未分類

イエメン コーヒー歴史

モカ(英字転写:Mokha、Mocha、アラビア語: المخا‎、Al Mukha、アル=ムハー)は、イエメン共和国の都市である。 アラビア半島南西端にあり、紅海に面している。 アデンとホデイダが建設されるまでは、イエメンの主要港だった。 ペルシア湾の湾岸にある小さな国、クウェート。巨大な油田があり、現在は石油産業で経済が成り立っています。一方で「湾岸戦争」の要因がイラクによるクウェートへの侵攻だったことも有名で、これまで数多くの危機にさらされてきました... テロリズムの温床、泥沼の紛争地という印象が強いアフガニスタン。一体どのような経緯で争いの場となってしまったのでしょうか。この記事では紀元前からさかのぼり、アフガニスタンの歴史をわかりやすく解説していきます。理解が深まる... 世界最大の国土面積をもつロシア。言わずと知れた超大国ですが、一体どのような経緯で現在の姿になったのでしょうか。この記事では、キエフ・ルーシ時代からロシア帝国、革命、冷戦、ソ連崩壊などロシアの歴史をわかりやすく解説してい... 2020年3月11日、WHO(世界保健機関)は「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)」のパンデミックを認定しました。この記事では、ペストやスペインかぜなど、有史以来人類に大きな被害をもたらしてきたパンデミックの... 「世界一訪れることが難しい国」といわれてきた中東の大国サウジアラビア。2019年にビザの発給が開始され、注目が集まっています。この記事では、女性の人権や石油産業、建国からの歴史などをわかりやすく解説。またおすすめの関連... 今大注目の若手俳優・瀬戸利樹をご存じでしょうか? 2013年に俳優デビューをして以来、映画『仮面ライダーエグゼイド』やテレビドラマ『偽装不倫』に出演して話題に。クールな知的キャラから天真爛漫な年下彼氏まで、さまざまな役... 世界史上で地中海世界の発展に欠かせなかった船、そして船の材料として重宝されたのがレバノン杉でした。その原産であるレバノンは、紀元前から栄えた古い歴史をもつ国ですが、近代では内戦などで不安定な政情が続いています。この記事... 世界史上もっとも古くから人が住んでいたといわれるシリア。「肥沃な三日月地帯」として文明も栄えていましたが、21世紀以降は内戦が終わらず、多くの難民が生まれています。この記事では、古代、フランスの占領時代、独立、内戦など... アメリカとの関係や核開発問題など、ニュースなどでたびたび耳にすることがあるイラン。どのような歴史を築いてきた国か知っているでしょうか。この記事では、ペルシア帝国などが栄えた古代史から、立憲革命やイラン革命などの近現代史... 世界最古の文明である古代メソポタミア文明が栄えた地にあるイラク。歴史をさかのぼってみると、さまざまな国家に支配されてきました。1932年に独立をしてからも、戦場の最前線になっています。この記事ではイラクの宗教や文化など... ホンシェルジュはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。. イエメン共和国は、エチオピアと並んで世界で最も古いコーヒーの歴史を持つ国として有名です。, このイエメンでは17世紀になると、世界各地に向けて「モカ港」からコーヒー豆の輸出が始まりました。このように、世界で初めて商業的なコーヒーの輸出を行ったのがイエメンであり、コーヒー文化を世界中に広げた国とも言えます。, そんな歴史の古いイエメンのコーヒーの中でも最高等級に位置し、知名度も人気も高いものが「モカマタリ」です。日本では、「コーヒールンバ」に出てくるコーヒーとして、今も尚、人気を集めるコーヒーですよね。, イエメンコーヒーのモカマタリとはどのようなコーヒーなのでしょうか?早速ご紹介していきましょう。, モカマタリの生産地は、イエメンの首都であるサナアの南西に位置する「バニーマタル地方」の山岳地です。バニーマタル地方は、標高1,000~3,000mの山岳地帯であり、この急斜面を利用した段々畑で栽培されています。