未分類

ホトトギス 漢字

ホトトギス(杜鵑、学名: Cuculus poliocephalus )は、カッコウ目・カッコウ科に分類される鳥類の一種。 特徴的な鳴き声と ウグイス などに 托卵 する習性で知られている(「ホトトギス目ホトトギス科」と書かれることもあるが、カッコウ目カッコウ科と同じものである)。 © Shogakukan Inc. 2020 All rights reserved. 多くの文学作品などに登場する『不如帰』の読み方を知っていますか?不如帰の正しい読み方や漢字の由来について紹介します。多数ある不如帰以外の表記や不如帰がタイトルの小説や映画にも触れるので、この機会に不如帰についての知識をより深めましょう。, 読み方が分からない人もいるかもしれませんが、不如帰は日本人になじみ深い鳥の名前です。不如帰の読み方やどのような鳥なのかを紹介します。, 不如帰は『ホトトギス』と読みます。当て字であるため、知らないと正しく読めないことが多いでしょう。『ふじょき』と読むこともあります。, ホトトギスは、別の漢字表記ではないかと思う人もいるでしょう。実は、ホトトギスには複数の漢字表記があるのです。代表的なものは、『時鳥』『子規』『杜鵑』『郭公』『杜魂』『蜀魂』などになります。, ホトトギスは、全長が28cmほどの夏鳥です。中国・インド・アフリカなど広範囲に生息していますが、5月ごろになると日本に渡来します。, 頭部から背中にかけては少し青みがかった濃い灰色で、胸部から腹部にかけては白色です。胸部と腹部の黒い横しまや目の周りの黄色いアイリングが特徴です。『かっこう』とよく似た体形や色彩をしていることでも知られています。, ホトトギスは、ウグイスが生息している森林やその周辺の草木が生い茂っているやぶなどで見られます。巣を作らず、ウグイスの巣に卵を産み、育ててもらう『托卵』という習性があるためです。秋ごろになり繁殖を終えると、日本を離れて越冬のため南に向かいます。, 不如帰は万葉集にも登場するほか、数多くの俳句や短歌に用いられています。具体的にどのように使われているのか見ていきましょう。, 初夏に日本に渡来してくるホトトギスは、古くから初夏の風物詩として捉えられていました。そのため、初夏の季語として数多くの俳句や短歌に登場しています。, 江戸時代の俳人である山口素堂の句に、『目には青葉 山ほととぎす 初鰹』があります。江戸の人々が、初夏を感じていた物を詠んだ句です。初夏のみずみずしい木々を眺め、ホトトギスの鳴き声を聞きながら、旬のカツオを堪能していたのかもしれません。, 万葉集に収められている歌に、『鶯の生卵の中に霍公鳥 独り生れて 己が父に 似ては鳴かず 己が母に 似ては鳴かず…』という一文があります。霍公鳥は、ホトトギスの漢字表記の一つです。托卵のため、誕生したヒナが父母のようには鳴かない様子を詠んでいます。, 数えきれないほどの文学作品に登場するホトトギスですが、広く知られているのが戦国三英傑を詠んだ三つの句でしょう。, 三英傑それぞれの人間性や天下統一への戦略の特徴を表現しています。短気で残忍な信長、努力家で要領がいい秀吉、保守的で忍耐強い家康というのがイメージでしょう。, これらの句は、平戸藩第9代目藩主である松浦静山の随筆『甲子夜話(かっしやわ)』に出てきます。20年間にわたり書き続けられた278巻もある『甲子夜話』は、江戸時代を代表する随筆の一つです。, 中国の故事に由来がある不如帰は、縁起がよくないといわれることもあります。どのような由来があるのでしょうか?, 不如帰は、『帰るに如しかず(かえりたい)』という意味で、中国の故事に由来があります。, 古代中国の蜀の望帝・杜宇が、家来の妻と不貞を働いたために退位させられます。望帝は不徳を恥じ国を逃れたものの、その後復位を望みますが叶わずに亡くなり、ホトトギスに姿を変えて『不如帰(かえりたい)』と泣いたというのがストーリーです。, 国に帰りたいけれど帰れなかった望帝の悲しく不幸な人生が、縁起がよくないとされる理由の一つです。盛唐以降の漢詩にはホトトギスが頻繁に登場し、望郷の念を募らせる鳥として詠まれています。, ホトトギスの鳴き声は、『テッペンカケタカ』や『トッキョキョカキョク』などと表現されることがあり、鋭くせわしないのが特徴です。大きな声で激しく鳴くことが多いため、ホトトギスの鳴き声を真似ると血を吐くといった迷信もありました。, また、ホトトギスの口の中が真っ赤なことも、血を吐くと言われるようになった要因の一つです。, 夜間に強烈に鳴き続けることもあり、人々は尋常じゃない様子に恐ろしさを抱くこともあったようです。夜に鳴くことや、鳴き声がするものの姿が見えないことなどから、冥土に通う鳥ともいわれ、縁起が悪いとされる不如帰という表記が当てられたとされています。, 明治・大正時代の作家である徳冨蘆花が知られるようになった作品が、1898年に出版された長編小説『不如帰』です。