未分類

グッ モー エビアン ラストシーン

(C)2012『グッモーエビアン!』製作委員会, 池田純矢インタビュー-中島らも作、G2演出の舞台『ベイビーさん ~あるいは笑う曲馬団について』で主演を務める池田純矢。俳優以外にも精力的に活動をする彼に表現することに対する熱い想いを聞いた。, 石井杏奈インタビュー― 弱冠17歳にして映画初主演を務める石井杏奈。女優として着実に成長しながら、E-girlsのパフォーマーでもある彼女は、どのように今作の撮影に臨んだのか。, 2015年版の『RENT』がいよいよ開幕! 周りから愛される優しいドラァグクイーンのエンジェルを演じる平間壮一。ミュージカルの経験があまりない中、歌という新しいジャンルに挑戦する彼に、本作への意気込みを聞いた。, 中村蒼インタビュー 時代劇や戦争ドラマ、シリアスなものから人情モノまで、様々なジャンルの作品に出演し、俳優としての実力を着実に伸ばしている中村蒼。そんな彼がドラマ『洞窟おじさん』『本棚食堂』にいかに臨んだのか? 素直な気持ちを聞いた。, 舞台、映画などを中心に活動の幅を広げている若手俳優・水間ロン。感動すると話題の明光義塾のショートムービーに出演している彼が今、俳優として感じることとは?, 清水富美加インタビュー -連続テレビ小説『まれ』に主人公・まれの幼馴染み・蔵本一子役として出演の彼女に、仕事への取り組み方を訊く。, 上村歩未インタビュー - ファッション雑誌『ニコ☆プチ』の読者モデルを経て芸能界入りした上村歩未。映画『THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦』で演技に初挑戦!, 和田正人インタビュー - 4月6日から始まる舞台『小林一茶』で、座長を務める和田正人。読売文学戯曲賞など受賞した井上ひさしの名作戯曲に、どう臨むのか? また、彼の俳優としての歩みについて話を聞いた。, 森下大地インタビュー - 現在放送中のドラマ『残念な夫。』で、ピアノバーの店員・久保田航を演じている若手俳優・森下大地。なんと、今回のインタビューは彼にとって初めての取材。役柄への挑み方やデビューのきっかけなどについて聞いた。, 柴田杏花インタビュー - アンジェラ・アキの名曲「手紙 ~拝啓 十五の君へ~」から生まれた『くちびるに歌を』。期待の若手女優・柴田杏花が、懸命に合唱部をまとめようと奮闘する生徒・辻エリを演じる。, 蒼波純インタビュー -松居大悟監督の『ワンダフルワールドエンド』で橋本愛とダブル主演。売れないモデルの追っかけファンである13歳の亜弓を演じる。, 原菜乃華インタビュー -ドラマ『ビンタ! !”って(笑)」, ――『グッモーエビアン!』の三吉さんと、今の三吉さんでも顔つきが違うような気がします。, 「自分で観ても、幼いって思いました。そういう意味ではこの1年で自分も成長したのかな…? 成長していると嬉しいですね」, 原作/吉川トリコ『グッモーエビアン!』(新潮文庫刊)