, 「バニーマタル」は、アラビア語で「雨の子孫達」という意味を持っており、その名前の通り降雨量が多い地域です。また、多くの霧が発生することでも有名です。, そのため、この地域のコーヒーノキは原生種に非常に近い木であり、原生種だけが持つ独特な「モカ」の香りと、フルーティーな甘酸っぱさが特徴的です。また、イエメンの他のアラビカ種と同じように、丸型が特徴的なショートベリーです。, 化学肥料を使わずに有機農法で栽培し、赤く熟した実は一つ一つ丁寧に人の手により摘み取られます。そして、精製工程では乾燥式を用いています。乾燥式とは、収穫したコーヒー豆を天日干しにしてから、1週間程度乾燥させる方法です。この乾燥式を用いることで、バニーマタル地区のコーヒー豆独特の風味や香りを、更に凝縮させることができます。この乾燥式の精製方法は、砂漠気候であるイエメンのような雨季と乾季がはっきりとした地域でしかできません。, その後の脱穀の工程も昔ながらの石臼を用いて脱穀する方法であるため、コーヒー豆が割れたりかけたりしてしまいます。しかし、これもまた、モカマタリ独特の味と香りを生んでいます。, このようにモカマタリは、17世紀にモカ港から輸出されたころから、ほとんど品質が変わらないまま現在も栽培されている、とても貴重なコーヒー豆です。, コーヒー豆は一般的に品質により等級が決まりますが、イエメンのコーヒーは品質ではなく生産地により格付けされることでも有名です。, このバニーマタル地方で生産された「モカマタリ」こそが、最高等級に位置しています。また、「モカマタリ」の中でも、グレード分けされており、上からNo.9~No.6となっています。, モカマタリは品質が高いことはもちろんですが、栽培が難しい段々畑で栽培されていること、昔ながらの農法で丁寧に栽培されていることなどから、希少価値がとても高いコーヒー豆です。, また近年では、イスラム教徒による内戦や、コーヒー豆からカートという作物(噛む嗜好品)への転作などもあり、モカマタリの生産量は年々減少の道をたどっているため、モカマタリの値段が高騰してしまっているのが現状です。, モカマタリは、爽やかなブルーベリーやオレンジにも似た酸味の後に、ほんのりとした優しい甘みとコクが感じられるのが特徴です。, そしてなんといっても、モカ独特のカカオの香りと、フルーティーなワインのような香り、更にはスパイシーな香りが鼻に抜けるのが一番の特徴といえます。, 冒頭でもお話ししたように、コーヒー豆は、世界各地に向けてイエメンの「モカ港」から輸出され始めました。この時、モカ港から輸出されたイエメン産とエチオピア産のコーヒー豆を港の名前から、「モカ」と呼ぶようになりました。, これが現在でも続いており、イエメン産とエチオピア産のコーヒー豆のみを「モカ」と呼んでいます。, その為、「モカマタリ」は先ほどお話ししたように、「バニーマタル」で生産されていることからこのように呼ばれています。, その他にも、イエメンではサナア地区で生産されたものは「モカサナニ」、ハラズ地区で栽培されたものは「モカハラズ」等と呼ばれています。また、エチオピアでも、ハラー地区で栽培されたものは「モカハラー」、シダモ地区で栽培されたものは「モカシダモ」等と呼ばれています。, モカマタリの中から、コーヒー豆の品質が良く大きいもの、欠点豆の少ないものだけを手作業で選別して極上豆だけを集めたものを、アールマッカと呼びます。, イエメンでのコーヒー豆の格付けは、このアールマッカの下に、先ほどお話しした「モカマタリNo.9」、「モカマタリNo.8」、…と等級付けされていきます。, このアールマッカこそが、コーヒーの歴史の最も古いイエメンの最高級コーヒーなのです。, モカマタリは豆ごとにサイズや形が異なっているのが特徴なので、まずはハンドピックしてから焙煎する必要があります。しかし、ハンドピックしすぎるとモカマタリ独特の風味や香りが薄くなってしまい、せっかくのモカらしさが楽しめなくなってしまうので注意が必要です。, 焙煎する際は、シティーロースト~ハイローストに焙煎するのがおすすめです。