未分類

ウィーン ドイツ

ウィーン市内は、5つの地下鉄路線、29の市電路線、127のバス路線によって、市内が網羅されていて移動も便利。, ウィーンの路面電車(トラム)は “Bim” の愛称で親しまれています。リング通りを走るトラムは、リングトラム(Ring Tram)と呼ばれる、黄色のクラシックタイプの車両で観光名所を巡る路線。, 市内を走る優雅な2頭馬車は、18世紀頃から続くフィアカー(もともとはフランス語に由来)と呼ばれる移動手段。ガイドによるツアーになっていて、観光客に人気。. 39 - 53°F, こちらでmyVienna旅行プランを立てることができます。興味深いウィーンのヒント、名所やイベントを埋めて作る行先候補リスト。 オーストリアの首都ウィーンにあるウィーン大学(University of Vienna)。650年という長い歴史を持つこの大学は、ドイツ語圏で最も古い大学です。, ウィーンと言うと「芸術の街」というイメージを持たれているかもしれません。もちろん、芸術や歴史と言った欧州古来の学びを得られるほか、その芸術性あふれるキャンパスにいるだけでも「芸術の街」にいる実感が得られると思います。その一方でノーベル賞受賞者をはじめとする多くの著名人を輩出し、歴史、言語、経済、政治、教育などを含む、全174のプログラムから授業を提供している総合大学としての一面もあります。, アジア研究も盛んで、日本学科も人気学科のひとつです。留学生も多く受け入れており、ドイツ語留学したい人はその留学生受け入れ体制にも注目したいところでしょう。, 筆者はウィーン大学に交換留学生として在籍し、言語学を中心に学んできました。本記事では、留学生の目から見たウィーン大学について、ご紹介します。, ウィーン大学は、オーストリア公であったルドルフ4世によって1365年に創立されました。ドイツやスイス、リヒテンシュタインなど、ドイツ語を公用語とする国の中で最も古い大学です。, 卒業生の中には、様々な分野におけるノーベル賞受賞者や、心理学者のジークムント・フロイトなどがいます。, 長い歴史と伝統のあるウィーン大学ですが、世界中から学生が学びに来ているという国際色豊かな一面もあります。毎年2000人もの留学生を受け入れており、大学の提供する語学コースではドイツ語や英語以外に30以上の言葉を勉強することもできます。, イタリア・ルネッサンス様式の建築が特徴的なメインキャンパスには、大講義室やセミナールームの他にも自習室やカフェ、休み時間にリラックスできる中庭などがあります。, その中でもひときわ有名なのが図書館。壁一面にぎっしりと並んだ本に、おしゃれな卓上のランプ、そしてガラス張りの天井など、どこを切り取っても絵になるような美しい内装となっています。, まず注目したいのはその立地の良さ。オペラ座や市庁舎、国会議事堂などが顔を並べるリンク通り沿いにあり、最寄駅であるショッテントア駅(Schottentor)の目の前に大学があります。, またキャンパスの周りには学生に人気のモダンなカフェもたくさんあり、お昼ご飯を食べたり、コーヒーブレイクをしたりすることもできます。, ウィーン大学は、歴史、言語、経済、政治、教育などを含めた9つのトピックを中心に、全174のプログラムから授業を提供しています。15の学部と4の研究センターからなるウィーン大学は、市内に約60もの大学施設を所有します。, ・カトリック神学部(Faculty of CatholicTheology) ・福音主義神学部(Faculty of Theology) ウィーン会議で決められた併合が早くも覆った結果となります。 1830-31年 ポーランド・ドイツ・イタリアで蜂起. ・哲学・教育学部(Faculty of Philosophy and Education) 〜音楽・芸術愛好家たちを惹きつけてやまない、古くて新しい文化薫るオーストリアの首都〜 「世界生活環境ランキング(Most Livable City in the World)」で9年連続トップに輝くウィーンは、生活やインフラ、医療や教育、環境面でも世界屈指のメトロポリタン。古き伝統を大切にしながらも、常に新しさを感じさせるこの街の実に多面的な魅力は、留学やワーホリ滞在を通じてさらに深く感じ入ることができることでしょう。 