと劣勢になる自由の民たち。ダインたちドワーフ軍もエレボールの入口付近に追い詰められてしまう。その時、正気を取り戻したトーリンが仲間を率いて登場し、士気を取り戻したダインたちもそれに続いて敵兵に飛び込んでいく。ここからは未公開シーンのオンパレードに。 『ホビット』“エクステンデッド版”より未公開シーンを解説…トーリンとスラインの親子愛、pjのセンスが光る五軍の合戦など 2020年9月27日 13:00 『ホビット 決戦のゆくえ』 ホビットのビルボ・バギンズが13人のドワーフと竜退治の冒険へ出る「ホビット」三部作のエクステンデッド版を解説(『ホビット 思いがけない冒険』) [c] 2012 Warner … 価格:Blu-ray 2,381円+税、DVD 1,429円+税 続いて、両手足が得物に改造され、頭部に座るオークに操られたトロルが登場。これに対処するため、ノーリとグローインが盾を使って段差を作り、助走してきたボフールが勢いよく駆け上がって、トロルに飛び乗り、オークから操縦席を奪い取るというアクロバティックなアクションも披露してくれる。 TM Saul Zaentz Co. トーリンたちの加勢で勢いを取り戻すが、依然敵の数は多く、状況を打破するにはいたらない。そこで、軍を指揮するアゾグを倒すため、トーリンとキーリ、その兄フィーリ(ディーン・オゴーマン)、グローインが山羊に乗って敵陣営へ向かって行く。エクステンデッド版ではここの経緯も変更され、本作でも屈指の盛り上がりシーンになっている。 ■『ホビット 決戦のゆくえ』 冒頭でのバルドとスマウグの死闘や、ガンダルフを助けに来たガラドリエル(ケイト・ブランシェット)とエルロンド、白のサルマン(クリストファー・リー)が、ナズグルやサウロンを退ける場面でも未公開シーンを確認できるが、その多くは五軍の合戦の描写に割かれている。, 正当な分け前を要求するバルドらエスガロスの人々と、スランドゥイル率いるエルフ軍を前に、エルボールに立てこもるトーリンたち。ビルボはアーケン石をスランドゥイルとバルドに渡したことで、トーリンに殺されそうになるが、ほかのドワーフたちの助けで脱出する。そして、トーリンが要請したくろがね連山のダイン(ビリー・コノリー)とドワーフ軍も到着。エルフと人間、ドワーフはいがみ合いの状態になるが、オーク軍が現れたことで休戦し、共同戦線を張ることにする。, エクステンデッド版では、共闘する前のエルフ軍とドワーフ軍による戦いも描かれている。ダインの号令で山羊隊が飛び出すのを見て、スランドゥイルは弓隊に合図を送り、矢の雨で応酬。しかし、ドワーフ軍から“羽根車”と呼ばれる対弓兵器が射出され、飛んでくる矢やエルフの兵士も吹き飛ばしてしまう。そのまま、エルフ軍の陣営に山羊隊が突っ込み、激しい戦闘が繰り広げられたところへ、地中からオーク軍が出現する流れになっている。, ボンブールの無双ぶりとコミカルなボフール ©The Asahi Shimbun Company / VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved. 『ホビット』( The Hobbit )は、2012年から2014年にかけて公開されたニュージーランド・アメリカ合作のファンタジー映画。 J・R・R・トールキン による児童小説『 ホビットの冒険 』を原作とし、3部作として公開された。 Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved. 価格:1,429円+税 [c] 2012 Warner Bros. Ent. シリーズ完結編である『ホビット 決戦のゆくえ』のエクステンデット・エディションのBlu-rayが11月25日に発売決定! それに先駆けて『ロード・オブ・ザ・リング』『ホビット』の計6作品について、様々な角度から解説をしていきたいと思います! 世界大百科事典 第2版 - ホビットの用語解説 - 1936年から書きすすめられ,《旅の仲間》《二つの塔》(ともに1954),《王の帰還》(1955)の3部からなる。