このように焙煎すると、モカマタリの爽やかな酸味と、深い香りが引き立ち、苦みを感じることなくすっきりと味わえます。, 500年以上変わることなく守られ続けてきた「モカマタリ」の魅力を存分に知っていただけたのではないでしょうか。, 是非、コーヒーの歴史の原点の味「モカマタリ」を一度味わっていただきたいと思います。. 日本でも馴染みのある「モカコーヒー」の発祥国イエメン。古代から栄えていましたが、たび重なる内戦で、現在はもっとも渡航困難な国のひとつといわれています。この記事では、大国に支配されてきた歴史、独立の経緯、そして内戦などについてわかりやすく解説していきます。, アラビア半島の南端部にある共和制国家のイエメン。正式名称は「イエメン共和国」といいます。長らく「北イエメン」と「南イエメン」に分裂していましたが、1990年に統一されました。, 国土面積は約52万8000平方キロメートルで、日本の1.4倍ほど。人口はおよそ2850万人です。紅海、アデン湾、アラビア海に接する海上交通路の要衝で、陸上では北側でサウジアラビア、東側でオマーンと国境を接しています。, 1980年代から石油を産出しているものの、砂漠地帯であるため農業をすることが難しく、石油でもたらされる利益はほとんどが食料品の輸入に消えています。ひとり当たりのGDPは産油国のなかでも特段に低く、サウジアラビアなど近隣の産油国に出稼ぎに行く人も多いそうです。, イエメンは石油のほかに、モカコーヒーが有名。「モカ」はイエメンにある港の名前です。17世紀頃からコーヒーの発祥地といわれるエチオピア産の豆が紅海を渡ってモカ港に集積され、ヨーロッパに運ばれていました。するといつしかモカがコーヒーの代名詞となり、現在でもエチオピア産やイエメン産のものは「モカ」と呼ばれているのです。, 国民の約98%がアラブ人で、イスラム教スンニ派が半数、イスラム教シーア派が約4割を占めています。またシーア派のなかでも、ザイド派と呼ばれる宗派が一定の力をもっているのが特徴です。, 中東諸国のなかでもイスラム教の伝統が色濃く残る地域で、男性社会と女性社会は厳しく分断されています。女性が結婚できる年齢は法律で定められておらず、幼くして強制的に結婚させられることも珍しくありません。2006年の調査では、18歳未満で結婚した女性が52%もいたそう。なかには8歳で結婚した例もあり、家庭内暴力も頻繁に起こっているのが現状です。, 首都は、世界最古の街のひとつとされるサナア。粘土と煉瓦で作られた建物が密集しています。築1000年を越えるものもあり、旧市街全体が1986年に世界遺産に登録されました。またイエメンが領有するインド洋の島ソコトラ島は固有種率がきわめて高く、「インド洋のガラパゴス」とも呼ばれ観光資源になっています。, ただ近年は、2015年から続いている内戦の影響で治安が極度に悪化していて、日本の大使館も国外に退避しているほど。外務省が発表している危険情報では、全土に「レベル4:退避勧告」が出ています。古代から交易の拠点として栄えてきた歴史ある国イエメンですが、現在はもっとも訪れることが困難な国のひとつだといえるでしょう。, 現在のイエメンがある地域に歴史上初めて現れた国は、紀元前800年頃に成立したとされるサバア王国です。香料を主な商品として東アフリカやメソポタミア、インドなどと交易し、莫大な利益を得ていました。『旧約聖書』や、帝政ローマ期の著述家フラウィウス・ヨセフスの『ユダヤ古代誌』に登場する「エジプトとエチオピアを支配したシバの女王」は、サバア王国の女王とする説が有力です。, 紀元前2世紀頃、プトレマイオス朝エジプトが紅海の海上交易路を開拓すると、アラビア半島を経由する内陸の交易は衰えていきました。さらに内陸部で遊牧民ベドウィンの活動が活発化し、政治や経済の中心は沿岸地帯から内陸の高原地帯へ。結果的にサバア王国の勢力は衰退し、275年に高原地帯の部族が形成したヒムヤル王国によって滅ぼされています。, ヒムヤル王国も香料の交易で繁栄しますが、ユダヤ教徒だった国王がキリスト教徒を弾圧した事件をきっかけに、エチオピアのキリスト教国アクスム王国と対立。525年に滅亡しました。