これから見ようとしている方や興味ある方はDVD選びの参考などに是非見てみてくださいね。, その男とシングルマザーはかつてのバンド仲間で、昔から娘の面倒を見たりもしていました。, 私はかつて飲食店の店長をしていたので、シングルマザーの方とけっこう親密になることが多かったんですよね。, 一緒にいると楽しいとは思うのですが、疲れている時なんかは逆にうざいキャラですよね。, その一方で言いたいことを言ってケンカしたりとよくある親子の風景なのではないでしょうか。, シングルマザーで働いているとこうしてお酒を飲んで気持ちを紛らわすってのは自然な光景でもあります。, トップクラスの成績でもあるハツキの進学の話で先生に立てつくあたりはちょっとカッコよさを感じましたね。, 冷蔵庫の牛乳を直接、口につけて飲むヤグに「バカ」というあたりはそういった状況をよく表現していますね。, 母親一人で育ったりするとこうした部分で頼りになるような子に育つことが多いかもしれませんね。, この映画のちょっとした見どころがハツキの唯一の友達でもあるトモちゃん(能年玲奈)の存在ではないでしょうか。, 果たしてどんな生活になるのか、生活は成り立つのかとかいろいろな不安はよぎるところで賛否両論あるかもしれませんが、, 物語としてはこれで良いと思います。 配給/ショウゲート http://gme-movie.com/ グッモーエビアンの公開を記念し グッモーエビアンのラストシーンのエキストラの日を振りかえります。 (以下ご理解いただきたいこと) 撮影から、1年もたっており、こと細かいレポではありません。 三吉彩花 (みよし・あやか) 公開を間近に控える映画『グッモーエビアン!』は、未婚の母・アキ(麻生久美子)と中学生の娘・ハツキ(三吉彩花)、アキの所属していたパンクバンドのメンバー・ヤグ(大泉洋)が織りなす、不思議な家族の在り方を描く物語。 出演/麻生久美子 大泉洋 三吉彩花 能年玲奈 竹村哲(SNAIL RAMP) MAH(SHAKALABBITS) 塚地武雅(ドランクドラゴン) 小池栄子 土屋アンナ ほか 音楽/葉山たけし いやー一体どんなラストになるんでしょうね。 気になります。 昨日から実家に帰省しておりまして、今日はバイトもないので 掃除を終えてゆっくりしております。 先日、洋ちゃんの出ている映画『グッモー・エビアン』を観て来ました。 撮影/中根佑子  文/池上愛, ――東京国際映画祭では、『グッモーエビアン!』の出演者として、グリーンカーペットを歩かれましたね。, 「はい。初めての体験だったので、何をやってきたのか正直覚えていません(笑)。何より、たくさんの方がいらっしゃっていてびっくりしました。私はまだみなさんに顔を覚えられていないので、誰からも声はかけられないだろうと思っていたんですけど、色んな人から“握手してください!”と話しかけられて、凄く嬉しかったです」, 「映画のエキストラに出演して下さった方がいて、“あのシーンのエキストラにいました!”“あぁ、あの時の!”みたいなお話をしました」, 「凄く嬉しかったです。有名な俳優さんがたくさんいらっしゃる中、私なんかが歩いていいのかなと、少し不安に思っていました。だけどエキストラの方だったり、私が以前所属していたユニット『さくら学院』時代からのファンの方が、随分前に出演した作品のパンフレットを持参して“サイン下さい”と言ってくださったりして…。本当に嬉しかったですね」, ――(笑)。『グッモーエビアン!』で演じられているハツキは、中学3年生の女の子。現在高校1年生の三吉さんですが、撮影時はハツキと同じ年齢だったんですよね?, 「そうです。私もハツキと同様、中3で反抗期真っ只中だったので、役作りをするというよりも、素で演じよう! と思いました。ハツキとリンクする部分も結構あったりして」, 「ハツキがヤグ(大泉洋)とアキ(麻生久美子)に言うセリフや行動は、“あ~このセリフ、私も親に言ってたな”とか“こういう態度取ってるな”って共感する部分が多かったです」, ――役作りというよりも、自分の感情がそのままハツキに繋がったんですね。それでは、ハツキを演じることはスムーズに出来た?, 「そうですね。難しいと思うところは少なかったです。それに本当に現場のみなさんが優しくて。大泉さん、麻生さんはじめ、スタッフの皆さんがお芝居しやすい環境を作って下さったことで、気負いせず臨むことが出来ました」, 「麻生さんは、ご一緒させてい頂く前から凄く雰囲気が素敵な方だなと思っていました。自然で着飾っていなくて優しそうで…実際にお会いしても、印象はそのまま。大泉さんは、とにかく面白い方でした(笑)。ハツキはあまり笑わない、ひとりだけ真面目な役だったので、笑いを抑えるのが大変でした」, 「そうなんですよ! アドリブも凄く多かったんです。現場の雰囲気を盛り上げて下さるので楽しかったんですが、笑っちゃいけないのに笑いそうになってしまい、とても大変でした」, 「台本に書かれていないことをお互いたくさん話したので、これで私もアドリブが上手くなるかなと思いました(笑)」, ――現場で磨かれていったんですね(笑)。セリフはいつもどうやって覚えているんですか?, 「自分のセリフがあるシーンを何回も練習して覚えるというよりは、最初から最後までストーリーを読んで、流れを掴むようにしています。セリフ覚えが大変! と思ったことはあまりないです。お父さんが記憶力がいいので、それを受け継いだのかもしれません」, 「私の母親も、お母さんというより友達みたいな感覚でいるので、こういう関係は素敵だなと思います」, 「今は全くないです。でも撮影当時は反抗期でしたね。今は親元を離れて生活しているので、そういう環境になると自然と反抗期はなくなるのかもしれません」, ――家族の話だけでなく、友情もこの映画では描かれています。ハツキとトモちゃん(能年玲奈)のふたりの関係性もよかったです。, 「ありがとうございます。この映画は色んな人に共感してもらえる映画だと思うし、改めて自分の大切な人の存在に気づける作品だと思うんです。それが家族であったり、友達であったり、恋人であったり…。