元々、新聞に連載されていたものが出版され、再販されるほどのベストセラーとなりました。小説のあらすじや小説を元にした映画について紹介します。, 海軍少尉の武男と結婚した浪子は、幸せに満ちた新婚生活を過ごしていましたが、浪子が肺病を患ったことで状況が一変します。療養のため逗子で過ごしていましたが、武男が軍務で長期不在中に義母によって離縁させられてしまうのです。, 自宅に戻った武男は激しく怒り家を出ますが、日清戦争が始まり浪子との再会を果たせないまま戦地へ向かいます。重症を負ったものの一命を取り留め帰宅した武男は、浪子のことが忘れられずにいました。, ある日、京都駅で神戸行きの列車に乗っていた武男と東京行きの列車に乗っていた浪子は、偶然にもお互いを見かけます。数秒でも再会できた嬉しい瞬間でしたが、これが永遠の別れとなってしまう、というのが大まかなあらすじです。, 1910年以降、小説を元にした映画が何度も制作されています。58年に公開された映画には、現在もドラマなどに出演している大空真弓や、数多くの本の出版も手掛けた丹波哲郎などが出演しています。, 美しくもはかない悲恋物語だけでなく、戦時中という時代背景や古くからの風習などが盛り込まれているのも見どころです。何度も映画化された背景には、昼メロドラマのようなストーリー展開に心を揺さぶられる人が多かったからかもしれません。, 不如帰以外で使われている代表的な漢字表記には、『時鳥』と『子規』があります。それぞれの表記の由来について紹介します。, ホトトギスというと、不如帰よりも『時鳥』という表記を思い浮かべる人が多いかもしれません。日本にホトトギスが渡来する時期は、田植えを開始する時期でもあります。ホトトギスは毎年同じ時期に渡来するため、『田植えの時期の到来を告げる鳥』という意味で時鳥と表記されたのです。, 古今和歌集には、『いくばくの 田を作ればか 時鳥 しでの田長(たをさ)を 朝な朝な鳴く』という一首が残されています。ホトトギスが田植えを監督する田長に早急に田植えを開始するように鳴いているという意味です。, 子規というと、日本を代表する文学者の一人である正岡子規を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか?子規はペンネームで、ホトトギスの漢字表記の一つなのです。, 子規は、ホトトギスを意味する漢語で、ホトトギスの鳴き声や習性からこの字が当てられたと考えられています。, 正岡子規が残した俳句の中に、『卯の花の 散るまで鳴くか 子規』という句があります。当時は不治の病とされていた肺結核を患い、長く生きられないことを知り、自身をホトトギスに重ね合わせた句です。, ホトトギスの口の中がまるで血を吐いたように真っ赤であるため、結核で血を吐き苦しむ自身を重ねたとされています。, 異なる漢字表記があるだけでなく、20種類以上の異名があります。前述の『時鳥』のように農耕に関連するものでは、『勧農鳥(かんのうちょう)』や『早苗鳥(さなえどり)』が挙げられるでしょう。, そのほか、『霍公鳥』『蜀魂』『無常鳥』『杜宇』『しでの田長』『田鵑』『夕影鳥』『黄昏鳥』『菖蒲鳥』『橘鳥』『卯月鳥』『妹背鳥』『魂迎鳥』『沓手鳥』『杜鵑』などが知られています。, DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」, 小学館ダイム公式サイト「@DIMEアットダイム」。 BLOOM』などな... 大人になってから数学を学び直したいと思った時に、おすすめの本を紹介していきます。文系のため早々に数学と別れを告げた人や、学生時代の思い出から苦手意識がある人にこそおすすめしたいものばかり。ぜひチェックしてみてください。. 夏の到来を告げる鳥「ホトトギス」。古くからさまざまな文学作品に登場し、数多くの異称をもつことでも有名です。この記事では、そんな彼らの生態や特徴、実は深いウグイスとの関係、さまざまな別名の由来、彼らが登場する俳句や和歌などをわかりやすく解説していきます。あわせておすすめの関連本もご紹介するので、ぜひチェックしてみてください。, カッコウ目カッコウ科に分類される鳥類の一種です。分布は中国南部からインド、マダガスカルやアフリカ東部まで広い範囲におよんでいます。日本では、中国やインドで越冬する個体群が5月中頃に渡ってくるため、全国的に「夏鳥」として知られています。, 体長は28cmほど。羽を広げると全幅が46cmほどになります。頭部から背中にかけては青灰色で、羽や尾羽は黒褐色。胸部から腹部は白く、黒い縞模様が入っています。目の周りにある黄色いアイリングも特徴のひとつです。オスとメスに見た目の大きな違いはありません。, ホトトギスが好んで食べるのは、蛾の幼虫や昆虫など。ただ渡りの長旅中にはエサが食べられず、餓死してしまうこともあります。