, アクスム王国の司令官だったアブラハは、王位を奪って中央アラビアやヒジャーズ地方に遠征をくり返しますが、575年にササン朝ペルシアに敗れて、イエメンの地はササン朝ペルシアが支配することになります。, 628年、ササン朝ペルシアの総督が預言者ムハンマドの説得に応じてイスラム教に改宗し、イエメンはイスラム化しました。, その後いくつかの王朝が栄枯盛衰をくり返し、16世紀にはオスマン帝国、19世紀なかばにはエジプトの支配下に入ります。1839年には港湾都市アデンを中心とする「南イエメン」がイギリスの保護国となり、1849年には残る「北イエメン」をオスマン帝国が占領。南北に分裂することになりました。, 「北イエメン」には、シーア派の一派であるザイド派のイマーム(=指導者)が897年から拠点を置いていて、支配者を変えながらもその子孫であるラシード家が一定の権威をもっていました。, 「第一次世界大戦」でオスマン帝国が敗戦すると、1918年、イマームのアル=ムワッタキル・ヤヒヤ・ムハンマド・ハミードゥッディーンが独立を宣言。「イエメン王国」となります。, 隣国のサウジアラビアとは、国境にあるアシール首長国の帰属をめぐって対立。1934年に「サウジ・イエメン戦争」が勃発しました。サウジアラビアがはるかに優勢で、「イエメン王国」も善戦したものの係争地域はすべてサウジアラビアに併合されました。, 1958年、エジプトとシリアがつくった「アラブ連合共和国」に参加。しかし1961年にシリアが独立したために瓦解します。1962年には汎アラブ主義者によって「イエメン王国」が倒され、王政が廃止し、「イエメン・アラブ共和国」が成立しました。, 一方でイギリスの保護国になっていた「南イエメン」では学生の海外留学が盛んに。その結果、社会主義が浸透し、民族主義組織が反英独立運動を展開して、1967年に「南イエメン人民共和国」として独立しました。国内の左派系組織と統合したイエメン社会党が、一党独裁体制を敷きます。, 「南イエメン」はアラブ世界初の社会主義国となり、中東やインド洋におけるソ連の足場として冷戦期には東側陣営と友好関係を構築しました。しかし冷戦の終結とソ連の崩壊によって経済的に困窮し、1990年5月22日に「北イエメン」と統合。現在の「イエメン共和国」となったのです。, ひとつ目は、1962年に勃発した「北イエメン内戦」です。王制を打倒し、「イエメン・アラブ共和国」を建国した共和派と、サウジアラビアに逃れた王族を支えて王政復古を目指す王党派との間に起こり、共和派をエジプトとソ連、王党派をサウジアラビアが支援しました。, 1967年に「第三次中東戦争」が勃発。エジプトがイエメンの内戦に介入する力を失い、1970年に停戦しています。ただ王党派がサウジアラビアで樹立したイエメン王国亡命政府は現在も存在しています。, ふたつ目は、1994年に勃発した「イエメン内戦」です。1990年に南北イエメンが統一した後、統一政府の初代大統領に就任した北イエメン出身のアリー・アブドッラー・サーレハが北側に有利な政策を推進したため、南イエメン出身のアリー・サーリム・アル=ビード副大統領が反発。再分離を求めて武装蜂起したことがきっかけです。, 南イエメン派は、油田が南部にあることから国際社会も南側を支援するのではと期待していましたが、予想に反して国際社会が北側に加担したため、わずか2ヶ月で南側が制圧され終了しました。, 最後は、2015年に勃発して現在も継続している「第二次イエメン内戦」です。背景には、2011年にチュニジアからイスラム各国に広がった「アラブの春」があります。イエメンでもテロ攻撃で負傷したサーレハ大統領が退陣を余儀なくされ、彼に代わって南イエメン出身のアブド・ラッボ・マンスール・ハーディー副大統領が大統領に就任しました。, しかし、一時は国外へ亡命していたサーレハ前大統領が、これまで何度もイエメンと交戦してきたイスラム教シーア派の一派である、ザイド派の反政府武装組織「フーシ」と手を組み、2015年にクーデターを実施。内戦が勃発します。, 「南イエメン」を拠点とするハーディー大統領派をサウジアラビアなどイスラム教スンニ派諸国が、「北イエメン」を拠点とするフーシをイスラム教シーア派のイランが支持し、内戦は宗派間の代理戦争となります。