14世紀に創立されたウィーン大学(Universität Wien)は、ドイツ語圏最古であり最大の総合大学。市内に点在するキャンパスは約9万人の学生を収容し、過去著名な偉人も輩出する名門大学。, 文化・芸術が豊かな場所を拠点にしたい   バレエやクラシック音楽が好き   オーストリア・ドイツ語を身に付けたい  ハイセンスな大人な街に憧れる  日本からアクセスがよいところ  多民族社会に関心がある  特に女性に人気な都市  多少、生活費がかさんでもOK(物価や家賃が高くてもよい)  美術館や博物館巡りが好き, ウィーンは、一年を通じて魅力的なイベントが開催される街。ヨーロッパ冬時間(10月〜3月)は日照時間も少なく、暗く・寒い・どんよりとした天気が多いので、冬が苦手な方はサマーシーズン(5〜9月)がオススメ。ウィンターシーズンの楽しみは、美しいクリスマスマルクトやウィンタードリーム、そしてウィーンから行けるウィンタースポーツのメッカ、本場アルプスの白銀のパウダースノーパラダイス!, ウィーンの歴史地区を中心に市内を環状に囲むリング通りの中に、訪れたい観光スポットが点在する。見応え十分な100以上の美術館、博物館をはじめ、ハプスブルク家の栄華が残る歴史的な見所が多いため、有効的に時間を使ってまわりたい。リング通り内のエリアは、基本は徒歩移動が効率的。, ホテル「ザッハー」ないし王室御用達の洋菓子の名店「デメル」のザッハタルトが有名。古典的な王道ケーキながら、これまで長く愛されている理由に、そのクオリティーの高さが挙げられる。, 日本の喫茶店で「ウィンナーコーヒー」と注文すると運ばれてくるのは、コーヒーの上にホイップクリームがのっているコーヒー。ウィーン発祥のコーヒー?と思いきや、実は本場ウィーンには、こうした名称では存在しない和製名なのです。, ウィーンで初めてコーヒーハウスがオープンしたのが17世紀後半。以降、香り高き上質なコーヒー文化、老舗カフェが多くあり、ぜひウィーンでは、カフェ巡りも楽しみたい。, ウィーン空港は、ウィーンの東約16キロにあり、ウィーン市中心部へは公共交通機関を利用して移動ができる。ウィーン市内の到着場所によって、シティエアポートトレイン(CAT)、国鉄レールジェット(ÖBB Railjet)、Sバーン(S-Bahn)、リムジンバスから移動手段を選ぼう。市内移動については こちら, 路面電車の走行路線の長さは、世界5位にもなるとか!平日も週末もはナイトバスが運行している。, Vienna City Cardは、観光向けの24h、48h、72hチケットで市内の地下鉄、トラム、バスが乗り放題+観光スポットの割引券付きチケット。, 乗換え案内やチケット情報は、ウィーン市交通局HP(WIENER LINIEN)か、無料でダウンロードできるモバイルアプリQandoがとっても便利。, 席にはヘッドホンが設置されていて、観光名所ガイドが流れます。ウィーン訛りのチャンネルもあるので、ぜひ一度聴いてみましょう!, オーストリアに滞在される方は、住居を定めて(転居して)から3日以内に住民登録をしなければなりません。ただし、ホテルに滞在する場合は登録の必要はありません。居住地を管轄する役場(Gemeindeamt または Magistrat)で登録します。ウィーン市の場合は各区役所(Magistratisches Bezirksamt)にある登録所が窓口となり、居住地区に関わらず、どの区役所でも登録できます。, ご本人(未成年者の場合は親権者等)が、申請用紙(1人につき1枚)を記入し、パスポートと共に提出します。申請用紙には本人と家主の署名が必要です。郵送での手続も可能ですが、FAXやメールでの登録はできません。, オーストリアはシェンゲン協定加盟国ですが、日本とオーストリアの間には二国間の査証免除取極があるため、シェンゲン協定で定められた滞在期間を超え、通常は6か月以内の滞在が許可されます。観光など非営利活動目的による6か月以内の滞在の場合、通常は査証や滞在許可は必要ありません。(ただし、ホテルなどの宿泊施設以外に滞在する場合には住民登録が必要になります。), <注意点>90日間を超えてオーストリアに滞在する目的をもって無査証で渡航する場合は、オーストリアで入国審査を受けるようにしてください。つまり、必ず「シェンゲン域内の国を経由せずに」オーストリアに乗り入れている航空便を利用するよう航空券の手配が必要です。