恐るべき闇の力を秘めた黄金の指輪を手に入れた小人族ホビットの一人フロドとその仲間たちが,魔法使いや妖精,巨木の精などに助 … 仏教用語。仏道修行に励まないこと。怠りなまけること。六大煩悩の一つあるいは二十随煩悩の一つとして数えられる。... 「コトバンク」は朝日新聞社の登録商標です。「コトバンク」のサイトの著作権は(株)朝日新聞社及び(株)VOYAGE MARKETINGに帰属します。 このほか、バルコニーで佇むビルボにエルロンドが近づき、「なぜ仲間といないのだ?」と尋ね、ビルボが「仲間と思われていないから」と答える、2人の会話シーンも追加。ドワーフの仲間になれず、どこか疎外感を感じているビルボに同情し、エルロンドが「もし、ここに留まりたいなら、いつまでもいるがよい」と優しく声をかけている。, 意外に博識な大ゴブリン J・R・R・トールキン原作のファンタジー小説を鬼才ピーター・ジャクソンが映画化した「ホビット」三部作。「ロード・オブ・ザ・リング」三部作の前日譚にあたり、ホビット族の青年が13人のドワーフと共に壮大な冒険へ旅立つ物語だ。これらのシリーズ6作には、劇場公開版に未公開シーンを加えて再編集した“エクステンデッド版”が存在し、WOWOWとWOWOWオンデマンドで放送&配信する特集が展開中。この記事では「ホビット」にフォーカスし、作品をより楽しむことができる未公開シーンを紹介しながら見どころを解説してきたい。, 【写真を見る】イアン・マッケランが「ロード・オブ・ザ・リング」三部作に続いてガンダルフを演じる(『ホビット 思いがけない冒険』), 「ロード・オブ・ザ・リング」の60年前が舞台となる「ホビット」。主人公はフロド・バギンズ(イライジャ・ウッド)の伯父、ビルボ・バギンズ(マーティン・フリーマン)で、ホビット庄の袋小路屋敷で平和に暮らしていた彼のもとに、魔法使いの灰色のガンダルフ(イアン・マッケラン)がやって来るところから物語は始まる。ガンダルフの計画でビルボは、トーリン・オーケンシールド(リチャード・アーミティッジ)率いる13人のドワーフの一団に、“忍びの者”として雇われることに。眠っていた冒険心を呼び覚まされた彼は、邪悪な竜のスマウグ(ベネディクト・カンバーバッチ)に奪われたトーリンたちの故郷、はなれ山のエレボールと財宝を取り戻すため、様々な危険が待ち受ける冒険へと旅立つのだった。, 第一部『ホビット 思いがけない冒険』(12)は、111歳の誕生日を迎えるビルボ(イアン・ホルム)の語りで幕を開ける。トーリンの祖父、スロール王(ジェフリー・トーマス)の統治のもとで大きな繁栄を迎えていたエレボール。しかし、スロールが莫大な財宝やドワーフの王の証とされる“アーケン石”に執着したことから、その栄光に陰りが見え始める…。それがスマウグの襲来を呼び込むことになり、王国を滅亡させてしまう。, スマウグから逃げるトーリンらが、闇の森のエルフの王、スランドゥイル(リー・ペイス)に助けを求めるも、彼に見捨てられてしまう。ビルボの言葉で、スランドゥイルは仲間を失うことを恐れたと説明されているが、エクステンデッド版ではその理由がより明確に。エレボールが最盛期を迎えていた時に、スランドゥイルは“ラスガレンの白い宝石”という一族伝来の宝石を受け取るため、スロールに謁見。宝石の入った箱を差し出されるが、目の前で蓋を閉じられてしまう。以来、エレボールのドワーフと闇の森のエルフの交流は途絶えてしまったのだ。, 第三部『ホビット 決戦のゆくえ』(14)のメイキング映像によると、この宝石はスランドゥイルが妻のために、ドワーフに外注して制作したものと言われている。しかし、宝石の見事な出来栄えに、スロールは手放すのが惜しくなってしまったようだ。ちなみに、スランドゥイルに宝石箱を差し出すドワーフは、13人のドワーフの一人で、「ロード・オブ・ザ・リング」に登場するギムリの父、グローイン(ピーター・ハンブルトン)であることが確認できる。