, フーシは、一時はイエメンのほぼ全土を制圧。サウジアラビアやUAEによる空爆や軍事支援によってハーディー大統領派が勢力を盛り返し、戦況は膠着状態に陥りました。この間、サーレハ前大統領は独断でサウジアラビアと和平協議をおこなうことを表明し、怒ったフーシによって殺害されています。, 情勢が混沌とするなか、アラビア半島のアルカイダ傘下である過激派組織「アンサール・アル・シャリーア」が台頭。情勢はますます複雑化し、解決の糸口は見えていません。, 死者は10万人を超え、食糧不足も深刻。また衛生環境の悪化によってコレラなどの感染症も蔓延している状況です。国際連合は「世界最悪の人道危機である」と警鐘を鳴らしています。, 史上初めて「アラビア」という言葉が石碑に刻まれた紀元前9世紀から現代まで、約3000年におよぶアラビアの歴史をわかりやすくまとめた作品です。, イスラム、石油、そしてテロという印象が強いですが、本書ではイスラム化以前のアラビアについても解説しているのが特徴。イエメンについても、かつてこの地で栄えたサバア王国やヒムヤル王国などが記されています。, タイトルには「物語」とありますが、決して空想や想像ではなく、研究にもとづいた説得力のある内容。読みごたえのある一冊です。, コーヒーの専門サイトを主宰し、香味や健康にも詳しい作者が、コーヒーの歴史についてまとめた作品です。, エチオピア発祥とされるコーヒーが、イエメンのモカ港を経てイスラム世界やヨーロッパへと広まっていった経緯、「フランス革命」や「ボストン茶会事件」など歴史上の重大事件との意外な関わり、ブルーマウンテンが日本で好評な理由など、 コロンビア, “Key waterway under threat as Houthi militiamen advance”, https://web.archive.org/web/20150402133812/http://www.saudigazette.com.sa/index.cfm?method=home.regcon&contentid=20150325238084, 輸入食品に対する検査命令の実施について(中国産鶏肉及びその加工品並びにエチオピア産生鮮コーヒー豆), https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=モカ&oldid=76149220. 日本でも馴染みのある「モカコーヒー」の発祥国イエメン。古代から栄えていましたが、たび重なる内戦で、現在はもっとも渡航困難な国のひとつといわれています。この記事では、大国に支配されてきた歴史、独立の経緯、そして内戦などについてわかりやすく解説していきます。 イエメン共和国は、エチオピアと並んで世界で最も古いコーヒーの歴史を持つ国として有名です。 このイエメンでは17世紀になると、世界各地に向けて「モカ港」からコーヒー豆の輸出が始まりました。このように、世 コーヒーが辿ってきた歴史を壮大な視点で知れるのが魅力的。.

オーシャン 美容室, 福岡便利屋 何でも屋 口コミ, ルパンの娘 MP3, Twitter 通話機能, エヴァ考察 ブログ, クヌギ 苗 ホームセンター, 山下智久 英語 テキスト, 事項 事柄, 斎藤哲也 死亡, ツイッター 落ちてる 2ch, 美食探偵 音楽, 中村倫也 公式line, ブナ科 種類, エヴァンゲリオン マリ 写真, 不況 対義語, インスタントコーヒー 安い, ケロリン ご当地, Twitter広告 シミュレーション, どんぐり 食べる虫, 剣客商売 漫画 出版社, ウェブ版twitter 日本語, エヴァ 20話, マッチングアプリ 遊び, 新世紀エヴァンゲリオン 碇シンジ育成計画, 西島秀俊 魅力, 冷静 対義語, コーヒーアンドバニラ Dvd,

Posted on 2020-10-25 | Posted in 未分類 | No Comments »

Related Posts

 

Comment





Comment