未分類

エヴァンゲリオン BS

3456789 インフルエンザの迅速診断キット(以下,診断 キットと略す)の普及によって,臨床現場におい てもa型とb型インフルエンザの鑑別診断が容 易に可能となった1).しかしそれに伴い,診断キッ トで偽陰性や偽陽性が出現する場合があること

    . 火 土
    Iconic One Theme | Powered by Wordpress   これは何故ですか。また、使用に関して問題ありませんか。, CONTROLの青色が変化しなかったり、消えてしまったままで検査無効となった場合、原因としてはどのようなことが考えられますか。, 検査ウインドウのFLU AおよびFLU B共にピンク〜紫色のラインを呈していました(CONTROLも青色⇒ピンク〜紫色に変化)。この場合、A型とB型のインフルエンザウイルスに同時に感染したと考えてもよろしいですか。, キットの有効期間が 12ヵ月間となっていますが、他社の製品のほとんどは1.5〜2年間です。有効期間が短すぎて次のシーズンまで持ち越しできませんが. 。, 付属品のピペットのイラストの矢印部分をつまんで、黒く示した部分に空気が入らないように鼻腔吸引液あるいは鼻腔拭い液を検体抽出液で調製した液を吸い上げます。, 次にテストストリップ上部の白いパット(検査カード内のイラストの矢印で示した部分)の, 必ず付属のピペットを用い、テストストリップのパッドの中央部にゆっくりと全量滴下して下さい。, 泳動している時は若干ピンクになりますが、判定時には薄ピンクもしくは白色に変わりますので検査結果に影響を与えることはありません。, 検体滴下後、検査カードのパネルを張り合わせるのを忘れてしまいました。判定に影響はありますか。, 検査カードをシール後、間違って 15分以上放置してしまいました。判定に影響はありますか。また、何分以内なら、影響ありませんか。, アルミパックから検査カードを取り出すと、テストストリップの CONTROLが最初から青色のラインになっていました。このテストストリップを用いて測定したところ、最初CONTROLの青色のラインが消えて、その後ピンクから紫色のラインが出現しました。, 検体の粘性が強い場合、パッドからメンブラン上への反応溶液の泳動が十分展開されないことが考えられます。 また、アルミパックから取り出した検査カードを長時間そのまま放置していると、テストストリップのメンブランが吸湿し、同様に試薬パッドからメンブラン上への反応溶液の泳動が十分展開されないことが考えられます。検査カードは必ず使用直前に開封して下さい。, 検査ウインドウの FLU AおよびFLU B共にピンク〜紫色を呈していました(CONTROLも青色⇒ピンク〜紫色に変化)。この場合、A型とB型のインフルエンザウイルスに同時に感染したと考えてもよろしいですか。, このような場合は、測定上の偽陽性とA型とB型のインフルエンザウイルスに同時に感染している可能性の両方を疑います。流行の状況により、同時に感染する可能性はありますが、その頻度は少ないと報告されています。また偽陽性の可能性もありますので、再度検体抽出液(又は生理食塩水)で希釈して検査を実施して下さい。このような場合、本キットの結果のみならず、他の検査結果や臨床情報を考慮して総合的に判断して下さい。, 偽陽性の要因としては、検体中の粘性物質や血液、または固形物などがメンブランに固定化された抗体と非特異反応を起こしたことなどが考えられます。なお、 A型およびB型のインフルエンザウイルス以外のウイルスや細菌、真菌との交差反応は、現時点では報告されていません(添付文書参照)。, 本キットによる陰性判定結果は A型またはB型のインフルエンザウイルスによる感染を否定するものではありませんので、他の臨床情報と合わせて総合的に判断して下さい。, キットの有効期間が 12ヵ月間となっていますが、他社の製品のほとんどは1.5〜2年間です。有効期間が短すぎて次のシーズンまで持ち越しできませんが. [CDATA[ */