, ホビット庄を出発したビルボたちは、トロルと戦い、オークとワーグの襲撃も回避しながら、ガンダルフの導きでエルフが暮らす裂け谷へとたどり着く。ドワーフたちはエルフへの敵対心を示すが、領主のエルロンド卿(ヒューゴ・ウィービング)は彼らを歓迎する。, 裂け谷では、ドワーフたちの自由奔放さ、彼らと打ち解けられないビルボの心情などが未公開シーンで描かれている。宴会の席で、トーリンの甥キーリ(エイダン・ターナー)がハープを奏でるエルフの女性にウインク。それを見た屈強な戦士のドワーリン(グレアム・マクタビッシュ)が顔をしかめると、キーリは慌てて、「エルフ女なんて好みじゃない。顔に髭もないし」と弁明。続けて、「でも、あの子は悪くない」と別のエルフを指すが、グローインに「あれは男だ。バカ」とたしなめられてしまう。, お次も宴会シーンから。エルフの音楽に対して、「楽しい音楽に変えてくれ。葬式みたいに陰気だ」と文句を言うノーリ(ジェド・ブロフィー)。その言葉を聞いて、陽気な性格のボフール(ジェームズ・ネズビット)が「こうなりゃ歌うしかないぜ!」とテーブルの上に立ち、足踏みをしながら軽快に歌い始める。つられてほかのドワーフたちも歌ったり、食べ物を投げつけたりするなど、どんちゃん騒ぎになってしまう。, ドワーフの悪ふざけはまだまだ続き、劇場公開版でも観られる焚火のほか、裸になって噴水で水浴びまでする始末。そのような光景を見て、エルフのリンディア(ブレット・マッケンジー)がエルロンドに「(ドワーフたちは)いつまでここにいるのですか?」と不満をこぼしている。, 「ホビット」は「ロード・オブ・ザ・リング」とのつながりを強くするため、第二部『ホビット 竜に奪われた王国』(13)から登場するレゴラス(オーランド・ブルーム)など原作に出てこないキャラクターや設定が組み込まれている。ドワーフたちの騒ぎには参加せず、一人で裂け谷の「最後の憩」館を探索するビルボ。折れたナルシルの剣やイシルドゥアがサウロンから“一つの指輪”を奪った史実を描いた壁画を眺める場面など、エクステンデッド版でもそれらを確認することができる。, このほか、バルコニーで佇むビルボにエルロンドが近づき、「なぜ仲間といないのだ?」と尋ね、ビルボが「仲間と思われていないから」と答える、2人の会話シーンも追加。ドワーフの仲間になれず、どこか疎外感を感じているビルボに同情し、エルロンドが「もし、ここに留まりたいなら、いつまでもいるがよい」と優しく声をかけている。, ガンダルフを残し、裂け谷を旅立ったビルボとトーリンたち。霧ふり山脈を越える道中、洞窟で休憩していた一行は罠にはまり、ビルボを除く全員がゴブリンに捕まってしまう。巨大な地下洞窟にあるゴブリン町では、巨体の大ゴブリン(バリー・ハンフリーズ)が楽しそうに拷問の歌を歌い、配下のゴブリンを踏み台にするなど、傍若無人さが増している。一方で、ドワーフたちから押収した武器や持ち物の中に、手クセの悪いノーリが裂け谷から盗んできたと思われる食器などの家財道具を発見。部下から燭台を受け取った大ゴブリンが「第二紀か。なんの価値もない!」と言うなど、意外に博識な一面も描かれている。, 宿敵アゾグ(マヌー・ベネット)に追い詰められたトーリンをビルボが救い、真の友として旅の仲間に加わることができた。第二部では、蜘蛛やエルフに捕まったドワーフたちを助けだし、スマウグの住処にも単身潜り込むなど、ビルボが忍びの者としての真価を発揮していく。, ビルボたちが旅立つ前、トーリンとガンダルフはブリー村の「躍る小馬亭」で対面していた。ガンダルフがトーリンに、エレボールを取り戻すようにあと押しする場面だが、エクステンデッド版ではトーリンの父、スライン(アントニー・シャー)についても回想される。, モリアの復興を目指すドワーフたちが、オークとの壮絶な戦いを繰り広げた“ナンドゥヒリオンの合戦”。アゾグがスロールの首をはねたのを見て、仇を討とうとするトーリンをスラインが制止し、「息子を殺させはせん。お前はここにいろ」と自らが敵に向かっていく。第一部でも描かれたように、合戦はアゾグに深手を負わせたトーリンの活躍でドワーフの勝利となるが、スラインは消息不明になってしまう。