だから劇場で観る時は、自分の大切な人と一緒に観に来て欲しいですね。親の立場から、反抗期の中学生の目線から、友達の目線から…色んな視点で楽しめると思います。笑えるところもあるし、泣けるところもあるし、音楽のシーンも見応えがあるし」, ――ヤグとアキのライブシーンは盛り上がりますね。このシーンの撮影現場に、お邪魔させて頂いたんですよ。, ――小さなライブハウスだったので、熱気が凄かったです。三吉さんもステージに立って歌ってらっしゃいましたけど、気分はいかがでしたか?, 「パンクを聞くことがないので、めちゃくちゃ楽しかったです。洋楽はよく聞くので、こういうノリのいい感じの音楽って素敵ですね。ここまでパンクロックな衣裳も普段着ないので、とても新鮮でした」, 「リンキンパークやLMFAOが好きです。あとはK-POPも聞きます。日本の曲だとバラードをよく聞きますね」, ――放送中のドラマ『結婚しない』では大学生の役をやってらっしゃいますし、16歳よりずっと大人っぽく見えますよ。, 「サバサバした性格なので、友達と話す時もあまりキャピキャピはしゃぐことが少なくて(笑)。だから実年齢より大人っぽく見えるのかもしれません。こういう性格だから、明るくてテンションの高い役は結構苦戦してしまいます。自分では凄く笑ってるつもりでも、周りから見たらそんなに笑ってなくない? みたいな…。テンション上げて演じていても、“もうちょっと上げてみよう”って言われることが多いので、明るい性格や元気な役は、今後の課題です。ミステリアスな役やクールな役のほうが得意だったりします」, 「やりたいんですけど、今はまだその殻を破れていないというか。まだ弾けたりする演技が恥ずかしい部分があるんです。弾けた役とクールな役の選択肢があったら、クールを選んでしまうかもしれない。でもほんとは、今のうちに苦手なことにチャレンジするべきですよね。私は将来、海外で活躍することが夢なんです。だから苦手なものを克服して得意にしておきたいです。海外に行ったら色んな壁に立ち向かわなければいけないので、今、苦しいことをやっておかないと」, 「演技だけでなく、歌もモデルの仕事も好きなので、色んなことに挑戦したいです。でもそのためには、日本できちんと評価されないといけません。評価されることって、凄くありがたいことだなと思います。自分の立ち位置がわかるって凄いことだし、ライバルがいるっていうのも楽しい。海外に出た時に、自分はどういう評価をされるんだろう? と興味があるので、いつかは海外でお仕事をやってみたいです」, ――評価されるのが楽しいと言い切れるところが勇ましいと思います。周りからどう思われているのか“ちょっと怖いな”と思うことはないんですか?, 「最初はそう思っていた時期がありました。周りの声が気になって、自分の出ている番組も見たくなかった。イベントやファッションショーでも、歓声が凄く気になりました。人気の子は凄く大きな歓声が聞こえるけど、自分は歓声なんて聞こえないんじゃないかとか…。でも、そういう周りの反応が、イコール“自分の実力”なんだと考えるようになったら、評価されるためにやるしかないです。そう思えるようになったら、周りの評価が凄く楽しみになりました」, 「そうですね。先輩達の姿を間近で見たりすることで、こう思えたんだと思います。今のドラマでは、天海祐希さんや菅野美穂さん、玉木宏さんと共演させて頂いていますが、第一線で活躍されてる方々の考えは、やっぱり凄いです。たくさん盗んでいかなきゃ! と思います」, ――今、若い世代の俳優さんの活躍も凄いですよね。『グッモーエビアン!』では、同級生役に能年玲奈さんがいらっしゃいます。能年さんは朝ドラのヒロインにも抜擢されて、たくさんの作品で活躍されています。先程、ライバルがいると楽しいと話されましたが、同年代の女優さん、俳優さんの演技を見て刺激になることはありますか?, 「能年さんと一緒になったのは、今作で3回目。プライベートでも遊んだりする仲なので、ライバル意識は全くありません。でも、周りの同年代の役者さんの演技を見るのは刺激になります。ただ、そこから盗もうと思ったり、こういう演技を参考にしようと思うことはないです。それは悪い意味じゃなくて、みんなと違う演技のままでいいなと思うから。個性みたいなものは残していきたいなと思っています」, 「はい。今は寮生活していて、自分の部屋にテレビがないんです。なので“最近このドラマ見てる?”と言われても、わからないことが多いです(笑)」, ――ははは(笑)。そういえば、三吉さんのブログを拝見したのですが、公式プロフィールの写真がとても若くてびっくりしました(笑)。, 「あの写真は凄く前に撮ったものなので(笑)。私、昨日ブログの最初の記事を読んだんですが、その時の写真が凄く幼くてびっくりしました。“若っ! 公開を間近に控える映画『グッモーエビアン!』は、未婚の母・アキ(麻生久美子)と中学生の娘・ハツキ(三吉彩花)、アキの所属していたパンクバンドのメンバー・ヤグ(大泉洋)が織りなす、不思議な家族の在り方を描く物語。しっかり者のハツキは、性格が真逆のアキと自由奔放なヤグに振り回され、時に反発しながらも成長していく。ハツキを演じるのは、現在ドラマ『結婚しない』に出演中の若手女優・三吉彩花だ。「ハツキと同じように、このころの自分も親に反抗していた」と語る彼女。等身大の女の子をいかに演じ抜いたのか? © 2020 邦画好きおじさんの映画レビュー All rights reserved. 映画「グッモー・エビアン」…rockじゃなきゃ! 製作年度:2012年 製作国:日本 上映時間:106分 今年初めての“邦画を1000円で観る会”の定例会. 元パンクバンドのギタリストだったアキ(麻生久美子)と娘である中学生ハツキ(三吉彩花)は、親友のように名古屋で暮らしていた。そんなある日、アキのバンドでボーカリストをつとめ、かつての恋人(?)だったヤグ(大泉洋)が、海外放浪の旅から帰ってくる。アキとヤグとハツキは、昔のように何事もなく仲良しな生活を始めるも、ちゃんと働かずに能天気に暮らすヤグに対して何も言わないアキに、ハツキはイライラし始める……。

