未分類

アジア 山脈


また、当サイトで提供する用語解説の著作権は、(株)朝日新聞社及び(株)朝日新聞出版等の権利者に帰属します。 ウラル山脈(ウラルさんみゃく、露: Ура́льские го́ры, Uralskiye gory、英: Ural Mountains)は、ロシアを南北に縦断する山脈。ユーラシア大陸をヨーロッパとアジアに分ける境界線の北側を形成している。, ウラル山脈は並行する小さな山脈群からなり、東経60度の経線に沿って連なっている。カザフスタン北部のステップ地帯から北極海沿岸のツンドラにまで伸び、長さは約2,498km、平均標高は900mから1200mである。最高峰は1,895mのナロードナヤ山。ヴァイガチ島とノヴァヤゼムリャもこの山の連なりの一部にあたる。, 地形の侵食が進んでいるため豊かな鉱物資源がむき出しになっており、中にはベリルやトパーズといった宝石もある。またウラル山脈の北西部にあるコミの原生林は動植物相の豊かさで知られ世界遺産に登録されているが、その地下にある豊富な金鉱のため開発の危機にさらされている。, ウラル山脈の西部はヴォルガ川水系に属し、カマ川やベラヤ川などの大河が流れ大陸性気候の森林地帯になっている。, 一方山脈の東部はオビ川・エルティシ川水系に属し、南部はステップ、中部は西シベリア低地のタイガと広大な沼地が広がる。, 山脈の南部からはウラル川がカスピ海へ向かって流れ、アジアとヨーロッパの境界線をなしている。山脈北部からはペチョラ川が西へ流れ、北極海の一部であるバレンツ海に注いでいる。, ウラル山脈は68%がロシアに属し、南の32%はカザフスタンに属する[1][2]。地理学者はウラル山脈を大きく南部ウラル、中部ウラル、北部ウラル、亜北極ウラル、北極ウラルに分ける。, 北部と南部は1,500mを超える比較的高い山が多いが、中部は600mから800mと低い山が続く[3]。森林限界は北へ進むにつれ、標高1,400mから海抜0mにまで下がってゆく。南部と中部では、山脈のほとんどが森林地帯である。, 「ウラル」とは、テュルク諸語で「帯」を意味する[3]。石のころがる山地が帯のように続くところからこの名があると見られる。このウラル山脈が、北アジアの先住民だったウラル語族の民族の故地であると考えられてきたが、後の研究ではウラル語族の故地は山脈西側のロシア中央部ヴォルガ川流域、またはサヤン山脈北麓、遼河地域などの説がだされている。, ウラル山脈の存在は古代ギリシアではヘロドトスの頃には既に知られており、ユーラシアを旅したアラブ人旅行者らも多くの旅行記を残している[3]。ロシア人によるウラル探検はノヴゴロド公国の商人らが毛皮を求めて山脈を越えた11世紀に始まり[3]、ウラル山脈北西部から流れるヴィチェグダ川などを遡ってフィン・ウゴル語族の諸民族と毛皮交易を行った。, やがてロシア人は16世紀頃からウラル山脈中部の西にあったカザン・ハン国や、山脈の東にあったシビル・ハン国など、テュルク系やモンゴル系の諸民族の国を征服し、これをロシアに組み込んでいった。ウラル山脈中部は標高が低く緩やかで、ヴォルガ川水系の支流とエルティシ川水系の支流が入り組んで流れており、これらの川を結び丘を越える連水陸路を開発することにより両水系が結ばれ、河川を通じたロシア人のシベリア進出を助けた(シベリアの河川交通も参照)。, ピョートル1世(大帝)の頃よりウラル山中では鉱山資源の開発が進み、次々と鉱山町や工場町が生まれ、やがてロシア帝国および後のソビエト連邦の重工業や軍需産業を支えた。