, アゾグの追跡から逃れるため、大きなクマに変身できるビヨルン(ミカエル・パーシュブラント)の家へ避難するトーリンたち。ドワーフを嫌っているビヨルンだが、それ以上にアゾグやオークを憎んでいるため、トーリンたちに馬を貸し与えている。ビヨルンのシーンも追加されており、無断で家に泊まった一行が、朝になって大男の姿に戻った彼に自己紹介をするコミカルなやり取りが登場する。, 気難しいビヨルンを刺激しないように、ビルボだけを連れて庭に出るガンダルフ。ドワーフたちには、合図をしたら順番に出てくるように伝えていたのだが、ボフールの勘違いで、合図を待たずに次々とビヨルンの前に現れてしまう。このほか、ビヨルンがガンダルフに、ドル・グルドゥアの死人占い師(ネクロマンサー、ベネディクト・カンバーバッチ)や、ルダウアの塚に葬られているはずの死人(ナズグルのこと)についての情報を提供する姿も確認できる。, ビルボの活躍で闇の森を通り抜けることに成功した一行。川を下った先で、湖の町エスガロスの船頭、バルド(ルーク・エヴァンス)に出会い、彼を雇って町に入る手引きをしてもらう。エスガロスでは、バルドが民衆に慕われていることがよくわかるシーンが追加されている。, ドワーフを連れて市場に入るバルドだが、そこで衛兵に見つかり、呼び止められてしまう。ドワーフたちが衛兵を気絶させるが、続いて隊長のブラガ(マーク・ミッチンソン)が増員を連れて現れ、バルドを尋問。近辺を捜索されるが、一部始終を見ていた町民は知らないふりをして仕事を続け、気絶した兵士を隠す手伝いもしている。, ネクロマンサーのことが気がかりなガンダルフは、トーリンたちから離れ、ルダウアへ向かっていた。墓が暴かれていることを確認した彼は、ネクロマンサーを捜しにドル・グルドゥアへ歩を進める。ドル・グルドゥアにたどり着いたガンダルフは、アゾグの襲撃を受け、ネクロマンサーこと冥王サウロンの力に屈し、囚われの身となってしまう。, エクステンデッド版ではこの場面が大きく変わっており、ガンダルフとスラインの再会シーンが追加された。その姿はやせ細り、着ているものもボロボロで、かなりみすぼらしくなっているが、息子トーリンの名前を口にするなど、いまでも彼を気にかけていることがうかがえる。脱出できる道を探す2人だったが、そこへアゾグが襲来。ガンダルフの魔法でその場は切り抜けるが、続いてサウロンも出現し、「息子に愛していると伝えてくれ」と言い残したスラインを取り込んでしまう。息子に会えぬまま消滅するという悲しい展開だが、スラインからトーリンへの愛の深さを描いた印象的な場面となっている。, トーリンたちはエレボールでスマウグと対決するが、彼の怒りを買い、エスガロスが襲われる原因を作ってしまう衝撃的な結末を迎えた第二部。第三部では、人間とエルフ、ドワーフの同盟軍がオークの大軍と壮絶な戦争を繰り広げる“五軍の合戦”が中心に。また、アーケン石を発見したビルボは、トーリンが財宝に目がくらみ、執着するのを見て、彼に石を渡すべきではないと判断するが…。, 冒頭でのバルドとスマウグの死闘や、ガンダルフを助けに来たガラドリエル(ケイト・ブランシェット)とエルロンド、白のサルマン(クリストファー・リー)が、ナズグルやサウロンを退ける場面でも未公開シーンを確認できるが、その多くは五軍の合戦の描写に割かれている。, 正当な分け前を要求するバルドらエスガロスの人々と、スランドゥイル率いるエルフ軍を前に、エルボールに立てこもるトーリンたち。ビルボはアーケン石をスランドゥイルとバルドに渡したことで、トーリンに殺されそうになるが、ほかのドワーフたちの助けで脱出する。そして、トーリンが要請したくろがね連山のダイン(ビリー・コノリー)とドワーフ軍も到着。エルフと人間、ドワーフはいがみ合いの状態になるが、オーク軍が現れたことで休戦し、共同戦線を張ることにする。, エクステンデッド版では、共闘する前のエルフ軍とドワーフ軍による戦いも描かれている。