同様に復路においても、無査証で90日間を超えて滞在した後にオーストリアから出国する場合は、シェンゲン域内国を経由しない(オーストリアで出国審査ができる)航空便を利用してください。シェンゲン域内を経由する場合には、事前にシェンゲン・ビザを取得するよう在京オーストリア大使館では案内しておりますので、くれぐれもご留意ください。 オーストリアに6か月以上滞在するか、または6か月以内であってもオーストリア国内で報酬を得て就労するなどの場合、オーストリアの在留許可を取得する必要があります。在留許可は、日本にあるオーストリア大使館で申請する方法と、オーストリアに到着後に申請する方法があります。 オーストリアで申請する場合は、申請が受理されてから結果が判明するまでに最大で6か月かかります。つまり、在留許可を取得せずにオーストリアへ渡航した場合は、到着後速やかに申請手続を行わないと、滞在期間内(シェンゲン領域内に到着後6か月間)に在留許可を取得できない場合があり、この場合いったんオーストリア国外(シェンゲン領域外)に出なければなりません。 オーストリアでの在留許可申請では、日本の警察が発行した無犯罪証明書(警察証明書)を提出する必要がありますが、同証明書の入手には申請から約2か月を要します。上記のとおり、オーストリアの在留許可申請の審査には、最大で6か月を要することもありますので、無犯罪証明(警察証明)などの必要書類は、できる限り事前に準備されることをお勧めします。日本から持参する公文書には、原則としてアポスティーユの付与が求められます。 ウィーンでの申請先(大使館HP参照)>>>  こちら, 在オーストリア日本国大使館 Japanische Botschaft in Österreich, 一番人気の留学先。アート、ファッション、音楽&映像のカルチャーシーンはもとより、近年はスタートアップ企業も次々に集結し、インターナショナルで自由な気風に溢れた「何か新しいこと」や「ワクワク感」を感じさせるドイツの首都。有名大学もひしめき合う。, ベルリン、ハンブルクに次ぐ国内第3の都市。自然に囲まれ、威厳ある建物の美しさで名高いバイエルンの州都。有名自動車メーカーBMWや一流サッカークラブが本拠地とし、市内のビアガーデンは、陽気で気さくなミュンヘン子で賑わい溢れるビールの街。, ドイツ西部のマイン川下流域に位置し、EUの金融政策を担う欧州中央銀行はじめ外資系金融機関の超高層ビルがひしめき合う様子からNYのマンハッタンならぬ「マインハッタン」という異名を持つビジネスシティー。「欧州の玄関口」である国際空港でも有名。, ドイツ第2の大都市ながらコンパクトな市内中心部には、美術館や教会、運河にかかる橋、世界遺産の倉庫群エリアなどが点在する。2017年には新たなランドマークとしてエルプフィルハーモニーがオープンし、ますます目が離せない今注目の北の港町。, 豊かな自然が広がる「黒い森」の玄関口とも言われ、環境先進都市として知られるクリーンでエコな町。スイスとフランスの国境に近いドイツ西南部に位置し、バーデン地方の美食料理をはじめとする文化の多様性や、住みやすい気候から人気の留学先。, 小高い丘にそびえる世界遺産「ハイデルベルク城」が街のシンボル。ドイツ最古の大学街は、コンパクトな都市サイズながら、学生が住みやすく治安もよいので、初めての留学地としても安定感があり人気の留学先。フランクフルトから1時間でアクセスでき便利。, 街のシンボルはケルン大聖堂。この荘厳なゴシック建築は一度は訪れたい名所。ドイツ三大カーニバルに数えられるケルンは、シーズンの2月は町中が独特の熱気に包まれる。サッカーなどスポーツ、芸術、ビジネス拠点としても存在感のある国内第4の都市。, 旧西ドイツ時代の首都として政治の中心の役割を果たしたボン。再統一後も一部の政府系機関、ドイチェ・テレコムやドイチェ・ポストの本社、国際団体などが拠点を置く。ベートーヴェンの生家があり、シューマンの終焉の地としても知られ音楽家に縁が深い。, 「ブレーメンの音楽隊」で親しまれ、市内各所にグリム童話にちなんだ銅像があり、思わずほっこりするメルヒェン街道の終着点。気さくな人柄、肩肘を張らないリラックスできる雰囲気が漂う自由ハンザ都市。ハンブルクの南西約100km。, バイエルン州第3の都市。