脚本:山本透 、鈴木謙一 主演:大泉洋、麻生久美子、三吉彩花

弁護士事務員ミノワが愛で解決します』で主人公ミノワ(箕輪文太/松本利夫<EXILE>)の異母兄妹・箕輪カナ役で出演。心を開かない難しい役どころをどう演じているのか?, 尾上松也×柿澤勇人インタビュー – 大人気ミュージカル『スリル・ミー』でコンビを組むふたりに、舞台への意気込みを聞く!, 坂口健太郎インタビュー - 『MEN'S NON-NO』専属モデルの坂口健太郎が俳優デビュー!人生初のお芝居となった映画『シャンティデイズ 365日、幸せな呼吸』について訊く。, 小柳友インタビュー - 映画『がじまる食堂の恋』で沖縄・名護のロケを満喫したという小柳友。彼の役作りや演技に対する想い、そして撮影中のエピソードなどを訊いた!.

【グッモーエビアン!】 2012年12月公開 . グッモーエビアン! 映画パンフレット 監督 山本透 出演 麻生久美子、大泉洋、三吉彩花、能年玲奈、竹村哲(SNAIL RAMP)、MAH(SHAKALABBITS)/塚地武雅(ドランクドラゴン)、小池栄子、土屋アンナ.

監督/山本透 DVD/CDの宅配レンタル【TSUTAYA DISCAS】, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. 2012年12月15日全国公開

脚本/鈴木謙一 山本透 監督:山本透.

グッモーエビアン! ... あと、三吉彩花ちゃんと能年玲奈ちゃんの二人のシーンがよかったな。 能年玲奈ちゃんといえば、次の朝ドラだけど、 安心して、楽しみにしてます。 なにより、ラストのライブシーン …

ペイペイ 使える店 地図, クイーン 映画 キャスト, リップル 2018年 チャート, 川西 能勢口 から 日生中央 時刻表, 高円寺 事件 今日, Pitapa マイスタイル シュミレーション, Pitapa マイスタイル シュミレーション, 仮想通貨 おすすめ 取引所, グッドパートナー 無敵の 弁護士 キャスト, 折坂悠太 平成 Zip, グッドパートナー 無敵の 弁護士 キャスト, 中央線 時刻表 立川, セブン銀行 振込 やり方, ペイペイ 使える店 地図, 朝ドラ大河 40 代女優, 勝野洋輔 アトリエ 神奈川, グラクロ エリザベス 衣装 おすすめ, 女子アナ 前髪 作り方, マツコの知らない世界 ディズニーランド 動画, 阪神尼崎 格安切符 自販機, プロスピ ガチャ アニバーサリー, キッチン 吉本ばなな 名言, 大阪 メトロ 定期 予約, 七 つの 大罪275, 高円寺 事件 今日, リディア スカイリム いなくなった, オオカミ君には騙されない 漫画 最終回, 仮想通貨 おすすめ 取引所, 鈴木雅之 老け ない, 敬老の日 2020 プレゼント, クイーン 映画 キャスト, マツコの知らない世界 ディズニーランド 動画, 川西 能勢口 から 日生中央 時刻表, スズキ エブリイ バン 中古 価格, ホテル 領収書 偽造, おじいちゃん プレゼント 健康グッズ,

Posted on 2020-10-25 | Posted in 未分類 | No Comments »

Related Posts

 

Comment





Comment