ダインの号令で山羊隊が飛び出すのを見て、スランドゥイルは弓隊に合図を送り、矢の雨で応酬。しかし、ドワーフ軍から“羽根車”と呼ばれる対弓兵器が射出され、飛んでくる矢やエルフの兵士も吹き飛ばしてしまう。そのまま、エルフ軍の陣営に山羊隊が突っ込み、激しい戦闘が繰り広げられたところへ、地中からオーク軍が出現する流れになっている。, オーク軍の勢いに圧倒され、じりじりと劣勢になる自由の民たち。ダインたちドワーフ軍もエレボールの入口付近に追い詰められてしまう。その時、正気を取り戻したトーリンが仲間を率いて登場し、士気を取り戻したダインたちもそれに続いて敵兵に飛び込んでいく。ここからは未公開シーンのオンパレードに。, 肥満体系にもかかわらず、身軽な動きを見せるボンブール(スティーブン・ハンター)。ジャンプをしてドロップキックをしたり、敵にのしかかったり、モーニングスターを振り回すといった無双ぶりを発揮している。彼の兄弟ボフールの活躍も目立ち、オークの剣を受け止め身動きができないノーリを助けるため、斧を敵の眉間に向けて遠投。お次はノーリの異父弟にあたるオーリ(アダム・ブラウン)がピンチで、同じ斧を今度はノーリが投げて弟を救出し、最後にその斧をオーリがボフールに投げ返す形で最初の位置に戻ってくるのだが、オークではなくボフールめがけて飛んでいき、間一髪のところで彼がキャッチするという遊び心あふれるシーンになっている。, 続いて、両手足が得物に改造され、頭部に座るオークに操られたトロルが登場。これに対処するため、ノーリとグローインが盾を使って段差を作り、助走してきたボフールが勢いよく駆け上がって、トロルに飛び乗り、オークから操縦席を奪い取るというアクロバティックなアクションも披露してくれる。, トーリンたちの加勢で勢いを取り戻すが、依然敵の数は多く、状況を打破するにはいたらない。そこで、軍を指揮するアゾグを倒すため、トーリンとキーリ、その兄フィーリ(ディーン・オゴーマン)、グローインが山羊に乗って敵陣営へ向かって行く。エクステンデッド版ではここの経緯も変更され、本作でも屈指の盛り上がりシーンになっている。, トーリンが山羊に跨って先陣を切るのは同じだが、後ろに続くのは6頭の山羊が引く戦車とそれに乗り込んだキーリとフィーリ、グローインと彼の兄で参謀役のバーリン(ケン・ストット)の4人。敵軍に突撃し、次々と敵兵を屠っていくが、集団を抜けたところで、トロルの攻撃に遭い、戦車はトーリンからはぐれて凍った川を進むことに。, トロルの猛攻は続くが、先ほどのトロルを操縦するボフールが現れ、これを撃破。しかし今度は、オークとワーグに追われることになり、弩砲(バリスタ)で応戦するも、山羊が1頭ずつワーグに襲われ、残りが3頭になってしまう。このままでは追いつかれてしまうと判断したバーリンが、グローインたちに引き綱を切り、山羊に乗って進むように指示し、老齢の彼は戦車に残る決断をする。, これらの戦車が疾走するシーンは、車輪に設置された刃物がオークやトロルの首や手足を切断し、ワーグの体もズタズタにするなど、血しぶきが舞うスプラッターな内容になっている。デビュー当初は、スプラッター・ホラーの映画で注目されてきたジャクソン監督だけに、そのころの映像センスを感じさせる。, ラダガストとビヨルン、鷲たちの援軍もあり、オーク軍を撃破し、戦いには勝利した。しかし、キーリとフィーリは討ち死にし、アゾグを倒したトーリンも深手を負い、ビルボに見守られながら絶命する。トーリンたち3人の葬儀も未公開シーンで確認できる。アーケン石を手に横たわるトーリンと、その両脇で眠るキーリとフィーリ。3人の間をゆっくりと歩くビルボやドワーフたちの姿が映しだされ、悲しみと悔しさが入り混じった表情からも、悲痛さが伝わってくる。その後、エレボールの領主としてダインが選ばれ、王となった彼がドワーフたちに称えられる場面も追加されている。, この記事で紹介した未公開シーンは一部でしかなく、まだまだ楽しいアイデアに満ちた登場人物たちのかけ合いやアクションシーンがエクステンデッド版には収録されている。