19世紀末にウラル中部を超えてシベリア鉄道が開通したこと、ソビエト連邦による重工業化政策がウラル一帯でも進められたこと、そして第二次世界大戦の独ソ戦により従来の工業地帯だったヨーロッパ・ロシアから多数の工場が疎開してきたことにより、ウラル山脈中部一帯はソ連有数の工業地帯へと変貌していった。, ウラル山脈は地球に現存する最古の山脈の一つである。2億5000万年から3億年前に形成された古期造山帯のひとつで、長年の浸食によりなだらかで低い山地となった。, ウラル山脈は、石炭紀末期からペルム紀にかけて始まり、三畳紀からジュラ紀初期頃まで続いたウラル造山運動(Uralian orogeny)により形成された。石炭紀後期、シベリア大陸西部とバルティカ大陸東部が衝突し、さらに小大陸カザフスタニアも衝突し、この衝突により起こったのがウラル造山運動である。一方バルティカは反対側でローレンシア大陸とも衝突していたため、超大陸ローラシア大陸が誕生し、さらにローラシア大陸とゴンドワナ大陸の衝突で一つの超大陸パンゲア大陸が生まれた。これが後に様々な大陸に別れたが、シベリアおよびヨーロッパはこの後も分裂せず今日に至っている。, ウラル山脈が最初に組織的に科学調査されたのは、サンクトペテルブルク大学の鉱物学者エルンスト・カルロヴィチ・ホフマン(Ernst Karlovich Hofmann、1801年 - 1871年)による1828年からの調査だった。ホフマンはウラル山脈を何千kmも歩き、膨大な量の鉱物を集めた。その中には、金、プラチナ、磁鉄鉱、チタン鉄鉱、灰チタン石、金紅石、クロム鉄鉱、金緑石、石英、ジルコン、灰クロムざくろ石、フェナス石、緑柱石、トパーズなどが含まれている。, また金、銀、プラチナ、石炭、鉄鉱石、ニッケルなどの大きな鉱床も多く、ロシア帝国および後のソビエト連邦の工業を支えた。, The Urals and Western Siberia in the Bronze and Iron Ages - Cambridge University Press, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ウラル山脈&oldid=79763208. No reproduction or republication without written permission.
中学地理「アジア州」定期テストのポイントについてまとめています。アジア州ここで差がつく! パミール高原からヒマラヤ山脈にかけて世界の屋根といわれている。 中国は、ブラジル、ロシア、インドとともにbrics(ブリックス)といわれる経済発展の著 アジアには、山脈と高原と盆地からなる内陸がある。中央部のやや南側に位置する高地地帯はヒマラヤ山脈とその周辺、ならびにチベット高原で形づくられ、その周りに4大高原地帯(シベリア、中国東部、インド南部、アラビア半島)と広大な盆地や平野とがならぶ。 カフカス山脈の部分も、20世紀前半の地図だと、カフカス山脈の南のアルメニアもグルジアもソ連領はすべてヨーロッパとされたこともあったようです。今の地図ははっきりカフカス山脈でヨーロッパとアジアを分けています。 仏教用語。仏道修行に励まないこと。怠りなまけること。六大煩悩の一つあるいは二十随煩悩の一つとして数えられる。... 「コトバンク」は朝日新聞社の登録商標です。「コトバンク」のサイトの著作権は(株)朝日新聞社及び(株)VOYAGE MARKETINGに帰属します。