またハヤブサやワシ、コンドルなどの猛禽類に襲われることがあり、天敵です。, 林の周辺や藪のある場所、草原などで暮らしていて、警戒心が強いためその姿を近くで見ることは難しいでしょう。遠くからだとカッコウやツツドリと見間違えがちですが、鳴き声で違いを知ることができます。, 彼らの鳴き声は「キョ、キョ、キョキョキョキョ」というよく通る大きなもの。日本語の発音に当てはめて「テッペンカケタカ」や「トッキョキョカキョク」などと表現されることもあります。, ホトトギスは自分では巣を作りません。その代わり、ウグイスの巣に卵を生み、さらに孵った雛も育ててもらうのです。これを「托卵(たくらん)」といいます。, 托卵の習性が生まれた理由はよくわかっていません。一説によると、ホトトギスは体温の変化が大きいため、卵を一定の温度であたためることができないからではないかといわれています。ちなみに托卵する鳥は他に、カッコウやツツドリ、ジューイチなどが知られています。, ホトトギスの托卵相手として利用されるウグイスは、スズメ目ウグイス科の鳥で、日本全国に生息しています。体長はオスが15cm、メスが13cmほど。背中がオリーブ褐色で腹部は白く、全体的に地味な色合いをしています。大きさも見た目もホトトギスとは異なりますが、卵はどちらもチョコレート色、ホトトギスの方が少し大きい程度でよく似ています。, ウグイスは平地や山地の草木が生い茂った場所に棲んでいて、春になると巣を作り卵を産みます。この巣に産卵されたホトトギスはいち早く孵化し、なんとウグイスの卵を巣の外に捨ててしまいます。そしてウグイスは、ホトトギスの雛を自分の子どもだと思いこんだまま、世話をするのです。, ホトトギスを意味する表記は、異称を含めると20種類以上あるといわれています。そのなかから代表的なものをご紹介しましょう。, ホトトギスが日本にやってくるのは、田植えが始まる頃です。毎年同じ時期に渡ってくるため、農期の区切りを表す意味で「時を告げる鳥」とされました。同じ意味で「勧農鳥(かんのうちょう)」や「早苗鳥(さなえどり)」と呼ばれることもあります。, 中国の伝説には、貧しい蜀という国で農耕を指導し、国を発展させて王になった「杜宇」という人物が登場します。彼が亡くなった後、その魂がホトトギスに化身し、農耕を始める季節を教えてくれたという話がもとになっています。, また杜宇が「鵑(けん)」に生まれ変わって鳴いているとして、「杜鵑(とけん)」と呼ぶようになった説もあるそうです。, 上述した杜宇に関する別の伝説です。杜宇は王になった後、不品行のために退位させられることとなりました。復位を望んだものの叶わず、国を離れます。そして「不如帰去」、つまり「帰ることができない」と血を吐くまで泣き続けたそうです。, 「不如帰」が故郷を離れた旅人に帰心を思わせることから、「思帰」と呼ばれるようになり、それが転じて「子規」となりました。, 俳人として知られる正岡子規は、この異称にならって自身の雅号をつけました。結核を患い吐血する自身の姿を、血を吐くまでなき続けたホトトギスに重ね合わせたそうです。, 江戸時代の俳人である山口素堂が詠んだ句です。「青葉」「初鰹」もホトトギスと同様に夏の季語で、江戸の人々が夏の到来を感じるものとして好んだ言葉を織り込んでいます。, 「鶯の生卵の中に霍公鳥 独り生れて 己が父に 似ては鳴かず 己が母に 似ては鳴かず……」(高橋虫麻呂)『万葉集』, 『万葉集』に収められた奈良時代の歌人、高橋虫麻呂の作品です。「霍公鳥」は『万葉集』でよく用いられるホトトギスの異称で、托卵でウグイスの巣に生まれたホトトギスが父や母であるウグイスのようには鳴かない様子を表しています。, 結核を患い余命が長くないことを知った子規が、自身をホトトギスになぞらえて詠んだ句です。, 子規の親友である漱石が、入院中の彼を見舞った際に励ましの言葉として読んだ句です。子規と漱石が強い絆でつながっていることがわかるでしょう。, 作者の大橋弘一は、野鳥写真家でありながら、鳥に関わる古典文学や人文科学にも精通している人物です。本作には、四季折々の景色を背景に、のびのびと暮らす野鳥たちのありのままの姿が写し出されています。, ホトトギスをはじめ、鳥の呼び名や由来、昔話、伝説などの伝承にも力を入れていて、本書にもその知見が存分に盛り込まれています。, 生態とエピソードをあわせて知ることができ、普通の図鑑とは一味も二味も違う風格を感じる一冊です。, 自身をホトトギスになぞらえた正岡子規。もともと冗談が好きだったということもあり、晩年は病に伏して苦しみや辛さを表現した作品もあるなか、滑稽な俳句を詠んで周囲を楽しませていたそうです。, そんな彼が残した「クスっと笑える」100句を、コラムニストで童話作家の天野祐吉が厳選し、ツッコミを入れながら紹介した作品です。さらにエッセイストで漫画家の南伸坊が描くイラストも、子規の句の魅力を引き立てているでしょう。.