物価が高いバイエルンにおいて、比較的物価が安く、日本人も少なく留学先としては穴場。かつては富裕層によって繁栄した街で、長い歴史を持つアウグスブルクは、美しい街並みとドイツらしい生活が味わえる。ミュンヘンまで30分強。, ドイツ東部にある”エルベのフィレンツェ”と称される麗しき古都。観光名所の旧市街以外にも、近年はエルベ川北部のノイシュタットが、アーティスト達に熱い視線が注がれているエリア。モーリッツ城やマイセン、ザクセン・スイスなど日帰りエリアにも名所あり。, まさにドイツの「リトル・トーキョー」!ドイツで日本人が住みやすい町 No.1!日系企業が欧州の拠点を構え、日本食レストラン、スーパー、本屋、パン屋さんと、クオリティー高い日本ストリートが日々進化している。日本からの直行便も就航しアクセスも便利。, ドイツ西北部、オランダまで150kmにあり、古くから大聖堂を中心に栄えた名残が美しい町。標準ドイツ語が話されるエリアで、訛りのないドイツ語習得をされたい方におすすめ。平坦な土地でサイクリングロードも充実。馬術の留学先として有名。, 古くから大学都市として存在感があるドイツ中部の地方都市。数々の偉大なノーベル賞受賞者を輩出しているゲッティンゲン大学が街の中核を成す。コンパクトなサイズ感なから、中世の街並みで彩られたレンガ造りや石畳の路地、木組みの街並みが美しい。, 「中世の奇跡」と呼ばれるバイエルン州の地方都市。戦禍を免れた街並みは、まるで中世にタイムトリップしたかのような景観。十字軍も渡ったとされる古い石橋、統一感のある赤レンガの建物、石畳の小径など町のいたるところが美しい世界遺産の町。, バイエルン州北部フランケン地方に位置し、中世の街並みと水辺の美しさから「小ヴェニス」の異名を持つ世界遺産の町。神聖ローマ帝国時代から宗教の発展とともに町の歴史を刻んできた。燻製ビールが町の伝統ビール。バンベルク交響楽団も世界的に有名。, 「世界生活環境ランキング」で9年連続トップに輝き、住みやすさも高評価を受けているオーストリアの首都。見応え十分の数多くの美術館や博物館、コンサートなど芸術愛好家達を惹きつけてやまない。古き伝統を大切にしながらも、常に新しさを感じさせる街。, モーツァルトの生誕の地、映画「サウンド・オブ・ミュージック」のロケ地で知られる、音楽愛好家の聖地。旧市街の細い小径や美しい広場は、ユネスコの世界文化遺産として登録され、とてもコンパクト。ドイツ国境にも程近くミュンヘンまで電車で約1時間半。, 株式会社アフィニティ03-6455-0274〒160-0023 東京都新宿区西新宿8-14-24 西新宿KFビル5階 TEL: 03-6455-0274 FAX: 03-6455-0239 e-mail: ryugaku@affinity-japan.com, 内閣府認証NPO法人留学協会 正会員 ブリティッシュカウンシル公式資格取得カウンセラー常勤 / 英語教育コンサルタント(RSA Cambridge TEFL Cert) 常勤 米国 CCE,Inc.認定 GCDF-Japanキャリアカウンセラー常勤 / 国家資格キャリアコンサルタント常勤.

勝野洋輔 アトリエ 神奈川, ジョジョ 4部 12話, ホルベイン 透明水彩 色見本, 本栖湖 バーベキュー 禁止, 大阪 東京 新幹線 安く買う方法, 改行 文字数 含む, 朝ドラ大河 40 代女優, 高校受験 数学 アプリ, まんぷく キャスト 相関図, スマブラ 練習 Cpuレベル, Fate 映画 3章, 夏休み 遊び 2020, ランタンフェスティバル 台湾 2021, 熊本 電鉄 定期 申込 書, 赤坂 タワー レジデンス 櫻井翔, 阪急阪神ホールディングス インターン Es, ジョジョ 3部 再放送 2020, プロスピ ガチャ アニバーサリー, 高校英語 長文 問題 無料, メジャーリーグ 日本人 2020 成績, Tmax エンジンが かからない, 別の人の彼女になっ たよ 感動, グラクロ エリザベス 衣装 おすすめ, A3 イベント一覧 2020, 横浜 市営 バス 時刻表 鴨居, 5→9 私に恋したお坊さん 主題歌,

Posted on 2020-10-25 | Posted in 未分類 | No Comments »

Related Posts

 

Comment





Comment