ヨーロッパ・アジア・アフリカの3大陸にはさまれた海。 中学地理の「アジア州」について要点、一問一答、問題演習と一気に仕上げられる記事となっています。アジア州のポイントアジアについて、国名、気候、農業、工業、日本との関係などを解説しています。最低限覚えておくべきことなので、しっかりおさえておきま クンルン山脈または崑崙山脈 (こんろんさんみゃく) は、中央アジアにあるおよそ3000kmの長さを誇る山脈で、これはアジアで最長。 7167mの標高を持つLiushi Shanという山が最高峰と言われ、世界で7番目に高い山脈です。 中央アジア,パミール高原に起こり,中国の新疆を走ってモンゴル南東縁に至る約2500kmの大山系。 西部はキルギスタンと新疆を分かち,東部は北のアルタイ山脈との間にジュンガル盆地(ジュンガリア)を,南の崑崙(こんろん)山脈との間にタリム盆地を造る。 天山山脈またはテンシャン山脈と呼ばれる中央アジアの山脈について解説していきます。数多くの山々から観光地まで有する、壮大で美しい山脈です。, カザフスタン、キルギス、ウズベキスタン、そして中国の新疆ウイグル自治区といった中央アジア地域に広がる多くの山々は天山山脈(テンシャン山脈)という山脈を形成しています。, 天山山脈は中央アジアに広がる広大な山脈であり、6000m級や7000m級の山々を有し、最高峰を基準とした場合には世界で6番目に高い山脈となり、様々な景色や山道、すばらしい湖などを見つけることが出来るため、その一部は観光スポットとしても知られています。, 天山山脈(てんざんさんみゃく)またはテンシャン山脈とは、中央アジアの奥深くにある雄大で美しい山脈。, 中央アジア、中国のトルファン盆地の北の山々から始まって、中国、キルギス、カザフスタン、ウズベキスタンへと、東から西へと広がっています。, また、天山山脈には個別に名前がつけられた支脈(大きな山脈を形成している個々の山脈)が含まれていることでも知られます。, そんな天山山脈は、標高が6000m以上となる峰(中には7000mを超えるものもある)を30以上も有し、地球上で最高峰の連峰の1つとして有名。, 例えば、天山山脈の中で二番目に高いハン・テングリの意味はウイグル語で「天の王」であり、こうした山々の名称が、「天(空)の」あるいは「神の」山々という意味を持つのは、偶然ではないのです。, 一方で、山麓の丘、ゆるやかな勾配、多くの渓谷と湖が長く連なり、暮らしの面でもレクリエーションの面でも、他の世界最高峰級の山脈に比べて天山山脈は魅力的だとされます。, 実際、多くの多様な登山道や現代的なインフラのおかげで、天山山脈は観光客を引き寄せており、軽めのトレッキングから本格的なトレッキングのためのルートがあり、冬季にはスキーツアー、夏季には湖のビーチでゆったりとした休日を楽しむことができます。, またその他、環境保護や民族学に強い関心のある観光客向けの興味深いツアーも多数あることで、一部の人の間では大変な人気を博しています。, 天山山脈は、冬季になるとウィンタースポーツを楽しみにやってくる観光客で人気になる点について、もう少し詳しく触れておきましょう。, 天山山脈の山々は、スノーボードやスキー場として人気があり、12月から4月までがシーズン。, カザフスタン、ウズベキスタン、キルギスタンのスキーリゾートでは、コースの複雑さやコース配置のいずれの点においても多種多様なコースが用意されています。, さらに、人気の観光地や新しいルートもあり、なかにはヘリコプターで山頂まで移動し、氷河から滑り降りてくるというツアーもあります。, こうした天山山脈に作られたスキーリゾートのインフラは、ヨーロッパのお手本となるスキーリゾートの指導を受けて、年々、改善されています。, 加えて現在の所は、ヨーロッパや日本のスキーリゾートとは違い、まだそれほど知られておらず観光客が少ないという点も考えると、ウィンタースポーツ好きにとっては隠れた穴場であることは間違いないでしょう。