劇場公開版を観た時とは印象も変わってくるはずなので、まだ観たことがない人はぜひチェックしてみてほしい。, 松雪泰子、『甘いお酒でうがい』でときめいたシソンヌじろうの脚本「なぜこんなに女性的な感性がわかるのだろう」, 美人レイヤーの競演を満喫!2019年の「TGS」を沸かせたハイレベル・コスプレイヤー20選. 広告掲載│ ホビット3部決戦のゆくえ 種族や登場人物簡単解説; ホビット第3部 決戦のゆくえ 動画や情報を集めてみた!その1; 本日 ホビット3部「決戦のゆくえ」ワールドプレミア・ネット中継!! ホビット第3部 最後のトレーラー本日深夜(明日早朝)公開予定! お問い合わせ. 文/平尾嘉浩(トライワークス), ■『ホビット 思いがけない冒険』 映画『ホビット 思いがけない冒険』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。 この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。 特定個人情報の適正な取扱いに関する基本方針│ 戦車に乗って戦うドワーフ 発売・販売元は、すべてワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント, これこそが『ロード・オブ・ザ・リング』の完成形!“エクステンデッド版”より合計120分(!)超えの未公開シーンを解説, J・R・R・トールキン原作の世界的ベストセラーを鬼才ピーター・ジャクソン監督が映画化した「ロード・オブ・ザ・リング」三部作。各作品の上映時間が約3時間…, 「ロード・オブ・ザ・リング」キャストの“いま”を追う!映画会社設立、80歳を超えても現役…監督に挑戦も!, 大好きな作品や大ヒット作の出演者たちは、ほかにどんな活躍をしているのか?そんな疑問に答えるこの企画。今回は、J・R・R・トールキンによる歴史的ベストセ…, 凛々しき演技派女優は“代表作”だらけ!批評家が選ぶ、ケイト・ブランシェットの“フレッシュ”10選, ウェス・アンダーソン監督やジム・ジャームッシュ監督といった通好みの監督から、スティーヴン・スピルバーグ監督やデヴィッド・フィンチャー監督などのヒットメ…, RPGの基礎を築いたのも彼!『LOTR』『ホビット』の原作者“トールキン”の魅力を知る, 『ロード・オブ・ザ・リング』や『ホビット』三部作として映画化された、小説「指輪物語」と「ホビットの冒険」の作者、J.R.R・トールキン。いまのファンタ…, “モフモフ”ネコに詐欺師、美しき貴族まで!名優イアン・マッケランの演技に酔いしれたい<写真20点>, 近年では、「X-MEN」シリーズのマグニートー役や「ロード・オブ・ザ・リング」「ホビット」シリーズの魔法使いガンダルフ役などで人気を博す英国の名優、イ…, “初代バチェロレッテ”福田萌子が番組参加を決めたワケ「プライベートをさらけだすのは勇気がいること」, ハイレベルな美人コスプレイヤー20選!大ヒット作と2017年の「TGS」を振り返る, 美人コスプレイヤー20連発!魅力あふれるヒロインと2016年の「TGS」をプレイバック, 会社概要│ 価格:1,429円+税 児童書は子どもだけが読むお話とは限りません。なかには、大人も楽しめる秘密があります。それは児童書が、端的に「生きること」や「人生について」解りやすく語りかけてくれるところです。大人になってこそ読みたい、そんな児童書をご... 三代目 J SOUL BROTHERSファンは必見の映画、『空に住む』が2020年10月に公開。主題歌『空に住む~Living in your sky~』の世界観をもとにした小説が原作です。メンバーである岩田剛典も出演... 様々な役柄を演じ分ける間宮祥太朗は、実力派俳優と高く評価されています。数多い出演作品のなかでも原作付きの作品が多いのが特徴。間宮祥太朗が演じると、強烈な個性を持った登場人物が現実に存在しているかのように感じられます。こ... 2020年4月10日、この世を去った日本が誇る映像の魔術師・大林宣彦。