構造改革 わかりやすく, 必殺仕事人 キャスト, エヴァンゲリオン リリン, 欅 漢字 成り立ち, リス イラスト 簡単, 堀内孝雄 影法師, オルカ ランダム通話, Twitter イベント 非表示, ジゼル ブンチェン 伝説, 声が出ない 病気, シマリス イラスト 無料, エヴァンゲリオン 動画配信 無料, インフルエンザウイルス コロナウイルス 大きさ, 首の痛み 発熱 コロナ, 窪田正孝 朝ドラ, フランス 英語, 東尾理子 父, インターネット メリット, ケインコスギ カタコト, 宇多田ヒカル 似てる人, 日本語 反対語, アカゲラ 鳴き声, バスチェア おしゃれ, Tbs 斎藤哲也 髪型, エヴァ パチンコ 歴代, ツイッター タイムライン 自分のツイート表示 されない, 罪と夏 主題歌, 奥野瑛太 直虎, スダジイ 臭い, 突く つつく, 中村倫也 リコーダー, お礼メール 上司, 関する 類語, 委細 とは, プログラミング 英語 検定, 通信障害 なぜ起きる, 鬼滅の刃 50代,

Posted on 2020-10-25 | Posted in 未分類 | No Comments »

Related Posts

 

Comment





Comment