, 天山山脈には、標高3840mのサウイル・スオタシ、標高4886mのトムルティ山、標高5168のピク・ボリサ・エリツィナ、標高6627mの雪蓮峰と、標高の異なる山々が多く含まれますが、中でも標高7000mを超えるポベーダ山とハン・テングリは圧巻です。, ポベーダ山は、標高7439mを誇る天山山脈の最高峰で、キルギスタンと中国の国境に位置する山。, 全方位を山脈で覆われていることから、長い間、未登頂のままであり、標高が正確に定められたのは1943年になってからのことでした。, このポベーダ山の威厳ある山頂は、わずかに平坦で頂上が飛び出した形状になっている点が特徴的で、穏やかで何か堂々としているようにさえ見えますが、実際には、雲の下で強烈な暴風が吹き、上空から霧が立ち込め、雪崩が発生することも多くあります。, このような気象条件から、ポベーダ山については、7000m級の山々のなかで最も登頂が難しい山の1つという意見もあるほどです。, ハン・テングリはポベーダ山についで天山山脈の中では二番目に高い標高7010mをし、はるか大昔から知られる、中国の新疆ウイグル自治区、カザフスタン、キルギスの3つの国境線上にある山。, 山頂は美しいピラミッド型で、上部を覆う15m級の氷河は、実際の標高よりもこの山を高くしています。, 古代、この土地の住民は、山頂のテングリに神が宿ると信じていたと言われ、それがこの山の名前の由来です。, またもう一つ、「Kan Tau(血の山という意味)」という別名があり、これは、夕暮れ時にハン・テングリが鮮やかな赤色に染まるのが理由。, 近隣の山々が薄暗くなっても、ハン・テングリ山頂の雪冠は深紅に染まったままなのです。, さらに、ハン・テングリの一部にはピンク色の大理石があり、それがきらきらと光り輝き、勾配を流れ下る夕暮れ時の川のような効果を演出しています。, このような特徴的な外観から、ハン・テングリは世界一美しい7000m級の山としても名前が挙がります。, そして、登山家たちは、20世紀に入った1930年代半ば以降、この美しいハン・テングリ山頂への登頂に成功してきました。, 現在は、ヒマラヤ山脈の「最高峰の山々」に挑む練習台として、カザフスタン側からハン・テングリ登頂を目指す人が多くいます。, チャリン渓谷は、カザフスタンの最大都市アルマトイから東へ200kmほどの所にあります。, この渓谷は、中国の国境近くにあり、2004年に設立したチャリン国立公園の一部となっており、天山山脈北部のチャリン川に沿って154kmに渡って広がっています。, そして、このひと際美しい場所であるチャリン渓谷は、特徴的な岩の数々と、アメリカ西部の渓谷に生息する種と似通った熊の存在などで知られています。, ジュティオグス峡谷は天山山脈に存在し、キルギスの言葉で「赤壁の7匹の牛」を意味している峡谷。, 海抜2250メートルの高さ、三蔵法師が訪れたゆかりの地であり秘境として知られるの尾根テルスケイ・アラトーの北部傾斜部分に位置しています。, そんなジュティオグス峡谷は、松の一種であるコロラドトウヒの木に覆われており、天山山脈の中でも有名な美しい山林地帯で、散策路沿いには流れの速い川が並行して流れ、乙女の涙と名付けられた滝を見つけることが出来ます。, 河谷を見下ろすような形で崖の表面に位置しているのは、絵のように美しい古代のベゼクリク千仏洞。, 77の石窟から成るベゼクリク千仏洞は、天山山脈の中国側に位置しており、新疆ウイグル自治区の首都「ウルムチ市」から車を3時間ほど走らせれば到着可能。, 数百のブッダが描かれた天井をはじめ、仏教の壁画などによって、この地にやってきた仏教文化や歴史を感じられる場所です。, イシク・クル湖は、天山山脈の北、キルギスの北西にあり、世界で2番目に大きい高山湖。, 高山帯にある湖の中では、南アメリカのチチカカ湖に次いで大きく、湖は火山活動によって形成され、長さ182km、幅60km、面積6236㎢もの広さがあります。, この湖は、地下にある温泉によって温められるため、冬の寒い時期でも凍ることがありません。, また、夏の間の水温は25~28度まで上昇するため、水の中は地上より暖かくなっています。