余命宣告を受けてもなお、最期まで映画監督として生き抜きました。その生きざまは多くのクリエーターに影響を与え続けています。そんな大林作品からおすすめを... ファブリーズのCMでの注目後、さまざまな役柄を経験し、俳優としての実力をつけてきた高杉真宙。テレビドラマ『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』では、切なすぎる犯罪者の演技が高く評価されました。この記事では彼がテレビドラマや映... 黒木華は自然な顔立ちと不思議なオーラで人を惹きつける女優です。テレビドラマや映画に出演し、数々の賞をもらっている高い演技力の持ち主。映画『小さいおうち』ではベルリン国際映画祭で最優秀女優賞にあたる銀熊賞を受賞し、その評... 星野源は圧倒的な人気を誇るアーティストです。テレビドラマはもちろん、映画にも出演する俳優としても幅広く活躍しています。特に代表作『逃げるは恥だが役に立つ』の「恋ダンス」は社会現象にもなりました。この記事ではそんな星野源... ホンシェルジュはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。. 戦記小説とは、大軍と大軍がぶつかり、知略を巡らせる戦いが楽しめる歴史小説などで多く見られる形式の一つですが、ライトノベルにも戦記ものは存在します。主に異世界を取り扱った架空戦記物が多く、そこに剣と魔法が絡み合うのが魅力... 幻想的で妖しい雰囲気が漂うダークファンタジーの世界。悲劇や残酷さに満ちた世界観に魅せられる人も多いはず。今回はその中でおすすめの人気作をランキング形式で紹介いたします。, 魔法使いがいたり、異世界を冒険したり、日常ではありえない非日常を描くファンタジー。世界的に有名なものならだれもがご存知かもしれませんが、今回は日本が誇るファンタジー小説について難易度別にご紹介いたします。. Copyright© dely, Inc. All Rights Reserved. 第一部『ホビット 思いがけない冒険』(12)は、111歳の誕生日を迎えるビルボ(イアン・ホルム)の語りで幕を開ける。トーリンの祖父、スロール王(ジェフリー・トーマス)の統治のもとで大きな繁栄を迎えていたエレボール。しかし、スロールが莫大な財宝やドワーフの王の証とされる“アーケン石”に執着したことから、その栄光に陰りが見え始める…。それがスマウグの襲来を呼び込むことになり、王国を滅亡させてしまう。 (C)2012 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. 発売中 お次も宴会シーンから。エルフの音楽に対して、「楽しい音楽に変えてくれ。葬式みたいに陰気だ」と文句を言うノーリ(ジェド・ブロフィー)。その言葉を聞いて、陽気な性格のボフール(ジェームズ・ネズビット)が「こうなりゃ歌うしかないぜ!」とテーブルの上に立ち、足踏みをしながら軽快に歌い始める。つられてほかのドワーフたちも歌ったり、食べ物を投げつけたりするなど、どんちゃん騒ぎになってしまう。 特定個人情報の適正な取扱いに関する基本方針│

最近のこと 英語, 誤飲 いつ 出てくる, 函館 どんぐり パン, インフルエンザ 国別, アナウィンター 娘, 東急ハンズ渋谷 マスク, 日航機墜落事故 横田基地, インフルエンザ 感染者数 世界, ツイッター 賢い使い方, 献血 きめ つの や い ば, 美食探偵 ココ ネタバレ, 内外製薬 ケロリン, 色々 教えてくれてありがとう ござい ます, エヴァンゲリオン クリスタル, 中嶋朋子 若い頃, 革新 類語, Songs Archive, 最後のシ者 予告, Crisis 日本語, インフルエンザ 風邪薬 熱下がる, Safari 画像 一部 表示されない,

Posted on 2020-10-25 | Posted in 未分類 | No Comments »

Related Posts

 

Comment





Comment