, とても水深が深く、暖かくて心地いい温度が保たれているため、何世紀もの間、荒涼とした山岳地帯の環境の中でオアシスのような存在として扱われてきました。, イシク・クル湖の岸辺に行けば、キルギス北東部のイシク・クル州のイシク・クル地区の都市「チョルポン=アタ」にある、「ペトログリフ(岩石や洞窟の壁に描かれた文字や絵の彫刻)」を見つけることが出来るでしょう。, 中国から続く天山山脈の中の1つで、カザフスタンとキルギスの国境にあるクンゲイ・アラタウ山の尾根の麓に、このペトログリフはあり、天山山脈の中でも興味深いスポットとして有名です。, 多くのペトログリフは、紀元前8世紀から紀元1世紀の間に描かれたと推定されています。, また、その後のテゥルク系民族による支配時代にほられた彫刻などもあり、この地に生きた人々の軌跡を追うことが出来るのです。, タカ目タカ科に属する大きな鳥「イヌワシ」を使った狩りは、食料を得るための狩りとして最も古い手法の1つで、ロシア南部に広がるユーラシア・ステップや中央アジアでは、数千年前から行われていました。, 特に、北部・中部カザフスタンやキルギスで盛んで、今でもキルギスを始めとした一部の地域では習慣として受け継がれており、観光客用に鷹狩りを披露している場所もあります。, イヌワシは基本的にコサックギツネや野ウサギなどを捕まえますが、しっかりと訓練された逞しい個体だと、オオカミでさえ捕らえることが出来ると言います。, 新疆ウイグル自治区の首都ウルムチから車で訪れることの出来る観光スポットに天山天池または新疆天池と呼ばれる氷河湖があります。, 天山山脈の東端にあるボゴダ山の北麓にあり、深い青を帯びた湖は、周りを山やモミの木に囲まれながら優れた景観を形作っています。, この周辺では、点在する移動型テントのユルトや、カザフ人遊牧民のサマーキャンプなどがあるため、現地の人々の生活を垣間見ることも出来ます。, この地域はかつてシルクロードの一部だったため、カザフスタン、キルギス、中国などの商人たちが盛んに行き来していました。, また現在は、ベースキャンプとして使用され、天山山脈最高峰のポベーダ山やハン・テングリ山へと登る人達の出発点として知られています。, さらに、天山山脈を訪れる人々にとってカルカラ谷のキャンプは、最適な休息場所であるとも言えるでしょう。, 宿泊にあたっては、人の背丈ほどもあるテントを利用でき、暖かいシャワーの他に、伝統的なサウナやお酒を飲めるバーまであります。, 加えて、この谷では肥沃な土地に住む遊牧民に会うことが出来、移動式テントのユルトの中で地元のお茶を楽しみながら彼らと交流したり、馬上の遊牧民と話したり、馬の乳しぼりなどを体験することも可能です。, 天山山脈は、その広大さによって様々な顔を持ち、とても美しくて特徴的な景観を数多く有した秘境なのです。, 当サイトは当サイトのメイン管理人である「ハリマン」が、内向きになりつつある日本人をもう少しだけ外向きにしたいという思いで運営しています。 さらに詳しくは下のホームボタンをクリックしてください。.

エミリーブラント オーシャンズ8, 鬼滅の刃 炭治郎 死亡シーン, 鬼 滅 の刃 禰 豆子 のチョコバー 10個入りBOX, 浜辺美波&中村倫也 ドラマ, 中曽根康隆 事務所, 短文 例文, ツイコール アプリ, 気持ち 伝える 英語, 授与 付与 違い, どんぐりさん 年齢, 商品提案 コツ, 小沢真珠 Cm, フォローできない Twitter, 鬼滅の刃 風の道しるべ 花と獣, 抗原検査 原理, 繋がるアクスタ 4期, Dtv テレビで見る ケーブル, ゲオ宅配レンタル ログイン できない, どんぐり倶楽部 始め 方, ローソン 鬼滅の刃, 下野紘 公式, 敏腕 英語, 刑事7人 シーズン6 最終回, 運動 対義語,

Posted on 2020-10-25 | Posted in 未分類 | No Comments »

Related Posts

 

Comment





Comment